The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#013 アカマツカサ
a0013160_151315.jpg
【和名】 アカマツカサ
【学名】 Myripristis berndri
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
体色が赤く、鱗の淵が濃色であり松毬模様を形成する。鰓蓋の黒帯は胸鰭基部に達しない。背鰭棘条上部は黄色。下顎が突出する。
【生態】
中・西部太平洋、インド洋の珊瑚礁・岩礁域に生息。岩穴や岩棚の下など暗がりに群れ、場所により大きな群れを作る。夜行性で、昼間は暗がりから出ない。
【ひとこと】
近縁種のクロオビマツカサが群れに混ざっていることがあるけど、クロオビマツカサは鱗が細かく、鰓蓋の黒帯が胸鰭まで達するので見分けられます。とにかく暗いところが好き。なので目が大きい。洞窟の天井とかでは逆さまになっているヤツもいたりする。洞窟の中から入り口を見た時の、青い光の中にアカマツカサの大群の影が映る景色は綺麗。
# by diver813 | 2004-04-18 15:14 | 海洋生物図鑑
2004.04 Philippine The 4th Day After Dive
a0013160_22134.jpg
          ジプニーはポップでかわいいけど・・・


ダイビングの後は、お土産探しもかねて、車で1時間ぐらいの町にある市場へ。「ジプニー」という乗り合いバス(のようなもの)を借り切って、いざ、出発。
ところが20分ほど走ったところで、
ガガガガガ・・・
と異音と振動が。乗り出して見てみるとホイールが外れかかってる。運転手さんがレンチで締めなおそうとするけど、時計回りに何回も回る・・・?
ねじ山が馬鹿になっているらしい。
運転手さんにとってはそれが応急処置のつもりらしく、再びゆっくり走りだす。でも
くわーん、くわーん・・・
と状況はまったく変わらない。結局5分ほど走ったところであきらめ、別のジプニーに乗り換え。新しい運転手に
「あのジプニーは大丈夫か?」
と、尋ねると、やはり返事は
「よくあることさ。」
# by diver813 | 2004-04-18 02:22 | Diving Log
#012 オオシャコガイ
a0013160_125238.jpg
【和名】 オオシャコガイ
【学名】 Tridacna gigas
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 シャコガイ科
【殻長】 70cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
世界最大の二枚貝。大きなものは殻長1m、200kgを超える。貝殻の畝は5本。若い個体は足糸があるが、成長すると失われる。殻は完全に閉まらない。外套膜には美しい金属的な光沢をした青緑の縁取りがある。
【生態】
沖縄以南の西太平洋のサンゴ礁、水深20m以浅に生息。外套膜には共生藻が内部共生する。外套膜表面の無数にある単眼で光量、波長を調整し共生藻に届ける太陽を食べる貝。
【ひとこと】
年輪から調べた話では1mほどの個体の年齢は60才ぐらいらしい。食べると海苔の味がするけど、これが共生藻の味じゃないかな?あまり大きいものは大味。20cmぐらいのが美味い。外套膜がぬるぬるすべすべふにゃふにゃで触ると気持ちいい。大きいものなら挟まれる心配はないので安心して触って大丈夫。
# by diver813 | 2004-04-17 12:53 | 海洋生物図鑑
#011 サラサゴンベ
a0013160_13714.jpg
【和名】 サラサゴンベ
【学名】 Cirrhitichthus falco
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 6cm
【撮影地】 フィリピン 水深20m
【特徴】
白地に朱色の斑点が集まってできた倉掛模様がある。胸ビレ下部の6軟条は不分枝。
【生態】
伊豆~フィリピンの水深40m以浅に生息。主に沖縄以南の珊瑚礁域に生息する、夏~秋にかけては海流に乗って伊豆にも現れる。ハーレムを作り、雄同士は闘争する。
【ひとこと】
サンゴの上にちょこんと乗っかっている姿は愛嬌があるが、目つきが悪いのは女好きのせい?カメラ目線が小憎らしい。
# by diver813 | 2004-04-16 21:08 | 海洋生物図鑑
#010 ミドリイシサンゴの一種
a0013160_125730.jpg
【和名】 ミドリイシサンゴの一種
【学名】 Acropora sp.
