The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:エイ ( 15 ) タグの人気記事
#473 ウチワザメ
a0013160_20490496.jpg
【和名】 ウチワザメ
【学名】 Platyrhina sinensis
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 ウチワザメ科
【体長】 60cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は縦偏し、体盤は団扇型で尾との区別が比較的明瞭。背鰭が腹鰭よりかなり後方に位置し、尾鰭は楕円形。背面は灰褐色で、眼の周囲および体側背面に、淡黄色の肥大鱗が規則的に並ぶ。
【生態】
伊豆半島~東シナ海に分布。沿岸の砂地に生息し、甲殻類や小魚を捕食する。卵胎生。
【ひとこと】
名前にサメとついていますが、エイの仲間です。なんでややこしい名前をつけちゃうかなー。サメとエイの違いについてはこちらをご覧下さい→Lesson1 サメとエイの違いとは
形は本当に団扇っぽいので、どこかの水族館とかでウチワザメの団扇、作ってくれないかなぁ。
a0013160_20490888.jpg
上から見ると本当に団扇
by diver813 | 2017-05-14 20:51 | 海洋生物図鑑
2009.09 奄美 The 5th day The 3rd Dive
a0013160_084173.jpg
          ついー


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 28℃
Entry 15:16
Exit 15:46
Dive Time 30min.

海の中は少し暗かったのですが、白い砂地が広がる綺麗な海に、グルクンの群れが回ってきたり、ウミガメが遊んでくれたりの楽しいダイビングでした。
by diver813 | 2010-04-29 23:09 | Diving Log
2008.07 宇佐美 The 1st Dive
a0013160_23491565.jpg
          やっちまった


Site 宇佐美ビーチ
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 19℃
Entry 9:45
Exit 10:35
Dive Time 50min.

潜る前からやっちまいました。
いつもスルスル着ているので、侮っていました。
外が暑く、多少汗をかいて滑りにくくなっていたんです。
そんな不幸中の幸いなのですが、
「サイズが合えばあげるよ」
と、お下がりのロクハンを持ってきてもらっていたのです。
試しに着てみるだけのつもりだったのですが、早速実戦配備。
オニューのナイフ(全長432㎜、刃長298㎜、伊製)も実戦配備。
お下がりのロクハン、若干つんつるてんなのは気にしない。だってUGOだし。
と、いうわけで無事ストレスなく潜れました。
ヒラタエイを追いかけたり(動画)、今回はなぜか動画ばかり撮っていました。
そして、周りを見ていなかった結果、居場所を見失い、さらに仲間がエア切れ。
またまた水面移動して戻るハメに。
まあ、ダイエットになったと思ってよしとします。

a0013160_23492920.jpg
ナイフ
by diver813 | 2008-08-21 23:50 | Diving Log
2008.06 安良里 The 2nd Dive
a0013160_23192792.jpg
          刺シテヤロウカ


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 20℃
Entry 13:00
Exit 13:44
Dive Time 44min.

2本目はベニイザリウオ(ベニカエルアンコウ)を探しに、砂地とゴロタの境を、ネジリンボウなどを撮りながら、ひたすら西へ。しかし、残念ながら見つけることはできませんでした。
もしかしたら、みんなに見られて隠れてしまったのかもしれません。
by diver813 | 2008-07-29 23:19 | Diving Log
2007.09 Amami The 4th day The 1st Dive
a0013160_036635.jpg
          見ラレテナイヨネ?


Site 奄美大島 山本SP
Maximum Depth  13.8m
Water Temperature 29℃
Entry 9:43
Exit 10:41
Dive Time 57min.

エビづくしの山本スペシャル。
エビに夢中になっていたら、急に横をヤッコエイ泳いでいきました
距離を取りながら追いかけたら、砂地に潜って知らん顔。
うまく隠れたと思っていたようなので、飛び出すシーンを動画で撮ってあげました

a0013160_0363831.jpg
ヤッコエイ
by diver813 | 2007-11-12 00:38 | Diving Log
#379 ヤッコエイ
a0013160_1582198.jpg
【和名】 ヤッコエイ
【学名】 Dasyatis kuhlii
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 アカエイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は縦扁し、体盤は菱形で吻部は突出しない。背面は淡褐色で、青色斑が点在する。尾の先端に数本の黒褐色横帯が入る。
【生態】
北海道以南の太平洋・インド洋・紅海に分布。沿岸の砂底及び砂泥底に生息し、特に南方に多い。肉食性で底生動物を捕食する。卵胎生。
【ひとこと】
沖縄近辺の砂地で見られるエイはほとんどがヤッコエイ。砂地に潜っている時は神経質で、近づくとすぐ逃げていきますが、砂を掘って餌探しに夢中になっている時は近づくことができます。ただし、餌を探している時にも、時折周囲を警戒するので、この時には空気を吐かず、じっとして再び餌を探すのを待ちましょう。
by diver813 | 2007-07-13 01:59 | 海洋生物図鑑
2006.04-05 Okinawa The 3nd Day The 3rd Dive
a0013160_1153087.jpg
          ゆっくり泳いでいるようでも、実際は速いんだ


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  16m
Water Temperature 26℃
Entry 13:29
Exit 14:21
Dive Time 52min.

