The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:シミラン ( 28 ) タグの人気記事
#439 ルボックスブレニー
a0013160_2342176.jpg

【和名】 ルボックスブレニー
【学名】 Ecsenius lubbocki
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヘビギンポ科
【体長】 4cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
身体は細長く、鱗は皮下に埋没する。体色は淡褐色で、暗色縦帯が入る。鰓蓋後縁は黒く縁取られる。
【生態】
東部インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、着底して生活する。雑食性で底性動物や藻類を食べる。
【ひとこと】
東部インド洋のみでみられるギンポ。色は地味ですが、よく見ると金色に縁取られたおおきな目が印象的な、愛らしい顔をしています。太い横帯が現れる色の濃い個体も見られます。
by diver813 | 2009-03-05 23:43 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#409 パウダーブルーサージョンフィッシュ
a0013160_134616.jpg

【和名】 パウダーブルーサージョンフィッシュ
【学名】 Acanthurus leucosternon
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は楕円形で体高が高く、強く側扁する。体色は淡青色で、頭部は黒色。背鰭、胸鰭、尾柄棘は黄色。
【生態】
アフリカ東部~アンダマン海のインド洋に分布。単独で行動することが多いが、時折大群を形成する。付着藻類を食べる。
【ひとこと】
インド洋らしいカラーリングの美しいニザダイの仲間。パウダーブルーとはよく言ったものです。観賞魚としても人気で、日本には主にスリランカから輸入されています。自然界では群れを作るのですが、飼育下だと争ってしまうため、複数飼育はできません。

a0013160_23184366.jpg
斜め前からの姿
by diver813 | 2008-02-24 01:04 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#361 インディアンダッシラス
a0013160_105636.jpg

【和名】 インディアンダッシラス
【学名】 Dascyllus carneus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は卵円型でよく側扁する。体色は白色で、背鰭前縁から腹鰭にかけて黒色横帯が入る。また、頭部に鮮青色小斑が散在する。
【生態】
インド洋・東アフリカ沿岸、グレートバリアリーフに分布、珊瑚礁域に生息する。枝珊瑚周辺に小さな群れを形成する。プランクトンを食べる
【ひとこと】
フタスジリュウキュウスズメダイと良く似ていますが、こちらはヒトスジなのですぐに見分けることができます。ちょこちょこ動く小さな群れを遠めに見るとかわいらしいのですが、じっくり見るとブサイクな顔をしています。
by diver813 | 2007-01-22 01:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#351 イエローバックフュージュラー
a0013160_23502537.jpg
【和名】 イエローバックフュージュラー
【学名】 Caesio xanthonota
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 タカサゴ科
【体長】 25cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は紡錘形で体高が高く、側扁する。体色は青色で、腹部が白く、背面が黄色い。背鰭、尾鰭は黄色、胸鰭、腹鰭、臀鰭は半透明。
【生態】
インド洋に分布。特にインドネシア南部に多い。珊瑚礁外縁に生息し、群れを作って行動する。雑食性でプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
タカサゴ科の魚は英語で"Fusilier"と言います。なので、黄色い背中のフュージュラー。日本に生息するウメイロモドキなどと似ていますが、イエローバックフュージュラーは、背中の黄色が、頭部に達するということが見分けるポイントです。
by diver813 | 2006-10-24 23:51 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#341 スポッテドバタフライフィッシュ
a0013160_3401224.jpg
【和名】 スポッテドバタフライフィッシュ
【学名】 Chaetodon guttatissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は円形で強く側扁し、吻部が突出する。体色は灰白色で、体側に黒斑が密に入る。頭部には目を通る黒色横帯が入る。背鰭は黄色で尾鰭に黒色横帯が入る。
【生態】
インド洋・紅海に分布、珊瑚礁の礁斜面などに生息する。ペア~小さな群れで行動し、雑食性でサンゴのポリプや藻類、底生動物を食べる。
【ひとこと】
ゴマチョウチョウウオとよく似ていますが、体側に入る黒斑がゴマチョウチョウウオより大きいことと、尾鰭の真ん中に黒い横線が入ることで見分けることができます。英語では"Spotted Butterflyfish"以外にも"Peppered Butterflyfish"などと呼ばれています。
by diver813 | 2006-08-20 03:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#337 イヤースポットブレニー
a0013160_145055.jpg

