The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ゴンベ ( 8 ) タグの人気記事
2011.10 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_15441179.jpg
          ぼー

Site 伊豆山 沖根南
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:56
Exit 13:37
Dive Time 41min.

二本目は沖根の南へ。ソフトコーラルのお花畑、砂地、岩場とそれぞれ違う生物相を堪能しました。
by diver813 | 2017-06-17 15:48 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#453 イソゴンベ
a0013160_0275837.jpg

【和名】 イソゴンベ
【学名】 Cirrhitus pinnulatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 17cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵形で側扁し頭部が大きい。体色は緑褐色~赤褐色で、白色斑や暗色の斑模様が入る。
【生態】
八丈島・屋久島以南の太平洋・インド洋・大西洋南東部に分布。波あたりが強い珊瑚礁域に生息する。甲殻類を好み、棘皮動物や魚類も食べる。
【ひとこと】
潜っていてもあまり目にしないゴンベです。というのも、非常に警戒心が強く、こちらが気づく前に隠れてしまうから。そのうえ、住んでいる場所は大物が出るポイントだったりするので、本種がいる岩場に目を向けるチャンスも少なかったりします。ある意味レアキャラ?
by diver813 | 2009-10-01 00:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#353 オキゴンベ
a0013160_0154560.jpg
【和名】 オキゴンベ
【学名】 Cirrhitichthys aureus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 8cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は長卵形で、体高が高く側扁する。体色は黄色~褐色で、個体により斑模様が入る。背鰭棘条の先端は房状で、軟条の1本が糸状に伸張する。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深40m以上浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。肉食で小動物を食べる。
【ひとこと】
ゴンベという名前は、1本だけ長く延びる背鰭軟条を、後頭部だけ束で髪の毛を残し、後は剃ってしまう、江戸時代から大正時代の幼児の髪型「権兵衛」に見立てたものと言われています。着底して生活するため、体を支える胸鰭の下部は分厚くなっています。
by diver813 | 2006-11-13 00:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#279 ヒメゴンベ
a0013160_064775.jpg
【和名】 ヒメゴンベ
【学名】 Cirrhitichthys oxycephalus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 4cm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
体は側扁し、長卵形で吻部が尖る。体色は地色が白色で、桜色~赤褐色の斑紋が入り、尾鰭に赤色点が入る。
【生態】
琉球列島、小笠原諸島以南の西部太平洋・インド洋、及び東部太平洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁の外縁に生息する。雄は縄張りを持ちハーレムを形成する。
【ひとこと】
サラサゴンベに似ていますが、サラサゴンベは斑紋が繋がって横縞っぽくなるので見分けられますし、ミナミゴンベにはさらに似ていますが、ミナミゴンベは斑紋が縦長で尾鰭が無地なのに対し、ヒメゴンベの斑紋は横長で、尾鰭に赤い点が散在することで区別できます。
by diver813 | 2006-01-26 00:09 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#219 ホシゴンベ
a0013160_023470.jpg
【和名】 ホシゴンベ
【学名】 Paracirrhites forsteri
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 15cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体色は赤色~褐色で色彩変異が多い。背と体側中央に白色縦帯が入る個体も多く見られる。頭部に多数の小赤色斑点がある。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋の珊瑚礁域に生息する。枝状サンゴに着底していることが多い。雄は縄張りをもち、ハーレムを形成する。小型魚類や甲殻類を食べる。
【ひとこと】
この写真の色彩パターンをよく見かけますが、白色縦帯が全く入らなかったり、赤っぽかったり、個体によって様々です。ちなみに幼魚は頭部に入る赤い点の数が少なく、お腹が真っ白です。大きなものでは20cmを超える、ゴンベ科の中では大きな種類です。
by diver813 | 2005-06-10 00:03 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#155 メガネゴンベ
a0013160_23302784.jpg
【和名】 メガネゴンベ
【学名】 Paracirrhites arcatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体色は淡い赤褐色~黄褐色が多く、白っぽい個体もあり、色彩変異に富む。体側に一筋の太い白色横帯が入る。眼の後ろにU字の模様が入る。
【生態】
紀伊半島以南~太平洋、インド洋の熱帯域に分布。30m以浅の珊瑚礁域に生息する。枝状サンゴの隙間や、上に乗っていることが多い。小型の甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
眼の後ろの模様が眼鏡っぽいのでメガネゴンベ。危険を感じると、サンゴの隙間に逃げ込んでしまいますが、そっと近寄れば、かなり近くで観察することができます。雄は縄張りを持ち、ハーレムを形成するのですが、群れていないので、どれがハーレムの主か、さっぱりわかりません。
by diver813 | 2004-12-21 23:31 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#035 クダゴンベ
a0013160_174851.jpg
【和名】 クダゴンベ
【学名】 Oxycirrhites typus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 7cm
【撮影地】 フィリピン 水深35m
【特徴】
白い地に赤の網目模様。吻が細く管状に伸びる。
【生態】
太平洋、インド洋、紅海の温帯・熱帯域、水深100m以浅に生息。ヤギ類やウミトサカ類に付く。サンゴや岩の隙間の甲殻類を食べる。
【ひとこと】
赤と白でおめでたいからか、水中写真の被写体として人気。でも、その体色もウミウチワなどを模したカモフラージュ。だから、これだけ派手でも、ぱっと見だと見つかりにくい。そして細長い口はサンゴや岩に隠れる甲殻類を食べるため。
by diver813 | 2004-05-21 10:49 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#011 サラサゴンベ
a0013160_13714.jpg
【和名】 サラサゴンベ
【学名】 Cirrhitichthus falco
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 6cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
白地に朱色の斑点が集まってできた倉掛模様がある。胸ビレ下部の6軟条は不分枝。
【生態】
伊豆~フィリピンの水深40m以浅に生息。主に沖縄以南の珊瑚礁域に生息する、夏~秋にかけては海流に乗って伊豆にも現れる。ハーレムを作り、雄同士は闘争する。
【ひとこと】
サンゴの上にちょこんと乗っかっている姿は愛嬌があるが、目つきが悪いのは女好きのせい?カメラ目線が小憎らしい。
by diver813 | 2004-04-16 21:08 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)