The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:サンゴ ( 22 ) タグの人気記事
#486 ハナタテサンゴ
a0013160_23573714.jpg
【和名】 ハナタテサンゴ
【英名】 N/A
【学名】 Balanophyllia ponderosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 キサンゴ科
【触手環直径】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
単体性で体は円筒形。触手は触手環辺縁に二重で並び先細る。体色は橙色、触手は透明で黄色の刺胞細胞が透けて見える。
【生態】
本州中部以南の西部太平洋に分布。50m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。単体で生息し共生藻を持たない非造礁性。
【ひとこと】
透明な触手に散らばる黄色い刺胞、その先に透けて見えるオレンジ色の体がとてもきれいなイソギンチャクのようなサンゴ。イソギンチャクっぽいですが固着して移動しないためサンゴだと言えばわかりやすいでしょうか?姿が美しいため観賞用として1,000円~3,000円で流通しています。

by diver813 | 2017-06-14 23:59 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_233225100.jpg
          おっきなミドリイシ


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 21℃
Entry 10:50
Exit 10:36
Dive Time 46min.

太平洋側らしい、リーフの外にきれいな白い砂地が広がるポイント。
リーフの外縁には、人よりもおおきなミドリイシの群体がありました。
by diver813 | 2010-11-09 23:33 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#448 ニホンアワサンゴ
a0013160_2355081.jpg
【和名】 ニホンアワサンゴ
【学名】 Alveopora japonica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ハマサンゴ科
【個体直径】 4mm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
10cm程度の塊状群体を形成するハードコーラル。表面はなめらかで莢は多角形。ポリプの触手は12本で先端は白色。
【生態】
千葉県~種子島の太平洋岸、及び島根県沖に分布。岩礁域の岩に着生する。昼間ポリプを開き、共生藻から栄養を得る。
【ひとこと】
先端が真っ白な触手を開く様子は可憐で、まるでマーガレットの花束のよう。このポリプが開いているのは昼間だけ。夜はポリプが引っ込んでしまい、ただの灰色の岩になってしまいます。観賞用としての人気の高いサンゴです。
by diver813 | 2009-06-10 23:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.10 奄美 The 1st Day The 1st Dive
a0013160_0352721.jpg
          人面珊瑚


Site 奄美 グルクンの根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 26℃
Entry 12:33
Exit 13:24
Dive Time 41in.

秋の奄美は北風が吹く。
なので、島影になっているグルクンの根へ。
前は迷いましたが、今回はドンピシャ。
海の中には、面白いと見せられた人面珊瑚。
目の部分のウミギクガイモドキが開いたり閉じたりウインクするのが不気味でした。
by diver813 | 2009-04-21 00:36 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.09 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_23451452.jpg
        伊豆色の珊瑚礁


Site 砂辺 No.1
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 13:19
Exit 13:53
Dive Time 34min.


3日目、やってきたのは先日ライセンスを取った友人と台風。
とはいえ、西岸ならなんとか入れる程度だったので、砂辺へ。
行ってみたら、コンディションあまりよくないのに結構混み混み。
ここぐらいしか潜れる場所がなかったからかもしれません。
海に潜ってみると透明度は5m程度。伊豆と同じ色をしていました。
友人の記念すべき初沖縄ダイビングの感想は
「きつかったよ、正直」
でした。

a0013160_23452964.jpg
イロブダイの幼魚はかわいかった
by diver813 | 2008-12-20 23:47 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2007.10 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_21535067.jpg
          サンゴがとても綺麗でした。


Site 奄美大島 六丁目二番地
Maximum Depth  12.5m
Water Temperature 26℃
Entry 9:57
Exit 10:42
Dive Time 45min.

二日目も風が止みません。
と、いうわけで初日に行った六丁目のそばでポイント探し。
特別珍しい生き物はいませんでしたが、人が入ってないだけあって、とても綺麗な場所でした。
by diver813 | 2008-02-18 22:00 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#372 イシナマコ
a0013160_2385722.jpg
【和名】 イシナマコ
【学名】 Polyphyllia talpina
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 クサビライシ科
【体長】 60cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
体は細長く両端は丸まり、湾曲する群体や三叉する群体がある。骨格は緻密で重く、上面一面に多数のポリプが密布する。裏面は凹む。体色は褐色。
【生態】
沖縄以南に分布。珊瑚礁域の波当たりの弱い礁斜面や礁池などの砂礫底に生息する。岩などに固着せず自由生活を行う。
【ひとこと】
こちらはサンゴのイシナマコ。遠目に見ると本当にナマコのようです。でも、ナマコのイシナマコとはあまり似ていません。クサビライシ科のサンゴは単体で生活する仲間もいますが、イシナマコは多くの個体が集まった群体サンゴです。
by diver813 | 2007-05-29 23:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#282 マルヅツミドリイシ
a0013160_23114681.jpg
【和名】 マルヅツミドリイシ
【学名】 Acropora elseyi
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
瓶洗ブラシ状(洗矢状)群体を形成するハードコーラル。枝ぶりは強固で三角錐の概形をしており、円い側生ポリプが密生する。群体は淡い黄褐色であることが多く、先端部は白や紫。
【生態】
宮古島以南の中・西部太平洋、インド洋に分布。潮通しのよい礁斜面や礁池に生息する。昼間は共生藻から栄養を摂取し、夜間はポリプを開きプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
サンゴの減少について、オニヒトデや赤土、海水温の上昇などをよく耳にしますが、最近は「サンゴの病気」についての報告も急増しています。病気はウイルスや細菌、菌などの病原菌によるものや、寄生虫によるもの、腫瘍など様々。病気の引き金になるのは、温度、土壌粒子、科学物質など環境の変化によることが多いと言われています。
by diver813 | 2006-01-31 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#272 スギノキミドリイシ
a0013160_22311611.jpg
【和名】 スギノキミドリイシ
【学名】 Acropora formosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
樹枝群体を形成するハードコーラル。枝は長く、鹿角状になり先細りする。体色は淡褐色~褐色、紫など変異に富み、先端部は色が薄い。頂端のポリプは大きい。
【生態】
紀伊半島以南に分布。浅く、波あたりの弱い礁池に生息する。内部共生する褐虫藻から栄養を得るとともに、ポリプでプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
枝状という言葉がぴったりのサンゴ。波が穏やか所では細い枝、波あたりの強い場所では、太く短い枝をしています。沖縄でも多く見られたのですが、1998年の海水温上昇による白化で、ほとんど見られなくなってしまいました。
by diver813 | 2005-12-16 22:31 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#226 カブトサンゴ
a0013160_0423673.jpg
【和名】 カブトサンゴ
【学名】 Halomitra pileus
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 クサビライシ科
【群体直径】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
群体はドーム型もしくはヘルメット型で骨格は薄い。中央の大きなポリプを中心に、ほぼ同心円上に小さなポリプが並ぶ。地色は緑褐色が多く、口は白色、周縁部は青~紫~赤色。
【生態】
奄美大島以南に分布。穏やかな礁斜面の砂礫底で自由生活をする。夜行性で、夜間にポリプを広げ、昼間は共生藻より栄養を得る。
【ひとこと】
ヘルメットイシとよく似ていますが、ヘルメットイシの方が、ポリプの数が多く、骨格が重厚なので区別できます。クサビライシの仲間は、岩などにくっつかず、自由生活をしているのですが、みんなちゃんと上を向いているのが不思議。
by diver813 | 2005-07-12 00:43 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)