The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:スズメダイ ( 23 ) タグの人気記事
#470 メダマイカリムシ
a0013160_09082815.jpg
【和名】 メダマイカリムシ属の一種
【学名】 Phrixocephalus sp.
【分類】 動物界 節足動物門 顎脚綱 シフォノストム目 ヒジキムシ科
【体長】 7mm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
頭部は宿主の身体に侵入し樹状に広がる。胴体は褐色で小豆形、後方へ一対の卵嚢が伸びる。
【生態】
北太平洋に分布。スズメダイの眼球に寄生する。水晶体上部の角膜にせん孔し,頸部突起の部まで眼室内に侵入。眼球奥壁に頭胸部突起をひろげて固定,胴部を外部に露出する
【ひとこと】
魚の眼に特異的に寄生する甲殻類。角膜から頭を突き刺し、眼球奥壁に根のように体を伸ばし体液を吸うらしい。魚の眼の体液とか、DHA獲りすぎになりそう。ちなみに交尾は1mmに満たない程度の第五コペポディド幼生期で行われ、雄はそのまま死に、雌が変態してこの姿になります。本種が属するカイアシ類は、体表に取り付く寄生を行う種が多く、ウオノカンザシ、メドゥーサノミダレガミ、ウオノハブラシ、ウオノワキザシ、ウオノフトコロガタナなどと、寄生する部位や様子から、ちょっと素敵な名前をつけられています。
by diver813 | 2017-05-12 09:09 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2009.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_2339589.jpg
          ふわふわ


Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  3.6m
Water Temperature 28℃
Entry 12:38
Exit 13:20
Dive Time 42min.

2本目も体験に付き合って、開拓したしたばかりの石の浜。
体験2本目で動き回るみんなの様子を伺いながら、マクロの練習。
可愛いハナビラクマノミを見つけて撮ったのがトップの写真。
もう一枚いい顔も撮れたのですが、ちょこんと乗っかっている姿には及ばず、こっちの写真は自分的に次点です。

a0013160_23391868.jpgもう一枚
by diver813 | 2010-04-08 01:04 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.10 奄美 The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_0353355.jpg
          布団ラブ


Site 奄美 三ツ瀬かくれ根
Maximum Depth  46.3m
Water Temperature 26℃
Entry 16:14
Exit 16:56
Dive Time 42min.

大物狙いで三ツ瀬へ。
しかし大物は出てきてくれませんでした。
残念。
でも、近くで釣りをしていた人が、ロウニンアジを吊り上げるところが見れたのでよしとします。
by diver813 | 2009-04-23 00:37 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.09 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_0391790.jpg

          こういう子の方が喜ばれるよね


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.8m
Water Temperature 24℃
Entry 11:15
Exit 12:20
Dive Time 65min.

講習2本目は、少し余裕も出てきた様子だったので、講習をやりつつも、いろいろなクマノミを紹介。
変な生き物より、やっぱりこういう可愛い生き物から紹介しなきゃですよね。
by diver813 | 2008-10-16 00:39 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#419 ナガサキスズメダイ (幼魚)
a0013160_0174371.jpg
【和名】 ナガサキスズメダイ(幼魚)
【学名】 Pomacentrus nagasakiensis (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。体色は鮮やかな青色。背鰭、臀鰭の軟条部に数本の淡色線が走る。背鰭後端基部に黒色眼状斑が入る。
【生態】
千葉県、長崎県以南~沖縄に分布。珊瑚礁域、岩礁域の外縁部に生息する。雑食性で動物プランクトンや藻類を食べる。
【ひとこと】
幼魚は非常に綺麗な青色ですが、大人になると黒ずんで、可愛くなくなってしまいます。そして、他のスズメダイと同じように、卵を守っているときはとても攻撃的になります。勝手を言うと、子供のままでいて欲しい魚のひとつです。
by diver813 | 2008-05-15 00:18 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.10 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_2275270.jpg
          すげー見られた。


Site 奄美大島 カツ根
Maximum Depth  25.2m
Water Temperature 26℃
Entry 13:20
Exit 13:57
Dive Time 37min.

