The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
ヒラメの刺身
a0013160_205142.jpg
潜りに行った時に、船を出してくれる船長から、たまにヒラメをいただくんです。
取れたてをその場で食べるのも、歯ごたえを楽しめていいのですが、個人的には2晩寝かせて、旨みが出たところで食べるのが好き。
5枚におろして、縁側と身の半分は醤油とわさびで食べ、残りの半身は塩とレモンで食べる。アラも煮付けか潮汁にしてちゃんと成仏させる。
一番幅広で分厚い裏側の腹側の縁側はやみつきになります。
ハマり過ぎて、鎌倉の正宗孫刀剣鍛冶綱廣まで、包丁を買いに行ったほどです。バカです。

あなたの自慢の手料理は?
# by diver813 | 2004-05-19 09:52 | Trackback | Trackback | Comments(7)
#032 ミズガメカイメン
a0013160_112038.jpg
【和名】 ミズガメカイメン
【学名】 Xestospongia testudinaria
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿綱 岩海綿目 イワカイメン科
【直径】 100cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
つぼ状の大型のカイメン。開口部が大きく、側面には縦に走る大きなひだがある。質は密で硬くもろい。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に生息。側面から海水を吸収し、開口部から放出する。その際に有機物をこし取る。1日の数10トンもの海水をろ過し、これによる水流の発生などから、色々な生物の宿主になっている。
【ひとこと】
カイメンは単細胞から多細胞に進化した最初の動物といわれていて、細胞単位でばらばらにこわしても、しばらくすると集合して、もとに戻る。中で魚とかが休んでいたりする。この写真でもホンソメワケベラが一匹。ピンクスクワットロブスターが隠れていることがあるけど、見つけるのは難しい。太陽と反対側、下側のひだの間を探すのがコツ。
# by diver813 | 2004-05-18 09:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#031 キンギョハナダイ
a0013160_1545.jpg
【和名】 キンギョハナダイ
【学名】 Pseudanthias squamipinnis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 11cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
幼魚・及びメスはオレンジ色。雄はやや大きく、赤みを帯び、胸鰭の先に赤い斑紋が入り、体側にある黄色の小斑は連ならない。背鰭第3棘が糸状に伸びる。地理的な色彩変異がある。
【生態】
本州中部以内の西部太平洋、インド洋、紅海の珊瑚礁域、水深50m以浅に生息。雄は縄張りを持ち、数匹の雄と、多数の雌で構成される、ハーレムを作る。雌から雄へ性転換する。
【ひとこと】
ハナダイの仲間が群れていると、海の中が、ぱあっと明るくなる。雄のほうが派手だけど、個人的には雌のほうが好き。よく観察していると雄が雌にディスプレイしてるところが見れるかも。
# by diver813 | 2004-05-17 22:05 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#030 ジュズダマイソギンチャク
a0013160_114549.jpg
【和名】 ジュズダマイソギンチャク
【学名】 Ixalactis simplex
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ハタゴイソギンチャク科
【直径】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
口盤が著しく広がり、周辺が大きく波打つ。触手は長く数珠状で、横縞が入る。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋・インド洋の浅海に生息。砂礫底に開く。プランクトンなどの有機物を捕食するとともに、内部共生する褐虫藻から栄養を摂取する。クマノミの幼魚の宿主。
【ひとこと】
見た目地味な色だし、ボコボコしているのであまり綺麗とは言えない。でも、入っているクマノミは小さくてかわいい。大人になったら出て行ってしまうのは、狭いからか?触手が密生していないから、エビとかも探しやすい。
# by diver813 | 2004-05-16 11:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#029 チョウチョウコショウダイ(幼魚)
a0013160_143255.jpg
【和名】 チョウチョウコショウダイ(幼魚)
【学名】 Plectorhinchus chaetodonoides (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イサキ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
幼魚は茶色の地に大きな白の水玉模様。成魚の体長は約50cm、体は楕円形でやや側扁する。口は小さく、唇が厚い。背側は薄黄色の地に黒の豹柄模様。腹部は白い。
【生態】
西部太平洋、インド洋の珊瑚礁域に生息。幼魚は体を大きくくねらせて泳ぐ。夜行性。肉食。
【ひとこと】
幼魚は水玉模様と大きな鰭の姿だけでもかわいいけど、頭をしたにしてくねくね・ひらいら泳がれると、もうたまらない。すっご~くかわいい。なんで小さい頃はこんなにかわいいのに、大きくなると豹柄になっちゃうんだろう?名前は子供の姿からつけられたに違いない。
# by diver813 | 2004-05-14 10:34 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#028 マンジュウヒトデ
a0013160_141539.jpg
【和名】 マンジュウヒトデ
【学名】 Culcita novaeguineae
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 コブヒトデ科