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
枝状・テーブル状の群体を形成するハードコーラル。流れの速い場所ではテーブル状が多く、流れの遅い場所は枝状が多い。また、光の強さによっても形状が変化する。
【生態】
亜熱帯~熱帯の沿岸、水深20m以浅に生息。1つの群体は分裂により増殖する為同じ遺伝子を持つ。海水中のカルシウムや二酸化炭素など利用し炭酸カルシウムの外骨格を作る。昼間はポリプに内部共生する単細胞の褐虫藻より栄養を摂取し、夜間はポリプでプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
サンゴそのものは植物ではなく動物で、イソギンチャクの親戚。殻を持ったイソギンチャクの集まりと考えればイメージしやすいかも。
満月の夜に、一斉に産卵する幻想的な映像を見て、「きれ~い」と思い、実際産卵を見に行ったことがあるけど、生臭くて幻滅。綺麗だったけどさ。
# by diver813 | 2004-04-15 09:58 | 海洋生物図鑑
#009 ギンガメアジ
a0013160_11944.jpg
【和名】 ギンガメアジ
【学名】 Caranx sexfasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 アジ科
【体長】 60cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は平たく、銀色。尾鰭下葉は黒く、第二背鰭の白色部が特徴。幼魚は体高が高く黒褐色の6本の横帯が見られる。釣り人には「メッキ」の通称がある。
【生態】
中・西部太平洋、インド洋、紅海、東アフリカ沿岸珊瑚礁域の水深100m以浅に生息。潮通しのよい珊瑚礁の縁で大群を形成する。本種は海水魚であるが、河口域にも生息し、河川を上ることもある。
【ひとこと】
シルバーボディーの大群が日の光に輝きながら渦巻く姿は迫力満点。無表情だけど。ゆっくり近づくのがコツ。上手くいけば渦の中に入れるかも。
動画
# by diver813 | 2004-04-14 23:01 | 海洋生物図鑑
#008 カワテブクロ
a0013160_11847.jpg
【和名】 カワテブクロ
【学名】 Choriaster granulatus
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 コブヒトデ科
【直径】 20cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
五本の腕は太く丸みを帯びる。中心部~足の中央部までは赤茶色の模様が入り、足の先端は白い。体表は硬くざらついているが棘はない。
【生態】
熱帯の珊瑚礁域に生息。他のヒトデとは違い、海底の有機物や微生物を主に食べる。ヒトデヤドリエビが寄生していることがある。
【ひとこと】
カワテブクロという命名はなかなかいい。「●●ヒトデ」のような名前じゃないところが素敵。見ても触っても名前を聞いてもほのぼのできるヒトデ。
# by diver813 | 2004-04-13 09:09 | 海洋生物図鑑
#007 カクレクマノミ
a0013160_121051.jpg
【和名】 カクレクマノミ
【学名】 Amphiprion ocellaris
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体色はオレンジ色。体側に3本の白横帯があり、各鰭縁部が黒い。
【生態】
奄美諸島以南の西部大西洋・インド洋に生息。常に宿主となるのはハタゴイソギンチャクやセンジュイソギンチャク。宿主に対する依存度は非常に高い。同じイソギンチャクを利用するグループには体のサイズによって決まる順位関係みられ、そのグループ内で強い2個体のみがペアで繁殖を行う。最も大きく強い方がメス。
【ひとこと】
某映画の影響でカクレクマノミをトイレに放流することが流行っているそうですが、カクレクマノミは海水魚です。淡水では生きられません(っていうかそれ以前の問題だが)。絶対真似しないで下さい。
動画(Quick Time 2.78MB)
# by diver813 | 2004-04-12 23:11 | 海洋生物図鑑
#006 ミズタマサンゴ
a0013160_235412.jpg
【和名】 ミズタマサンゴ
【学名】 Plerogyra sinuosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 チョウジガイ科
【個体直径】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
非常に特徴的な共肉をもった石サンゴ(ハードコーラル)。泡の集まりのようなその形状から、「バブルコーラル」とも呼ばれる。
【生態】
太平洋・インド洋の珊瑚礁に生息。直射日光を嫌いオーバーハングした岩陰などに定着する。有機物の捕食は夜間に行い、日中は共生藻から栄養を摂取している。昼は泡の塊がよせ集まった形だが、夜は泡がしぼみ、代わりに触手が伸る。
【ひとこと】
たまにバブルコーラルシュリンプという透明な体に紫色の脚と触覚を持つ美しいエビが住んでいたりする。見つけると嬉しい。
# by diver813 | 2004-04-11 23:55 | 海洋生物図鑑
#005 ネッタイミノカサゴ
a0013160_153651.jpg
【和名】 ネッタイミノカサゴ
【学名】 Pterois antnnata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 15cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
キミオコゼに似ているが、眼上の皮弁に横縞模様があり襞があることで区別できる。背鰭と胸鰭の棘に毒をもつ。
【生態】
インド洋、中・西部太平洋、東アフリカ沿岸の50M以浅に生息。岩壁などに張り付いていることが多い。刺されると激痛があるが周辺組織の損傷はオコゼほどひどくはない。
【ひとこと】
刺された時は傷口を綺麗に洗って40~50度のお湯につけましょう。
その仕返しに食べてもおいしいです。白身なのでから揚げとかがよい。好物。
# by diver813 | 2004-04-11 11:48 | 海洋生物図鑑