The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:アナゴ ( 5 ) タグの人気記事
2010.09 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_23463700.jpg
          にゅっ

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 25℃
Entry 12:49
Exit 13:36
Dive Time 47min.

二本目、おいしいそうな魚たちを眺めていたら、あまり写真を撮らずに時間が過ぎていました。
by diver813 | 2017-05-09 23:49 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.10 Zamami The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0111838.jpg
          にょろり


Site 座間味島 嘉比前
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 22℃
Entry 14:59
Exit 15;42
Dive Time 43min.

3本目はウミウシ狩りもしつつ、ヤシャハゼとかガーデンイールなどを観察。
ガーデンイールの観察も、たっぷり時間をもらったのですが、結局ストロボが届くか届かないかぎりぎりのところまで寄るのがやっと。
必要以上に強い警戒心も生き残る術なのでしょう。腹立たしい。
動画は撮れましたが全身を撮影するという野望は、今回も叶いませんでした。
そんなこんなで楽しんでいたら、帰りには流れが出てきて、意図せずドリフトダイブを楽しめました。

ガーデンイール動画
by diver813 | 2009-06-16 00:10 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 3rd Dive
a0013160_23193847.jpg
        ニョロニョロ


Site 座間味島 唐馬No.2
Maximum Depth  17.5m
Water Temperature 23℃
Entry 13:13
Exit 14:06
Dive Time 53min.


砂地に小さな根が点在しているポイント。
根にはサンゴを住処にしているテバスズメダイの群れが踊り、周りの砂地にはナマコやヒトデなどと、ちょっと変わったウミテングなどが転がっていました。
by diver813 | 2007-06-18 23:21 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#083 マアナゴ
a0013160_0255739.jpg
【和名】 マアナゴ
【学名】 Conger myriaster
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ウナギ目 アナゴ科
【体長】 70cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は細長く、尾端部は適度に細い。白点は側線各孔及び、背鰭の下方に一列、頭部にも密布される。鱗、腹鰭がはない。背鰭始部は胸鰭先端より後ろにある。
【生態】
北海道以南、朝鮮半島、東海岸の沿岸の砂泥底に生息。夜行性で、魚類や多毛類、甲殻類を捕食すする。
【ひとこと】
珍しく、白昼堂々と泳いでました。幼魚はシラスといっしょに、たくさん混穫されてしまうらしい。ちょっともったいない。大きくなったら、すしとか天ぷらになるのに・・・。個人的には煮たあと、軽く炙った、香ばしくやわらかいアナゴが好き。㌔2200円。
by diver813 | 2004-07-30 00:27 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#051 クロアナゴ
a0013160_125953.jpg
【和名】 クロアナゴ
【学名】 Conger japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ウナギ目 アナゴ科
【体長】 100cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
頭部の白点がまばらであり、側線の白点はないか、不明瞭であることから、マアナゴと区別できる。胸鰭先端より後ろに背鰭がある。
【生態】
南日本、朝鮮半島の岩礁域に生息。夜行性で、昼間は岩の裂け目などに潜む。
【ひとこと】
すみません、イタチウオと間違えていました。今後も間違いに気づいた方は、ご指摘ください。
専らマアナゴに比べて不味いという評判だけど、食べた人の感想は「結構いける」そうです。ノレソレはアナゴ類の幼魚。
by diver813 | 2004-06-14 10:01 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)