ウミガメの寝床のポイント。
そこかしこでウミガメがお昼寝していて、眠そうなウミガメが、でてくる、でてくる
去年会った右足のない子にも再会できました。
ウミガメに満足した後は、石をひっくり返して小物探し。
結局ここでもユキミノガイと戯れたりしていました。
そうそう、ウミガメより足の遅いウミウサギもいたよ
by diver813 | 2006-05-19 01:21 | Diving Log
2006.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_051813.jpg
          砂地を泳ぐのって気持ちいいよね


Site 粟国島 ウーグ浜
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 23℃
Entry 12:05
Exit 12:56
Dive Time 51min.

粟国二本目はちょっと場所を変えてウーグ浜。綺麗な白い砂地に根が点在しています。
一見何もいなさそうな砂地も、目を凝らすと、いろんなウミウシがいたり、ヒトデがいたりします。
そして点在する根にはいろいろな生き物が住んでいます。
ウミシダの枝、サンゴの隙間、転石の裏側・・・
じっくりといろんなところを観察しました。
でも、リクエストしたフリソデエビには会えませんでした。残念。
by diver813 | 2006-05-12 00:51 | Diving Log
#307 シビレエイ
a0013160_2138327.jpg

【和名】 シビレエイ
【学名】 Narke japonica
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 シビレエイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は縦扁し、円盤型。腹鰭全部は体盤に重なり隠れる。体色は赤茶褐色~黒褐色で、腹面も同色。口の周囲は白色。背面に小黒点が入る個体が多い。
【生態】
本州中部~中国、フィリピンに分布。水深50m以浅の砂底に生息する。胸鰭には発電器官があり、ここで発電した50~60Vの電気で小魚や底生動物を麻痺させ捕食する。
【ひとこと】
餌を捕る時意外は砂に潜っているため、見つけるのがなかなか難しいエイです。名前の通り電気を出すため、触るとビリッとくることがあります。発電で有名なデンキウナギの800Vと比べると電圧は弱いのですが、電流は20A程度と高め。この電気は、餌を捕るだけではなく、餌を探すのにも使われています。
by diver813 | 2006-03-30 21:39 | 海洋生物図鑑
2005.12 Thailand The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_2294014.jpg
          あ、マンタだ。


Site ボン島 ウエストリッジ
Maximum Depth  21.2m
Water Temperature 29℃
Entry 13:15
Exit 14:07
Dive Time 52min.

お昼は船の上でグリーンカレー。ちゃんとご飯とカレーが別々でした。
美味しくいただきましたが、2本目のダイビング中、たまに胃から香ってきます。
その2本目も1本目と同じウエストリッジ。
1本目、外部ストロボが不調で使えなかったのですが、2本目でもやはり使えない。本格的に壊れてしまったようです。師匠の呪いかもしれません。
なので、せっかくバブルコーラルシュリンプがいても、スーパーマクロモードでフラッシュが使えない!
それでも頑張ってマクロを狙っていたら、タンクバンカーのカン!カン!カン!という音が・・・
振り返るとそこにはマンタ
実はウエストリッジは、マンタ狙いのポイントだそうです。でも、予習をしていなかったので、心構えがまるでありませんでした。
周りには始めて見るインド洋の生き物、上にはマンタ。どっちを撮るか悩みます。
ちょっと悩んで、数枚マンタを撮影したら、マンタの側を船が通過してしまい、マンタはちょっとびっくりして、離れてしまいました。
びっくりしたときのマンタ、速かった~。素早い動きもできるんだね。
で、遠退いたマンタを背に、ガリゴリ齧るゴマモンガラクロハコフグの幼魚を激写。
そんなことをしていたら、上がった後に
「あまりマンタ撮っていませんでしたね」
とガイドさんに突っ込まれてしまいました。
だって、みんなのエアが邪魔で撮り難かったし、ちょっと遠かったし・・・
今日のダイビングはこれでおしまい。
ショップに戻ってから師匠にマンタの報告をすると、
「ひもが付いてたんじゃない?」
と、偽者を見たと主張。見れなかったことがかなり悔しいらしい。
マンタより、イヤースポットブレニーに興奮するの、ちょっとおかしいかな?
by diver813 | 2005-12-13 02:33 | Diving Log