The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:シャコ ( 6 ) タグの人気記事
2012.07 奄美 The 1st day The 2nd Dive
          グリーンスネーク、カモーン

Site 奄美 ミドリヤ
Maximum Depth  13・1m
Water Temperature 27℃
Entry 10:52
Exit 11:41
Dive Time 49min.

湾内でじっくりと生物観察。
ハイスピードムービーで、肉眼では追い切れない生物の行動を撮影してみましたが、なかなか思うような行動をしてくれないもんです。
ハイスピードで撮ると尺が長くなるので、ちゃんと撮れているか確認するのが大変だということは、あとでわかりました。

by diver813 | 2017-07-18 03:01 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#002 モンハナシャコ (追記)

【和名】 モンハナシャコ
【英名】 Peacock mantis shrimp
【学名】 Odontodactylus scyllarus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 ハナシャコ科
【体長】 15cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
ハナシャコ科。 体色鮮やかな黄色、紫褐色、緑色。背甲の側部に大黒紋が網目。捕脚は赤、中央に白い虫食い模様。眼柄や触角の基部は青。腹節の関節は赤。尾部の付属肢は中央~先端が藍色。
【生態】
相模湾以南、台湾、東南アジア、ミクロネシア、インド洋の珊瑚礁、水深の浅い場所に生息。二枚貝の殻を割って食べる。通常は左右の眼を別々に動かし、餌を探す、警戒をするなどしている。強制な前足で攻撃を行う時には両眼で距離を測り攻撃する(複眼に並ぶ一列の筋の部分の視力が特にいいらしい)。
【ひとこと】
貝殻から水槽までなんでも破壊、海洋生物最強クラスのハードパンチャーのモンハナシャコ。そのパンチをスローモーションで見たくてハイスピード撮影してみました。210fpsで撮影していますが、それでも速くて、なんとかジャブっぽい撃ち方してるのがわかる程度でした。
by diver813 | 2017-06-07 01:07 | 海洋生物図鑑(追記) | Trackback | Comments(0)
#422 フトユビシャコ
a0013160_0551484.jpg

【和名】 フトユビシャコ
【学名】 Gonodactylus chiragra
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 フトユビシャコ科
【体長】 7cm
【撮影地】 奄美大島 水深0.5m
【特徴】
体は細長い筒状で、捕脚の指節基部が大きく膨らむ。尾節に縦長の隆起が3本入る。体色は褐色や緑色など変異は著しい。
【生態】
相模湾以南の西武太平洋、インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域の潮間帯に生息し、干潮時も活発に活動する。捕脚で打撃し小動物を捕らえる。
【ひとこと】
体はモンハナシャコほど大きくありませんが、やはり強力なシャコパンチを放ちます。以前飼育した個体は、サザエの殻を難なく割っていたので、ヒトの爪ぐらいきっと簡単に・・・遊ぶときは気をつけましょう。フトユビシャコモドキとよく似ていますが、フトユビシャコモドキは尾節の隆起が5本なので、区別できます。

a0013160_0553833.jpg
横から見た姿



a0013160_0555021.jpg
上から見た姿
by diver813 | 2008-07-07 00:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.09 Amami The 3rd day The 3rd Dive
a0013160_2253886.jpg
          アワワワワ


Site 奄美大島 立神
Maximum Depth  23.9m
Water Temperature 28℃
Entry 16:22
Exit 17:03
Dive Time 47min.

3本目は再び立神。結構面白い生き物が出てきてくれたので、途中から調子の悪い耳も気にならなくなりました。
砂地ではお散歩していたモンハナシャコに遭遇、逃げ場がなくなり、急に立ち上がって威嚇してきたました。
どうしていいかわからず、アワアワする姿はめちゃめちゃ可愛かったです。
by diver813 | 2007-11-03 17:05 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
2007.07 Amami The Last day
a0013160_0483738.jpg
        キョロロロー


最終日は磯でモンハナシャコを捕まえたり、度胸試しにカナブン群がるアダンを蹴飛ばしたり、鶏飯食べたり、海を眺めながらのんびり過ごしました。
ん~ぜいたく。
by diver813 | 2007-09-12 00:50 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#002 モンハナシャコ
a0013160_135112.jpg
【和名】 モンハナシャコ
【学名】 Odontodactylus scyllarus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 ハナシャコ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
ハナシャコ科。 体色鮮やかな黄色、紫褐色、緑色。背甲の側部に大黒紋が網目。捕脚は赤、中央に白い虫食い模様。眼柄や触角の基部は青。腹節の関節は赤。尾部の付属肢は中央~先端が藍色。
【生態】
相模湾以南、台湾、東南アジア、ミクロネシア、インド洋の珊瑚礁、水深の浅い場所に生息。二枚貝の殻を割って食べる。通常は左右の眼を別々に動かし、餌を探す、警戒をするなどしている。強制な前足で攻撃を行う時には両眼で距離を測り攻撃する(複眼に並ぶ一列の筋の部分の視力が特にいいらしい)。
【ひとこと】
ちなみにシャコパンチで大学の飼育室にあったガラス水槽を割ったことがある。漢字では紋花青竜蝦と書くらしい。
by diver813 | 2004-04-08 22:38 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)