【直径】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
大型のヒトデで腕がなく肉厚。幼体にはイトマキヒトデのような腕がある。白い地に褐色の模様が入る個体が多いが、体色の変化が激しく、個体により模様も異なる。
【生態】
屋久島以南の熱帯・亜熱帯の珊瑚礁域に生息。サンゴのポリプを捕食する。
【ひとこと】
ヒトデらしくないその形から、別名海箱、英語ではCushion Starとも呼ばれてる。でも、微妙に5角形だし、模様もちゃんと5回対称。岩の隙間に入っているときはボコボコだけど。ヒトデヤドリエビをはじめとして、いろんな生き物の宿主になっているから、そっとひっくり返すとおもしろい。
# by diver813 | 2004-05-13 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
2004.04 Philippine The Last Day
a0013160_122617.jpg
          やはりタダでは帰れない


とうとう最終日、今日は帰るだけ。マニラ空港は出国手続きに凄く時間がかかるので、早めに出発。
パラオでは椰子の実がツアー参加者の頭を直撃したり、インストラクターが食中毒になったり、イギリスではレンタカーが故障して動けなくなったり、香港では往路のエアポートエクスプレスの中に友人が財布を忘れたり、海外旅行では必ずといっていいほどトラブルが起こる。
でも今回は、ジプニーの乗り換えなどはあったものの、いつもよりトラブルが少なく、
「よかったねー、まさかこの後なんか起こらないよね・・・」
なんて話をしながら、高速道路を走っていた。すると突然
「ぱきん」
という乾いた音がして、後ろから何か破片が飛んできた。
見ると右後ろのガラスが割れている。
「大丈夫?」
「撃たれた?」
「broken!」
「飛び石か?」
色んな言葉が飛び交う。
たまたまこの時、携帯でムービーを録画していたので確認したが、周囲を走っている車はない。
でも、割れ方を見ると、撃たれたということでもなさそうだ。
結局どこから何が飛んできたのかはわからずじまい。
高速を降りたところで、警察に事故証明?みたいなものを書いてもらったりで時間を費やし、結局空港についたのはギリギリのタイミング。
まあ、面白いムービーがとれたからよしとしよう。
# by diver813 | 2004-05-13 22:27 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#027 オヤビッチャ
a0013160_112239.jpg
【和名】 オヤビッチャ
【学名】 Abudefduf vaigiensis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体色は白色で、5本の黒い横縞があり、背中側は黄色。繁殖期の雄は青みがかる。また、夜には体色が黒く変化する。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋、インド洋の珊瑚礁域に生息。幼魚はタイドプールや流れ藻につく。雑食性であり、プランクトンや藻類を食べる。夏には温帯でも見られるが、これは海流に運ばれた個体であり、越冬できない死滅回遊魚。
【ひとこと】
本当はかわいい魚なんだけど、めずらしく、ガラの悪い顔が撮れたので、この写真にしてみました。本当は後ろに写っているように綺麗な魚です。餌付けするとすぐ集まってくる食いしん坊。こんなカラフルな魚でも沖縄では食用です。
# by diver813 | 2004-05-12 09:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#026 センジュイソギンチャク
a0013160_135347.jpg
【和名】 センジュイソギンチャク
【学名】 Heteractis magnifica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ハタゴイソギンチャク科
【直径】 60cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
大型のイソギンチャク。触手が密集し口盤は見えない。口盤は広く周縁は波打たない。触手は長く根元から先端までの太さは同じで先端が桃色、紫になる個体もある。体色は白色が多いが、淡い緑、桃、紫など色彩変化が見られる。
【生態】
西部太平洋・インド洋の浅海に生息。触手の中に内部共生する褐虫藻やクロレラから栄養を摂取する。
【ひとこと】
ハタゴイソギンチャクの仲間は「旅籠」というだけあって、色んな生き物の隠れ家になっている。クマノミは宿主とするイソギンチャクの好みがあるけど、このセンジュイソギンチャクは多くのクマノミの宿主になっている。居心地がいいらしい。クマノミがどうしても目立っちゃうけど、小さなエビやカニ、ウミウシも隠れている。
# by diver813 | 2004-05-11 22:53 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#025 スジモヨウフグ
a0013160_194938.jpg
【和名】 スジモヨウフグ
【学名】 Arothron manilensis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 35cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体色は薄茶色で、褐色の縦縞が多数入る。鼻腔にある皮弁は二分する。体に小棘があり、膨らむと棘が起き上がる。
【生態】
水深30m以浅、駿河湾以南の西部太平洋・インド洋に生息。幼魚はマングローブ域など汽水域にも生息する。単独でいることが多く、緩慢。襲われると体を膨らまし棘を立て、飲み込まれないよう防御する。雑食性で海底の動物や藻類を食べる。
【ひとこと】
ハリセンボンとか、こいつとか、膨らむフグはゆっくり泳ぐ。なので捕まえやすい。やさしく捕まえると、ぷく~っとふくらんで、とってもらぶりー。でも、指がなくなるぐらい噛む力が強いので、噛まれないように注意が必要。
# by diver813 | 2004-05-10 23:50 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)