ポイント探しの続きで、カツ根にやってきました。
ガイドさんは別の場所を狙ってたとのことですが、正直、どこに潜っても楽しい。
気のせいかここの魚たちは、じーっと見つめる子が多かった機がします。
by diver813 | 2008-02-18 22:09 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#401 セナキルリスズメダイ
a0013160_23255235.jpg

【和名】 セナキルリスズメダイ
【学名】 Chysiptera starcki
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 6cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は長卵型でよく側扁する。体色は鮮やかな青色で、下唇部から背びれ後端にかけた背面は黄色。
【生態】
静岡県以南の西部太平洋に分布。珊瑚礁外縁のやや深い岩場に単独~数匹で生息する。雑食性で、動物プランクトンや付着藻類を食べる。
【ひとこと】
10m程度の水深でも見かけることはありますが、水深20m~50mで見かけることが多いスズメダイです。青と黄色のコントラストが非常に美しく、観賞魚としても人気があります。警戒心が強く、危険を感じるとすぐ岩陰に隠れてしまうので、静かに近づきましょう。
by diver813 | 2007-12-03 23:26 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#373 アオスジスズメダイ
a0013160_0614.jpg
【和名】 アオスジスズメダイ
【学名】 Chysiptera caeruleolineata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 沖縄 水深40m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。体高が低く、体色は黄色で、上唇の直上から背中にかけて、鮮やかな青色帯が入る。
【生態】
沖縄、グアム、ニューギニア~サモアに分布。水深25以深の珊瑚礁に生息。外縁の礁斜面の岩や転石周辺で見られる。雑食性で動物プランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
浅い海でよく見かけるスズメダイの仲間には珍しく、やや深い場所に住んでいます。深い、青しか見えなくなった海(青しか見えない理由は Study Room の Lesson2 で)で見る青いラインはなんとも綺麗です。ちなみに、この写真は水深40mで撮影していますが、フラッシュを焚いているので、体の色が見えています。
by diver813 | 2007-06-06 00:07 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#361 インディアンダッシラス
a0013160_105636.jpg

【和名】 インディアンダッシラス
【学名】 Dascyllus carneus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は卵円型でよく側扁する。体色は白色で、背鰭前縁から腹鰭にかけて黒色横帯が入る。また、頭部に鮮青色小斑が散在する。
【生態】
インド洋・東アフリカ沿岸、グレートバリアリーフに分布、珊瑚礁域に生息する。枝珊瑚周辺に小さな群れを形成する。プランクトンを食べる
【ひとこと】
フタスジリュウキュウスズメダイと良く似ていますが、こちらはヒトスジなのですぐに見分けることができます。ちょこちょこ動く小さな群れを遠めに見るとかわいらしいのですが、じっくり見るとブサイクな顔をしています。
by diver813 | 2007-01-22 01:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#345 ヒレナガスズメダイ (幼魚)
a0013160_13392293.jpg
【和名】 ヒレナガスズメダイ(幼魚)
【学名】 Neoglyphidodon nigroris (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。各鰭の後端が著しく伸張する。体色は黄色で、体側に2本の明瞭な黒色縦帯が入る。成魚は卵型で、体色は黄褐色であり、縦帯は消失する。
【生態】
高知県以南の西部太平洋・インド洋に分布。成魚は珊瑚礁の礁縁付近に生息するが、幼魚は礁湖など、穏やかな場所に生息する。動物プランクトンや付着藻類を食べる。
【ひとこと】
幼魚は工事現場のトラテープのような、派手なカラーリングですが、成魚になると地味な色になってしまいます。あまりにも違うため、以前は別種とされていて、幼魚は「フタオビスズメダイ」と呼ばれていました。
by diver813 | 2006-09-18 13:39 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)