The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:クラゲ ( 4 ) タグの人気記事
#472 ミズクラゲ
a0013160_22012576.jpg
【和名】 ミズクラゲ
【学名】 Aurelia sp.
【分類】 動物界 節足動物門 鉢虫綱 旗口クラゲ目 ミズクラゲ科
【体長】 7mm
【撮影地】 伊豆 水深1m
【特徴】
傘は円盤状で四放射対称、辺縁部に細く短い触手が密に並ぶ。傘の中央に開いた口から、柳葉状の口腕が伸びる。乳白色で半透明な体で、胃腔や生殖腺が透けて見える。傘の直径は15~30cm程度で、まれに50cmを超える個体も見られる。
【生態】
北緯70度~南緯40度の世界中に分布。周囲の環境にあわせた鉛直移動を行う。水中を漂い動物プランクトンや小魚を触手の刺胞を使い捕食する。
【ひとこと】
最も良く見かけるクラゲ。砂浜に打ちあがっている姿を見かけたことがある人も多いと思います。ヒトに対する毒性は弱く、皮膚の弱い部位を刺されてやっとぴりりとする程度ですが、ザリガニで実験したところ、ザリガニにとっては猛毒という結果になったそうです。甲殻類の幼生などに有効な毒なのかもしれません。ちなみにプランクトンとは水中を漂う生物の呼称で、サイズは関係ありません。なのでこんな大きなミズクラゲもプランクトンにあたります。あと、ぷるっとしていますが、ミズクラゲは食用ではありません。

a0013160_22013633.jpg裏側







動画
by diver813 | 2017-05-13 22:10 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
#354 オワンクラゲ
a0013160_1545779.jpg
【和名】 オワンクラゲ
【学名】 Aequorea coerulescens
【分類】 動物界 刺胞動物門 ヒドロ虫綱 有鞘目 オワンクラゲ科
【直径】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
傘は浅いお椀を伏せた形をしており、透明で、内傘の放射管が透けて見える。触手は100本以上。
【生態】
日本各地に分布。傘の中央の口を広げ、他のクラゲや小魚などを丸呑みにして食べる。刺激を受けると生殖腺が青白く発光する。
【ひとこと】
透明なクラゲはなかなか綺麗なのですが、透明で中層を漂っているため、ピントあわせが大変。オワンクラゲの発光は緑色蛍光タンパク質と複合体を形成するイクオリンという発光タンパクとカルシウムの反応で起こります。このイクオリンは、オワンクラゲから精製され、微量カルシウムの検知に使われたり、緑色蛍光タンパク質は遺伝子工学で活躍したりしています。
by diver813 | 2006-11-20 01:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#194 サカサクラゲ
a0013160_22481196.jpg
【和名】 サカサクラゲ
【学名】 Cassiopea ornata
【分類】 動物界 刺胞動物門 鉢虫綱 根口水母目 サカサクラゲ科
【直径】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
傘は平らで、縁に触手はない。体色は褐色~緑褐色で、白い模様が入る。2叉する口腕は4本。ポリプの触手は32本。
【生態】
九州以南の熱帯域に生息。傘を下にして泳ぎ、水底に張り付く。体内に共生する褐虫藻から栄養を得るとともに、プランクトンを捕食する。刺胞毒は弱い。
【ひとこと】
学名のCassiopeaは、カシオペア座が北極星の周りを後ろ向きに回ることが由来しています。クラゲは、プラヌラ→ポリプ→ストロビラ→エフィラ→メテフィラ→クラゲというライフサイクルを辿るのですが、プラヌラの時代には共生藻をもっておらず、ポリプの時期に口から取り込むようです。
by diver813 | 2005-04-04 22:50 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
Lesson5 スケッチの描き方
a0013160_17531226.jpg
生物のスケッチは点と線だけで描きます。線は境界線を一本で。点は凹凸や濃淡をその密度で表します。
学校で、点と線で描くスケッチを、理不尽に感じた方がいるかもしれませんが、ちゃんとした理由があるのです。
スケッチに求められているのは、芸術ではなくて「正確にその姿を表すこと」です。
境界線はひとつしかないので、デッサンのように線を何重にも描いてはいけません。黒く塗りつぶすと、そこに何があったのかわからなくなるため、塗りつぶしてもいけません。
実際指で触れるなどして、感覚も確かめ、表現します。
写真ではピントが合わない部分もあります。影ができることもあります。特徴を正確に表現するには、アナログではありますが、スケッチが有効なのです。
また、魚で例をあげると、頭を左側にします(例外として、エイやカレイは上面を上にします)。そして、鰭の棘条や柔条の数や、鱗の数、並び方まで正確に描きます。
ちなみに、鱗を適当にかいて提出したら、「新種ですな」と教授に突っ返されたことがあります。しかたがないので、コピー機に魚を乗せてコピーをとり、それを元に描いたりもしました(よい子のみなさんは、まねしないでください)。
左の図はタコクラゲ、右の図はチョウセンサザエの貝殻です。
by diver813 | 2005-02-06 17:54 | Study Room | Trackback | Comments(11)