The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:カサゴ ( 25 ) タグの人気記事
2007.07 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_059362.jpg
        サンゴの隙間をしらみつぶし


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  19.0m
Water Temperature 27℃
Entry 8:48
Exit 9:30
Dive Time 42min.

2日目は上級者ポイント2箇所に遠征することになり、一本目は近場で小物探し。
結構写真を撮ったつもりだったのですが、あとで確認してみると意外と少なかったです。
どうやら探すことに夢中だったみたいです。
by diver813 | 2007-08-21 01:00 | Diving Log
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 1st Dive
a0013160_2324529.jpg
        ふわり

Site 座間味島 ドラゴンレディ
Maximum Depth  27.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:06
Exit 10:57
Dive Time 51min.


「粟国島へ行こう」という誘いを断って、今日は初心者や体験と一緒に、のんびり慶良間でダイビング。
一本目は「彼女が水着にきがえたら」のロケ地で、ドラゴンレディとして使用された飛行機DC-3が今でも残っているポイント。
じっくり、アカシマシラヒゲエビやイソギンチャクエビの写真を撮ったりしながらお散歩していたら、ウミエラなどにも遭遇できました。
by diver813 | 2007-07-02 23:27 | Diving Log
#371 カスリフサカサゴ
a0013160_1331179.jpg
【和名】 カスリフサカサゴ
【学名】 Sebastapistes albobrunnea
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 4cm
【撮影地】 粟国 水深10m
【特徴】
体は頭部が大きく腹部は平ら。頭部に皮弁がなく額棘もない。体色は赤褐色で、微小な白色点が密布する。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・インド洋に分布。浅い珊瑚礁域・岩礁域の岩の上や、ハナヤサイサンゴの枝の隙間に生息する。
【ひとこと】
赤い体に細かい白点、そして黄色い斑模様と、可愛らしい姿をしているのですが、珊瑚の枝の隙間に住んでいるので、なかなか写真に撮るのが大変。ニラミカサゴと似ていますが、本種は小白点が密布すること、鰭に褐色斑が入らないことで区別できます。
by diver813 | 2007-05-21 01:32 | 海洋生物図鑑
2007.02 大瀬崎 The 2nd Dive
a0013160_012814.jpg
          かわいいハナミノカサゴにも会えました


Site 大瀬崎 仏北
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 14℃
Entry 12:18
Exit 13:12
Dive Time 54min.

船の上で休むと寒いので立て続けに2本目。
寒い、寒いといいながら、やはり誰もいない海は楽しい!
タンクが空になるまで54分たっぷり潜っちゃいました。
by diver813 | 2007-03-26 00:13 | Diving Log
2007.02 大瀬崎 The 1st Dive
a0013160_2349211.jpg
          綺麗な青い海でした


Site 大瀬崎 仏北
Maximum Depth  16.5m
Water Temperature 15℃
Entry 10:52
Exit 11:51
Dive Time 59min.

仕事のお客様に「船持っているんだけど、乗らないか」と誘われ、まんまとその誘いに乗ってきました。
しかし、ただの接待にはしません。ちゃっかりタンクを持ち込み潜ってきました。
気温が低く、風も強くちょっと寒い日でしたが、水中はすこぶるいいコンディション。
しかも誰もいないポイント。
手付かずの、初めてのポイントを、1時間たっぷり楽しみました。
by diver813 | 2007-03-14 23:51 | Diving Log
2006.11 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23161355.jpg
          最近見ないじゃないか


Site 江之浦大吉
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 22℃
Entry 10:28
Exit 11:12
Dive Time 44min.

2ヶ月ぶりのダイビング。
空は晴れてるし、海は暖かいし、透明度はいいし、コンディションは最高。
いつもの伊豆の海も楽しくて仕方がありません。
いっぱいいたヒメセミエビには逃げられちゃったけど、かわいいイガグリウミウシにも会えたし、カメラに収めていなかった生き物も何種類か撮る事ができました。
やっぱりダイビングって楽しい。何とか時間を作って、行かなければ。
by diver813 | 2006-11-08 23:18 | Diving Log
2005.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_23123750.jpg
          ギョッ


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  15.3m
Water Temperature 20℃
Entry 13:16
Exit 13:50
Dive Time 34min.


