The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2009.09 奄美 The 6th day The 3rd Dive
a0013160_0413261.jpg
          カムフラージュ率高いなぁ


Site 奄美大島 空港北
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 15:25
Exit 16:03
Dive Time 38min.

空港の真北のポイント。
アンカーをかけたすぐ隣に、写真のオニダルマオコゼが。
気づかずに手を着くと大変なことになります。
顔っぽい形の岩には注意しましょう。

a0013160_0415053.jpg
どこにいるかわからない人はこちらを。
# by diver813 | 2010-05-19 00:42 | