The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
タグ:アジ ( 19 ) タグの人気記事
2011.09 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_20173124.jpg
          ゴゴゴゴゴゴゴ

Site 奄美 ミドリヤ
Maximum Depth  12.2m
Water Temperature 28℃
Entry 15:04
Exit 15:55
Dive Time 51min.

穏やかな湾内で生き物の観察
根の主のアザハタさんはカレイの真似をしているのか、横になっていました。

a0013160_20173001.jpg横になったアザハタ
by diver813 | 2017-05-24 22:15 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.09 奄美 The 7th day The Last Dive
a0013160_1352434.jpg
          最後は三ツ瀬


Site 奄美大島 三ツ瀬 かくれ根
Maximum Depth  52.9m
Water Temperature 28℃
Entry 14:49
Exit 15:16
Dive Time 27min.

今回の奄美、最後のダイビングは三ツ瀬。
一気に50mまで駆け下りて、後は浅いところで減圧。
天気はいいし、魚もわんさかいますが、何分深いので光量不足。
こういうダイナミックなポイントでは、無理に写真を撮ろうとせずに、思う存分探検を楽しむのが正解かもしれません。
by diver813 | 2010-07-07 01:35 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.09 奄美 The 7th day The 2nd Dive
a0013160_0555141.jpg
          鳥肌が立ちました


Site 奄美大島 トンバラ
Maximum Depth  31.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:00
Exit 11:25
Dive Time 25min.

奄美には、何度か来ていますが、やっとトンバラに連れて行ってもらえました。
トンバラは奄美大島の北端のちょっと北にある切り立った岩場で、奄美大島最高レベルの外洋ポイント。
ちなみに徳之島のトンバラとは違う場所です。
魚影もすごいし、地形もすごいし、流れもすごい、その場にいるだけで気持ちよすぎておかしくなってしまいます。
本当に手が届きそうなところを、ロウニンアジとか、イソマグロやツムブリの群れが通って行くんです。
シャッターチャンスはいくらでもありましたが、カメラを覗いていること自体、勿体無かったので、数枚撮った程度で、ほとんど肉眼で楽しんでいました。
5年に1回あるかないかの極上ダイビング、ごちそうさまでした。
by diver813 | 2010-06-04 00:59 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#441 ツムブリ
a0013160_2131298.jpg

【和名】 ツムブリ
【学名】 Elagatis bipinnulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 アジ科
【体長】 60cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は細長い紡錘型で吻が尖る。体色は背側が青緑色で、腹側は白色~黄色。体側に2本の細い明青色縦帯が入る。
【生態】
伊豆半島以南、全世界の温帯~熱帯域に分布。潮通しの良い沿岸~沖合いに生息し、表層で群れを形成する。浮遊性甲殻類を食べる。
【ひとこと】
スマートな体型の通り、なかなかのハイスピードで泳ぎます。2本の青い縦帯がその速さをいっそう強調していてかっこいい。英語ではRainbow runnerと呼ばれています。ツムブリのツムは紡錘。糸巻き型の体型が由来です。あまり流通しませんが、なかな美味しい魚です。
by diver813 | 2009-04-22 02:15 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_0415772.jpg
          追いかけたいけど・・・


Site 城島 先端
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 21℃
Entry 14:23
Exit 15:08
Dive Time 45min.

ポイント開拓のために、城島の先端でドリフトダイビング。
エントリーしてすぐにクジラの歌が聞こえました。
かなり近かったので、目を凝らしていましたが、残念ながら姿は見えず。
でも、海の中はダイナミックで、すごい数のカスミチョウチョウウオに囲まれたり、足元を見ると綺麗なヒラムシがいたり、なかなか楽しかったです。
最後の最後、安全停止をしながら沖出ししているところで、ツムブリが周りを回っていましたが、さすがに追いかけるのは諦めました。

a0013160_042942.jpg
ヒラムシ
by diver813 | 2008-04-18 00:45 | Diving Log | Comments(2)
2007.07 Amami The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_1195576.jpg
        海水浴客の足下だけど・・・


Site 奄美大島 土盛海岸
Maximum Depth  4.4m
Water Temperature 28℃
Entry 11:40
Exit 12:30
Dive Time 48min.

2本目は体験に付き合ってビーチダイビング。
ビーチの魚たちはとっても人に馴れていて、進んで被写体になってくれました。
こういう明るい浅い海でのんびりするのもなかなかいいものです。
透明度が少し悪かったのは残念でしたけど。
by diver813 | 2007-09-10 01:20 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.07 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_22494517.jpg
        じろり


Site 奄美大島 平瀬
Maximum Depth  17.1m
Water Temperature 27℃
Entry 10:50
Exit 11:27
Dive Time 37min.

2本目は今回も一緒に遊んでくれたOkiさんおすすめの平瀬。
外洋のポイント、気持ちよい流れの中、濃い魚影を見ながら水中散歩を楽しみました。
カメラに向かって突進してくる写りたがりのウミヘビや、かわいいアカホシサンゴガニのペアに会えて大満足でした。
Okiさんの記事 7/21 平瀬
by diver813 | 2007-08-27 22:54 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0255355.jpg
        一匹だけサイズが違うんですけど・・・


Site 粟国島 筆ん崎 3→2ノ根
Maximum Depth  18.4m
Water Temperature 21℃
Entry 13:59
Exit 14:40
Dive Time 41min.


3本目はギンガメ玉目当てではありませんでしたが、見事にトルネードを巻くギンガメ玉に遭遇。しかも、一匹のロウニンアジがまとわり付いていて、なかなか面白い光景でした。
その後、渦巻くイソマグロ玉(動画)を発見。
ひとつ所に留まって渦巻くイソマグロを見たのははじめて。
かなり近寄れたし、いいもの見さしてもらいました。
by diver813 | 2007-06-05 00:30 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_1212237.jpg
          どこを見てるの?


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 22℃
Entry 11:46
Exit 12:27
Dive Time 41min.


2本目は海の上からギンガメの群れを探し、船を群れに横付けして潜りました。
1本目で見れなかった反動で、ずっとギンガメ玉を追いかけるダイビングでした。
個人的にはいろんな生き物を見たいから、ちょっと退屈。
寒かったし。
でも、みんなギンガメ目当てだから仕方ないよね。
by diver813 | 2007-05-22 01:21 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2006.04-05 Okinawa The 5th Day The 3rd Dive
a0013160_034184.jpg
          やっと出た


Site 粟国島 筆ん崎 3ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 26℃
Entry 14:54
Exit 15:33
Dive Time 39min.

3本目も懲りずに筆ん崎。
エントリー早々出会ったのはホソカマスの群れ
で、群れを追いかけていると、アカウミガメが出てきました
こういう時は会いたい生き物に会えるもの。
程なくすると、トルネードを巻いたギンガメ玉に遭遇
しばらく外から観察していましたが、ガイドさんから「行っていいよ」という合図があったので群れに突っ込んで、追い立てて、捕食者気分を味わいました。
一斉に逃げる群れは、まるでひとつの生き物のようでした。
あー楽しかった。
でも、ギンガメアジに会えたのはうちのチームだけだったので、帰りの船も、ログ付けの時も、ギンガメの話は禁句でした。
by diver813 | 2006-06-01 00:46 | Diving Log | Trackback | Comments(5)