The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:ウミウシ ( 59 ) タグの人気記事
#482 ワモンキセワタ
a0013160_01080073.jpg
【和名】 ワモンキセワタ
【英名】 Pilsbry's headshield slug
【学名】 Philinopsis pilsbryi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 カノコキセワタガイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
頭部は楯状で触角がなく、貝殻は退化し体内に埋没する。側足の縁は波打たず、なめらかな弧を描き側面を覆う。体色は半透明の白色~淡黄色で、腹足以外の全身に輪が連なったような暗色の斑紋が入る。
【生態】
屋久島以南、マダガスカル~ハワイの中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。内湾・外洋を問わず砂礫底に生息する。
【ひとこと】
色彩やパターンの変異が激しく、暗色が赤かったり、暗色斑紋の割合が多く、白い水玉模様に見える個体もいるようです。個人的には、こういうサイケデリックな模様を見ると、不安な気持ちになるので少し苦手。

by diver813 | 2017-06-02 01:08 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.12 石橋 The 2nd Dive
a0013160_08541505.jpg
          イチゴの味がしそう

Site 石橋ビーチ
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 17℃
Entry 11:47
Exit 12:28
Dive Time 41min.

がさごそしながら、のんびりダイビング。
水温は低いけど、透明度は高く、南の島のような青い世界でした。
by diver813 | 2017-05-12 08:55 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#468 シロボンボンウミウシ
a0013160_23520093.jpg
【和名】 シロボンボンウミウシ
【学名】 Gymnodoris sp. 1
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 キヌハダウミウシ科
【体長】 6cm
【撮影地】 奄美 水深25m
【特徴】
体は厚みがあ小判型。体表に球状の突起が散在する。体色は半透明の白色で、触覚、突起の先端と二次鰓の軸は白色。キヌハダウミウシ属最大で130mmに達する。
【生態】
中部太平洋・西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、イロウミウシ属を捕食する。
【ひとこと】
春の珊瑚礁で見かけるウミウシ。やわらかな印象の姿とは裏腹に、食欲旺盛にウミウシを食べまくります。そのためイロウミウシ属が多い場所に生息しますが、あっという間に食べつくし、周りからウミウシがいなくなってしまいます。ウミウシがいるはずの場所で、ある日突然見かけなくなったら、こいつがいるかもしれません。

by diver813 | 2017-05-09 23:53 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive
a0013160_22263081.jpg
          ウミウシ祭り


Site 奄美大島 前肥田ビーチ
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 20℃
Entry 10:14
Exit 11:17
Dive Time 63min.

水草が豊かなビーチを散策。
ウミウシが見え始めたら、ウミウシしか見えなくなったようで、後で写真を確認したら、ウミウシしか撮っていませんでした。
トップの写真はノウメア・ワリアンス。

a0013160_2227463.jpgレンゲウミウシ




a0013160_22273334.jpgチドリミドリガイ




a0013160_22275546.jpgマダライロウミウシ




a0013160_2228155.jpgスミゾメミノウミウシ
by diver813 | 2011-03-13 22:29 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#460 レモンウミウシ
a0013160_0141641.jpg
【和名】 レモンウミウシ
【学名】 Notodoris citrina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 センヒメウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は厚みがあり円筒形。鰓の前方は瘤状に膨れる。体色は鮮やかな黄色で、微細な暗色斑が蜜布する。卵塊は体色と同じく黄色。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁域に生息し、黄色のカイメンを捕食する。
【ひとこと】
鮮やかなレモンイエローのウミウシですが、ぱっと見がカイメンそっくりなので、黄色いカイメンに乗っている時はもちろん、単独でいても見逃してしまいがち。細長い黄色いカイメンがいたら、疑ってみましょう。カイメンのように細かい穴がたくさん開いているように見えますが、実は模様です。
by diver813 | 2010-10-05 00:15 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2009.09 奄美 The 5th day The 1st Dive
a0013160_0232616.jpg
          このための擬態だったの?


Site 奄美大島 龍神
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 9:04
Exit 9:42
Dive Time 38min.

再び龍神へ。
リーフの中ではいろいろ会えることがわかっている龍神、リーフの外ではカマスの群れなども出会えることがわかりました。
その中でクロナマコに付くコイボウミウシを発見。
クロナマコに着いていると見事な擬態な気がしますが、クロナマコに着いているのを見るのははじめて。
たぶん偶然だろうなぁ。

a0013160_0234629.jpg
カマスの群れ
by diver813 | 2010-04-23 00:25 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.09 奄美 The 3nd day The 1st Dive
a0013160_23404825.jpg
          龍神が通りますよ


Site 奄美大島 龍神
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 27℃
Entry 9:42
Exit 10:22
Dive Time 23.7min.

2年前に開拓した龍神にやってきました。
大体場所は同じだったのですが、前回みたいにシャコ2種に会えたりはしませんでした。
でも、もうすこしじっくり探せば、何か見つかりそうな気がします。
by diver813 | 2010-04-12 23:41 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.09 奄美 The 2nd day The 1st Dive
a0013160_2394864.jpg
          もぞぞぞぞ。


Site 奄美大島 前肥田ビーチ
Maximum Depth  10.6m
Water Temperature 29℃
Entry 11:57
Exit 12:36
Dive Time 29min.

今日は湾内にも結構波が入ってきていたので、体験に同行して、好き勝手に遊んでいました。
リーフエッジにほどよい根があったので、ガサゴソしていると、クリーニング中のヘリゴイシウツボを発見。
じっと粘っていたのですが、透明度がわるかったり、ストロボがうまく合わなかったリで、結局いい写真はとれませんでした。
残念。
by diver813 | 2010-04-07 23:10 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.08 安良里 The 1st Dive
a0013160_23502210.jpg
          ゆらめく海の地図Lv.87を手に入れた


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  18.3m
Water Temperature 20℃
Entry 10:28
Exit 11:19
Dive Time 51min.

ビーチポイントを売りにしているサービスでは、毎朝先に現地調査をしてくれていて、どこに何がいるかの地図を作ってくれています。
その情報を元に潜るのですが、似たような目標物があって勘違いしたり、目標物を見落としたり、ひとつ間違えると、見当はずれのところで宝探しをすることになります。
今回はまさにそのパターン。
どこで間違えたか、いつもすんなり辿り付ける目標の大岩が全く見当たらず、結局見つけたのは青宝箱ひとつでした。

a0013160_23511048.jpg
青宝箱
by diver813 | 2009-08-23 23:51 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#450 フジナミウミウシ
a0013160_0131271.jpg
【和名】 フジナミウミウシ
【学名】 Chromodoris fidelis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 7mm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長い楕円形。体色は地色が橙色で、背面に正中線を中心に波型に縁取られた白色斑がはいる。
【生態】
静岡県以南の西部太平洋・インド洋に分布。穏やかな岩礁域に生息し、岩に付着するカイメンや藻類を食べる。
【ひとこと】
白とオレンジ色のコントラストが美しい、小さなウミウシ。背中の白い模様の入り方は様々で、背中一面が白いような個体もいます。南西諸島では1cm以下の小さい個体が多いのですが、伊豆では3cmほどの大きな個体が見れることもあります。
by diver813 | 2009-06-26 00:13 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)