2本目は、撮りたかった魚を、撮る前に逃げられたなどはあったものの、特別なトラブルはなく、伊豆の海をしっかり堪能。
しかし、2本目が終わり、帰る前に寄ったラーメン屋でお冷の入ったピッチャーをひっくり返すというトラブルが。
幸い水はほとんど入っていなく、被害はたいしたことありませんでした。
でも、今日は何かやばい。家に帰るまで気が抜けません。
そして、無事家に到着。
しかし、車のドアを閉めようとしたら閉まらない。
2・3度試してもやはり半ドア。
どうしたのかと確認すると、デジカメが挟まっているではないですか・・・
あわてて確認すると、外傷はなし。
そして電源を入れてみると、メモリーカードを認識しない。
ちゃんと入っているのに。
でも、もしかしたらカードを変えてみれば平気かも・・・
と試してみるものの、状況はかわらず。
時間を置いて試してみても、やはりメモリーカードを認識してくれない。
最後の最後にデジカメまで壊れるとは・・・
さすがに半刻ほど言葉を失いました。
by diver813 | 2006-08-20 23:13 | Diving Log
#333 ミノカサゴ
a0013160_0474010.jpg
【和名】 ミノカサゴ
【学名】 Pterois lunulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 30cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
胸鰭が大きく、棘条は分岐しない。白色の地に、暗褐色の横縞が入り、横縞は腹部に達さない。眼上皮弁は短く、尾鰭に顕著な斑紋は入らない。
【生態】
北海道南部以南の西部太平洋、インド洋に分布。沿岸の岩礁域に生息する。背鰭と胸鰭に毒を持つ。胸鰭で小魚を囲い、海水ごと吸い込んで捕食する。卵は寒天質の卵嚢に包まれる。
【ひとこと】
ハナミノカサゴとよく似ていますが、尾鰭に明瞭な水玉模様が入らないこと、お腹に横縞が入らないこと、眼上皮弁が短いことで区別することができます。綺麗ですが、棘に毒を持つので、不用意に触らないようにしましょう。棘の毒は不安定な蛋白質でできていますが、詳しいことは解っていません。蛋白毒なので、刺された場合は、患部を我慢できるぎりぎりの熱いお湯に数十分漬けると痛みを和らげることができます。観賞魚としても人気がありますが、食べても美味しい。
by diver813 | 2006-07-20 00:48 | 海洋生物図鑑
2005.06 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_211179.jpg
          あいかわらずメバル祭り


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.6m
Water Temperature 16℃
Entry 9:55
Exit 10:40
Dive Time 45min.


春の伊豆山、やはり海は緑色。
水深10mぐらいまでは、透明度がかなり悪かったのですが、10m以深は結構抜けていました(とはいえ透明度10mちょっとぐらいですが)。
水温は少し低めで、45分入っていると、さすがに寒い・・・はずなのですが、今回は楽しい仲間がトレーニングをしながらのダイビングだったので、寒さは感じませんでした。
by diver813 | 2006-07-02 21:16 | Diving Log
#301 サツマカサゴ
a0013160_221928.jpg

【和名】 サツマカサゴ
【学名】 Scorpaenopsis neglecta
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は丸く岩状で、頭部が大きい。体表には小皮弁が密布する。背鰭基部が著しく隆起する。体色は褐色、白色など変異に富む。
【生態】
南日本~南シナ海に分布。岩礁域・サンゴ礁域の砂礫底に生息する。単独で行動し、岩に擬態する。甲殻類や魚類を捕食する。棘に強い毒を持つ。
【ひとこと】
セムシカサゴによく似ていますが、胸鰭の内側の鰭膜に黒い帯が入ることで見分けることができます。また、ヒメサツマカサゴよく似ていますが、ヒメサツマカサゴは眼が飛び出していて、背中が盛り上がらないので見分けられます。
by diver813 | 2006-03-10 02:02 | 海洋生物図鑑