The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#002 モンハナシャコ
a0013160_135112.jpg
【和名】 モンハナシャコ
【学名】 Odontodactylus scyllarus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 ハナシャコ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
ハナシャコ科。 体色鮮やかな黄色、紫褐色、緑色。背甲の側部に大黒紋が網目。捕脚は赤、中央に白い虫食い模様。眼柄や触角の基部は青。腹節の関節は赤。尾部の付属肢は中央~先端が藍色。
【生態】
相模湾以南、台湾、東南アジア、ミクロネシア、インド洋の珊瑚礁、水深の浅い場所に生息。二枚貝の殻を割って食べる。通常は左右の眼を別々に動かし、餌を探す、警戒をするなどしている。強制な前足で攻撃を行う時には両眼で距離を測り攻撃する(複眼に並ぶ一列の筋の部分の視力が特にいいらしい)。
【ひとこと】
ちなみにシャコパンチで大学の飼育室にあったガラス水槽を割ったことがある。漢字では紋花青竜蝦と書くらしい。
# by diver813 | 2004-04-08 22:38 | 海洋生物図鑑
#001 だいばー
a0013160_183930.jpg
【和名】 ヒト
【学名】 Homo sapiens
【分類】 動物界 脊索動物門 哺乳綱 霊長目 ヒト科
【体長】 170.5cm
【撮影地】 パラオ 水深0m
【特徴】
サラリーマンの一種。 体色は季節によって変化する。夏は迷彩色。冬は黒。口が大きく、拳が入る。唇は厚く口角が上がる。腰に非常に大型のダイビングナイフを下げる。
【生態】
東京の水深0m以浅に生息。大学期は沖縄で過ごし海洋学を学ぶ(専攻は海洋生物)。ダイビング歴は21年、ランクはDM。潜水士でもある。日本海洋学会会員。
# by diver813 | 2004-04-08 21:40 | 海洋生物図鑑
2004.04 Philippine The 2nd Day The 4th Dive
a0013160_17947.jpg
          サワルナ!


Site マイニット
Maximum Depth  33.6m
Water Temperature 27℃
Entry 16:45
Exit 17:19
Dive Time 34min.

朝の流れと魚影の濃さ・そして珊瑚の綺麗さに魅せられて再びマイニット。
しか~し、いざエントリーしてみると、流れはなし。ちぇ。
でもバラクーダやホワイトチップなどの大物も登場。
ハリセンボンも遊んでくれた。
夕方の珊瑚が淡い蛍光色を放って綺麗だった。
# by diver813 | 2004-04-08 10:06 | Diving Log
2004.04 Philippine The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_163726.jpg
          狂乱するベラとチョウチョウウオ


Site バフラ
Maximum Depth  28.1m
Water Temperature 29℃
Entry 14:00
Exit 14:41
Dive Time 41min.

ここも魚影がすごい。
特にハナダイの多さには圧倒される。まるで水族館。
途中、ベラとチョウチョウウオが狂乱している場所に遭遇。
水の中で思わず。
「何だこりゃあ」
と声を上げてしまったほど凄い光景だった。
# by diver813 | 2004-04-08 09:38 | Diving Log
2004.04 Philippine The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_201238.jpg
          魚影が濃い!


Site マイニット
Maximum Depth  25.5m
Water Temperature 27℃
Entry 10:50
Exit 11:34

2本目はボートで20分ほどのマイニット
珊瑚がものすごく綺麗!
魚影も濃い。渋谷のハチ公前交差点ぐらい。
でも流れがあってじっとしてはいられない。
もっとじっくり見たいのに。
バラクーダの群れにも会えた。
そして再度チャレンジしたデジカメのハウジング、今回は水没せず。これで次から写真が撮れる!
だいぶ流されたので、浮上した後、船になかなか見つけてもらえなかった。
もう少しで遭難?
# by diver813 | 2004-04-08 09:00 | Diving Log
2004.04 Philippine The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_154837.jpg
          砂の色は伊豆に似ている


Site アニラオビーチ
Maximum Depth  21.3m
Water Temperature 27℃
Entry 7:36
Exit 8:17
Dive Time 41min.

まずは早朝ビーチダイブ。
水深20mの地点にヘリコプターと車などが沈められ漁礁になっている。
他の場所は砂地もしくはゴロタ。
運がいいとオナガザメにも会えるらしい。
転がっているナマコの肛門に空気を入れたらナマコカクレウオが出てきてびっくり。
オニヒトデも2枚退治する。
新しく購入したデジカメ用ハウジングにティッシュを詰めてチェック。
しかし、見事に水没。あわわわ。
# by diver813 | 2004-04-08 08:49 | Diving Log
2004.04 Philippine The 1st Day
a0013160_12508.jpg
          サンビームマリンスポーツはとても綺麗


成田からフィリピンエアーでマニラへ。
ホーリーウィークが近いこともあって、機内は満席。ほとんどがフィリピン人。しかも子連れが多く、かなり騒々しい。
隣の席も幼児をひざに乗せたおとうさんで、子供の足がガンガン当たってきてなかなか眠れない。靴は履かせたままだし。さすがに靴を脱がせるように頼んだけど・・・
さらにカーゴハッチの故障で飛行機の出発は1時間遅れ。結局3時間半で着く所が4時間半かかってしまった。
入国は意外とスムーズ。でも、荷物が出てこない。やっと送迎車に乗って、マニラの渋滞・悪路を乗り越え、目的地アニラオの「サンビームマリンスポーツ」に到着したのは4時間後の夜8時だった。
長旅だったけど、サンビームのスタッフはサービスもよく、施設も綺麗、そして明日からの海への期待から疲れはいつのまにか忘れてしまった。
# by diver813 | 2004-04-08 07:51 | Diving Log