The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ウミシダ ( 8 ) タグの人気記事
あけましておめでとうございます
a0013160_15353244.jpg

本年もよろしくお願いいたします。
by diver813 | 2015-01-01 00:00
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 1st Dive
a0013160_23533959.jpg
        これも動物なんだよね

Site 自津留島 ジヅル
Maximum Depth  20.6m
Water Temperature 23℃
Entry 9:55
Exit 10:37
Dive Time 42min.


4日目は、ロクハンを届けてもらって、快適ダイビング。
潮当たりが強く、大物が期待できるポイントですが、特に流れもなく遠くにトビエイが見えたぐらいの、のんびりダイビングでした。
by diver813 | 2007-07-14 23:55 | Diving Log
#252 リュウキュウウミシダ
a0013160_2256405.jpg
【和名】 リュウキュウウミシダ
【学名】 Oxycomanthus bennetti
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 クシウミシダ科
【腕長】 20cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
大型で櫛状体を持つ。腕が多く、しっかりとした巻枝を持つ。色彩変異に富み、腕と羽枝の色は異なる。
【生態】
奄美大島以南に分布。潮通しのよい珊瑚礁域に生息する。サンゴや岩の上に巻枝でしがみつき、腕を広げて水中を漂うプランクトンを食べる。
【ひとこと】
珊瑚礁でよく見かけるウミシダ。しかも潮が当たりやすい岩のてっぺんなどにいるので、よく目につきます。写真を撮るときに岩に膝をついていると、いつのまにか足にくっついていたりします。足にくっつく時は、まず腕でしがみついてから、裏返って巻枝で掴まりなおします。人にくっつくところを見たら、観察してみてください。
by diver813 | 2005-11-01 22:59 | 海洋生物図鑑
#170 ニッポンウミシダ
a0013160_1032985.jpg
【和名】 ニッポンウミシダ
【学名】 Oxycomanthus japonica
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 クシウミシダ科
【腕長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
櫛状体があり、腕は約40本。濃紫褐色の個体が多いが、赤褐色や橙色など色彩変異が激しい。羽枝の先端は黄色。
【生態】
房総半島・佐渡以南~九州の岩礁域に生息。夜行性で、日中は岩の隙間に潜む。腕は自切しやすく、再生力は強い。水中を漂うプランクトンを食べる。腕を交互に振って泳ぐことがある。
【ひとこと】
日本に生息する約100種類のウミシダの中で、最も多く見かけるウミシダです。なにがきっかけかはわかりませんが、9月の上弦または下弦の午後に一斉に放卵・放精をします。卵はピンクっぽく、精子は白っぽい。触るとべとべとしていて、痒くなることがあり、ウエットスーツに紫色の汚れがついたりします。
by diver813 | 2005-01-30 10:32 | 海洋生物図鑑
#134 ハナウミシダ
a0013160_22173347.jpg
【和名】 ハナウミシダ
【学名】 Comanthina schlegeli
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 クシウミシダ科
【腕長】 15cm
【撮影地】 沖縄 水深20m
【特徴】
櫛状体があり、腕は非常に多く、100本以上あるが、巻枝はほとんどない。色彩変異が激しく、黒白のものから、黄色一色まで様々。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋の浅海に生息。巻枝がほとんどないため、腕で体を支える。幼魚やカクレエビが共生する。
【ひとこと】
このウミシダは、腕が多いだけあって、色々な生物が住処にしています。特にカクレエビ、テッポウエビ、コシオリエビなど、マクロ系甲殻類の宝庫です。ですが、これだけ腕が密だと、見つけるのも一苦労。でも、ウミシダの腕を外から軽く叩くと、腕を広げてくれるので、隙間から口盤(腕の付け根の中心)のあたりを探すと、見つけることができます。
by diver813 | 2004-11-01 22:17 | 海洋生物図鑑
#110 オオウミシダ
a0013160_14134491.jpg

【和名】 オオウミシダ
【学名】 Tropiometra afra macrodiscus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目 オオウミシダ科
【腕長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深35m
【特徴】
腕の長さが20cm以上になる大型のウミシダ。腕は10本で、大きく太い。櫛状体が無く、羽枝の断面は三角形。羽枝の食溝に覆い板がない。体色は黒が多く、黄色や茶褐色の個体もある。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。浅い岩礁息や珊瑚礁に生息し、潮間帯付近でも見られる。水中を漂うプランクトンなどの有機物を腕に絡めて捕食する。
【ひとこと】
ウミシダ類の同定は非常に難しいのですが、オオウミシダは日本に一属一種しかいないし、大型で腕の数も少ないので、簡単に見分けることができます。小型のウミシダは腕を振って泳ぎますが、オオウミシダは泳ぎません。オオウミシダトウマキクリムシという非常に綺麗な巻貝が共生していることがあります。
by diver813 | 2004-09-22 23:45 | 海洋生物図鑑
#022 ウミシダの一種
a0013160_23568.jpg
【和名】 ウミシダの一種
【学名】 Comatulida sp.
【分類】 動物界 棘皮動物門 海百合綱 ウミシダ目
【腕長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
シダに似ているウミユリの仲間。ウミユリと違い、根や茎はない。体の中央にある冠から5の倍数本の腕が伸び、腕には多数の羽枝がある。体の下にある巻枝で岩などにつかまる。
【生態】
浅海の岩場や珊瑚礁に生息。潮通しのよい場所で腕を振り、漂っている有機物を捕食する。腕で捕らえた餌はベルトコンベアーのように口へ運ばれる。腕を交互に振ることで、漂いながら潮に乗り移動する。
【ひとこと】
こんな格好でもウニやヒトデの仲間。触れると腕がすぐ絡まってきて、気がつくと膝から生えていたりする。ウミシダヤドリエビなど、いろいろな生き物の隠れ場になっているので、じっくり見ると面白い。
by diver813 | 2004-04-28 23:57 | 海洋生物図鑑
2004.04 Philippine The 4th Day The 2nd Dive
a0013160_224716.jpg
          海の中に椰子の木発見


Site アルトス
Maximum Depth  25.2m
Water Temperature 27℃
Entry 10:20
Exit 11:05
Dive Time 45min.

このポイントも珊瑚が綺麗。
そしてミノカサゴが多い。他のポイントと同じく、ハナダイなどの小さい魚も多いが、コショウダイなどの中くらいのサイズの魚も意外と多かった。
砂地から頭を出すジョーフィッシュがラブリー。
by diver813 | 2004-04-10 22:48 | Diving Log