The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:エビ ( 57 ) タグの人気記事
2011.09 奄美 The 4th day The 1st Dive
a0013160_00182762.jpg
          ごつごつしてて寝心地わるそう

Site 奄美 デッショ
Maximum Depth  21.3m
Water Temperature 32℃
Entry 10:02
Exit 10:39
Dive Time 37min.

西の外洋のポイント。
いつものピグミーシーホースを探した気もしますが、その後のトラブルでこのダイビングの記憶は曖昧。
岐路に船がエンジントラブルで漂流、海難に。
他の船に曳航してもらい、なんとか港に戻りました。
以前も船のトラブルで曳航されたことがありますが、こういうときに共通することは「こんがり焼ける」ですかね。

by diver813 | 2017-06-08 00:19 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#484 ブトウテッポウエビ
a0013160_23510082.jpg
【和名】 ブトウテッポウエビ
【英名】 Red-spotted Goby Shrimp
【学名】 Alpheus rubromaculatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は円筒型でなめらか。第1鋏脚は左右で大きさが異なり、ともに側扁する。体は灰白色で腹部・脚に赤褐色の斑紋が等間隔に並ぶ。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋~紅海に分布。礁縁付近の砂底に生息する。オドリハゼと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかオドリハゼ以外のハゼと共生していることがほとんどありません。以前はオドリハゼ(ダンスゴビー)と共生していたためダンスゴビーシュリンプなどと呼ばれていました。でも英語での呼ばれ方はレッドスポッテドゴビーシュリンプ。ダンス=舞踏で舞踏鉄砲蝦とネーミングされたんですかね?
by diver813 | 2017-06-06 23:51 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_12501915.jpg
          シュワッチ!

Site 奄美 山本SP
Maximum Depth  10.0m
Water Temperature 27℃
Entry 10:00
Exit 10:43
Dive Time 43min.

湾内の有名ポイント。砂地に根がありそこにさまざまな生き物が暮らしています。
かわいい甲殻類がわらわらいて、マクロばかり撮ってました。

by diver813 | 2017-05-27 12:52 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#476 フシウデサンゴモエビ
a0013160_00025141.jpg
【和名】 フシウデサンゴモエビ
【英名】 Marbled shrimp
【学名】 Saron marmoratus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 モエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は比較的太い。第3顎脚が歩脚様に発達する。第3顎脚と頭胸甲の正中線上にブラシ状の剛毛が生える。体色は緑褐色の個体が多く、淡色の斑紋による複雑な模様が入るが、個体による色彩変異が著しい。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。内湾の珊瑚礁域やガレ場のミドリイシ類の根元や転石下に生息し、藻類を食べる。
【ひとこと】
なんか、モヒカンっぽい頭を見ると「ヒャッハー」という声が聞こえてきそうです。ブラシが付いている足に見える器官は、実は顎脚と言って、口の器官が大きくなったもの。これはモエビ科に共通していて、通常十脚目の歩脚は名前の通り5対ですが、モエビ科の歩脚は6対に見えます。せっせと藻類を食べるため、苔対策としてアクアリストにも人気。

by diver813 | 2017-05-18 08:12 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.09 奄美 The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_0371078.jpg
          透明性がモットーです

Site 奄美大島 石の浜
Maximum Depth  10.9m
Water Temperature 27℃
Entry 13:43
Exit 14:35
Dive Time 52min.

浅いポイントをじっくり散策。
水中ハイスピードムービー撮影などしながら、のんびり楽しみました。
by diver813 | 2017-05-08 00:37 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.09 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_030352.jpg
          めでたい色だなぁ

Site 奄美大島 ミドリヤ
Maximum Depth  12.5m
Water Temperature 26℃
Entry 10:04
Exit 10:53
Dive Time 49min.

二日目一本目は湾内。
穏やかな海の根には、かわいらしい生き物がたくさんいました。
by diver813 | 2017-05-07 00:31 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.06 慶良間 The 1st Dive
a0013160_1214590.jpg
          雰囲気だけはなんとなく


Site 奥武島 ハナダイパラダイス
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 24℃
Entry 10:12
Exit 10:53
Dive Time 41min.

ものすごく久しぶりに大学の同級生とファンダイビング。
那覇から慶良間まで、船で揺られる1時間、船酔いしている人がいる中、2人でPSPを構え、MGSPWのCO-OPSをやっていたら、ガイドさんに爆笑されました。
でも実は、乗り物酔いしやすい方なんです。嘘じゃありませんよ。
話が逸れましたが、今回は流行り?の「水中虫の目レンズ」のテスト。
デジカメの小さい画面ではうまく行っているように見えましたが、後で確認したら、ピントがうまく合っていませんでした。
自作・改造って難しいものです。
by diver813 | 2011-03-25 01:23 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 4th day The 2nd Dive
a0013160_0104469.jpg
          眼と鋏にピントを合わせてみました。


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 20℃
Entry 14:43
Exit 15:44
Dive Time 61min.

今回の奄美、ラスとダイブは倉崎。
1本目はウミウシしか撮っていなかったので、今度は魚中心に撮影。
と、思っていたら、可愛いニセアカホシカクレエビがいて、夢中になってたら、23分もかじりついていました。

a0013160_0112637.jpg通り抜けて卵にピントが合っちゃった




a0013160_012457.jpg正面顔
by diver813 | 2011-03-16 00:13 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 1st day The 2nd Dive
a0013160_23193785.jpg
          自宅は高級食材


Site 奄美大島 グルクンの根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 21℃
Entry 16:22
Exit 17:28
Dive Time 56min.

初日2本目はグルクンの根。
秋口から使うポイントで、なかなかポイントを探り当てることができなかったこともありますが、このタイミングならばっちり。
ソライロイボウミウシの交接も観察できました。

a0013160_23202036.jpg
ソライロイボウミウシの交接
by diver813 | 2010-10-07 23:27 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#458 ヒメイソギンチャクエビ
a0013160_0342944.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャクエビ
【学名】 Hamopontontonia corallicola
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
第1、第2胸脚が鋏脚となり、額角に関節はない。体は透明で歩脚には茶褐色の小斑が散在し、尾柄に斑紋は入らない。
【生態】
伊豆半島以南からオーストラリア北部までの西部太平洋に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソギンチャクや大型のポリプを持つサンゴに共生する。
【ひとこと】
イソギンチャクエビに似ていますが、尾柄に斑紋が入らないことで見分けることができます。それに、本種のほうがズングリムックリな体をしています。また、イソギンチャクエビと違って一部のイソギンチャクに限らず、ハナガササンゴ類や触手が長いクサビライシ類を宿主としています。

a0013160_03598.jpg
横から見た姿
by diver813 | 2010-04-28 00:35 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)