【和名】 イヤースポットブレニー
【学名】 Crripectes auritus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 6cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
身体は細長く、鱗はない。背鰭は3基で、第1・第2背鰭は棘条からなる。体色は淡い橙色で、後部につれて薄くなり、小褐色点が散在する。鰓蓋上部に明瞭な黒斑が入る。
【生態】
インド洋~西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息し、潮通しのよい礁縁付近に着底して生活する。付着藻類を食べる。
【ひとこと】
耳に黒い点が入るカエルウオなので"Ear Spotted Blenny"。カエルウオの仲間は、ただでさえ愛嬌がある顔をしていますが、イヤースポットブレニーは色も美しく、とってもチャーミング。日本で見れないのが残念です。そっと近づけば、じっとしているのでじっくり観察できますが、驚かせると穴に隠れてしまいます。
by diver813 | 2006-08-02 01:05 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#327 キンセンフエダイ
a0013160_2395493.jpg
【和名】 キンセンフエダイ
【学名】 Lutjanus lutjanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は側扁し、体高は低く眼が大きい。体側鱗は櫛鱗。体色は銀色で、吻部から眼を通り、尾柄部に達する黄色縦帯が入る。
【生態】
琉球列島以南の西武太平洋、インド洋に分布、沿岸の岩礁域や珊瑚礁域に生息する。群れで活動し、口に入る小動物は何でも捕食する。
【ひとこと】
ヨコスジフエダイやタテフエダイと似ていますが、ヨコスジフエダイやタテフエダイは体側の線が暗褐色なので区別することができますし、ヨコスジフエダイはそもそも琉球列島以南にはいません。癖がなく美味しい白身魚で、釣り人にも人気です。
by diver813 | 2006-07-03 23:10 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#316 アミメサンゴガニ
a0013160_0554713.jpg
【和名】 アミメサンゴガニ
【学名】 Trapezia septata
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サンゴガニ科
【甲幅】 3cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
甲は平たく、額に弱い波状の4歯がある。甲は前側縁がやや後方に広がり、後側縁との境に棘状の1歯がある。体色は橙色で、甲や鋏脚に赤い網目模様が入る。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋、ハワイに分布。サンゴ礁の礁原や礁斜面の、ミドリイシサンゴやハナヤサイサンゴなど枝状の群体を形成するサンゴの枝上に住む。
【ひとこと】
オオアカホシサンゴガニと同じように枝サンゴの奥に隠れ住んでいます。体が派手なので、見つかることは見つかるのですが、写真を撮ろうとしても、なかなかいい位置に出てきてくれません。網目の大きさは大きい個体も小さい個体もほぼ同じなので、小さい個体の方が網目が粗く見えます。
by diver813 | 2006-04-18 00:56 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#315 フタイロカエルウオ
a0013160_1291034.jpg
【和名】 フタイロカエルウオ
【学名】 Ecsenius bicolor
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 5cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
身体は細長く、頭部が大きい。鱗は皮下に埋没し、前鼻孔の前・後縁に2本の皮弁がある。体色は前半が暗色で、後半は淡色になる個体が多いが、色彩変異がある。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁の礁縁付近や、浅い礁湖に生息する。管住性ゴカイ類の開けた穴を巣穴にし、雑食性で藻類や底生動物を食べる。
【ひとこと】
名前の通り体の前半と後半で、はっきり2色に分かれているので見分けやすいのですが、巣穴に入っている時には頭しか見えないので、「フタイロ」が見えません。また、フタイロの個体が多いのですが、全身が一様に暗褐色の個体や、体側に黒と白の縦帯が入る個体もいます。
by diver813 | 2006-04-17 01:29 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#309 トカラベラ
a0013160_061091.jpg
【和名】 トカラベラ
【学名】 Halichoeres hortulanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は長く側扁し吻が尖る。体色は緑褐色で、鱗の後端は暗色で縁取られる。吻部から眼を通る橙色帯が入り、これと平行に数条の桜色帯が入る。雌雄で色彩変異が激しい。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。珊瑚礁の礁縁付近や礁湖の砂底に生息する。底生生物を捕食する。
【ひとこと】
雌雄で色彩が異なりますが、頭部に入るオレンジ色の帯は同じです。ちなみに写真は雌。雌雄で色彩が異なる上に、雌から雄へ性転換することがあり、その中間の個体もいたりします。幼魚はさらに色彩が異なるため、以前は別種として扱われ、クモベラと呼ばれていました。
by diver813 | 2006-04-04 00:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)