The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:カサゴ ( 26 ) タグの人気記事
#301 サツマカサゴ
a0013160_221928.jpg

【和名】 サツマカサゴ
【学名】 Scorpaenopsis neglecta
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は丸く岩状で、頭部が大きい。体表には小皮弁が密布する。背鰭基部が著しく隆起する。体色は褐色、白色など変異に富む。
【生態】
南日本~南シナ海に分布。岩礁域・サンゴ礁域の砂礫底に生息する。単独で行動し、岩に擬態する。甲殻類や魚類を捕食する。棘に強い毒を持つ。
【ひとこと】
セムシカサゴによく似ていますが、胸鰭の内側の鰭膜に黒い帯が入ることで見分けることができます。また、ヒメサツマカサゴよく似ていますが、ヒメサツマカサゴは眼が飛び出していて、背中が盛り上がらないので見分けられます。
by diver813 | 2006-03-10 02:02 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#101 メバル
a0013160_1353429.jpg
【和名】 メバル
【学名】 Sebastes inermis
【体長】 25cm
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
色彩変異に富み、赤色型、黒色型、褐色型がある。受け口で目が大きい。体側の暗色横帯は不明瞭。背鰭と尻鰭に棘がある。
【生態】
北海道南部~九州、朝鮮半島南部の岩礁域に生息。水底よりやや離れ、斜め上を向き餌を待つ。卵胎生であり、1度の出産で3~10万の稚魚を生む。
【ひとこと】
最近赤色型、黒色型、褐色型が、それぞれa型、b型、c型と分類されました。和名はまだ提唱されていないようです。決め手は胸鰭の軟条数。a型が15、b型が16、c型が17本ということですが、海では数えていられません。色や形で予想するしかなさそうですね。市場などでは、昔から分けられていて、値段はc型>b型>a型の順だそうです。写真はたぶんb型。カサゴ同様おいしい魚です。
by diver813 | 2004-08-24 09:51 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
2004.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_12325147.jpg
          メバル祭り


Site 伊豆山沖根南→東
Maximum Depth  21.9m
Water Temperature 24℃
Entry 14:23
Exit 15:05
Dive Time 42min.

2本目は沖根の南側にあるブイから入って、1本目の沖根東のブイに浮上するコース。
潜り始めて、最初に迎えてくれたのは、すごい数のメバル。海藻などに鈴なりになっていることは見たことがあるのですが、砂地でぼーっとしてるところをみたのは、はじめて。何やっていたんだろう?
他にもハゼ、ゴンズイ、ウミタナゴ、イシモチと群れに恵まれ、初心者が楽しいダイビングでした。
ちゃんとスナイソギンチャクに隠れるマルガザミとか、ガンガゼの棘に擬態するハシナガウバウオとか、マクロ系もそこそこ見れて、ナマコとか、サザエで遊んだりもして、バランスはよかったのですが、「見せる」と約束した、ヒラメが見えませんでした(←いたのに認識できなかったってことです)。
まだまだ目の修行が足りないようです。
by diver813 | 2004-08-12 22:31 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#077 オニカサゴ
a0013160_13594418.jpg
【和名】 オニカサゴ
【学名】 Scorpaenopsis cirrhosa
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 25cm
【撮影地】 伊豆 水深30m
【特徴】
体色は褐色の個体が多いが、色彩変異が激しい。非常に大きな口を持ち、体全体に皮弁が生え、周囲に溶け込む。
【生態】
本州中部以南、中・西部太平洋、インド洋の岩礁域に生息。単独で行動し、岩に擬態し、待ち伏せ、魚を捕食する。背鰭・腹鰭・臀鰭の棘に毒を持つ。
【ひとこと】
一見岩にしか見えないので、間違って手をつくと、背びれの棘に刺されて大変なことになります。蛋白毒なので、刺されたら火傷しない程度のお湯につけましょう。あまりにも見事な擬態と、大きな口のおかげで、捕食成功率は非常に高いらしく、65%を超えるというデータもあります。カサゴの仲間なので美味しい。
by diver813 | 2004-07-22 23:01 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#073 オビアナハゼ
a0013160_111853.jpg
【和名】 オビアナハゼ
【学名】 Pseudoblennius zonostigma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 カジカ科
【体長】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
対抗が高く側扁し、鱗がない。尾びれは湾曲せず、眼上に扁平な小皮弁がある。背鰭基底から臀鰭基底に達する幅広い暗色横帯が体側に入る。
【生態】
北海道南部以南の藻場や浅い岩礁域に生息。周囲の環境に合わせ、体色を変化さる。ホヤの出水孔の中に産卵する。肉食性で小型甲殻類などを捕食する。
【ひとこと】
ハゼという名前が付いていますが、実はカサゴの仲間です。なので、決して不味くはないのですが、食用ではありません。地味で目立たない魚ですが、岩の上などにちょこんと乗っかっている姿は、結構かわいいです。近づいてもあまり逃げないので、顔のアップとか、マクロの練習にいい被写体。
アナハゼと間違えていました。お詫びして訂正いたします。他にも間違いを見つけたら、訂正しますので教えてください。
by diver813 | 2004-07-15 21:20 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#067 カサゴ
a0013160_12143.jpg
【和名】 カサゴ
【学名】 Sebastiscus marmoratus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深30m
【特徴】
体色は茶色、赤、黒と色彩変異が激しい。背鰭基部に5~6l個の白斑が入る。上を向く大きな口を持ち、眼の間が凹む。
【生態】
北海道南部以南の西部太平洋に分布。水深100m以浅の岩礁域、珊瑚礁域に生息。夜行性。貪欲で、甲殻類、魚など何でも食べる。胎生魚で、秋に受精し、春に数回に分け出産する。
【ひとこと】
昼間は岩の上に乗っかっていたり、岩の間に挟まっていて、ちょっとつついたぐらいでは動かない、度胸があるやつ。背びれの棘は、刺さると痛いので気をつけて。刺身より、火を通した方が、身の締まりが良くなり、おいしい。唐揚、焼き物、蒸し物、煮付け、汁物、イタリアン、フレンチ・・・なんでも使える高級魚。㌔3000円。
by diver813 | 2004-07-07 09:15 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)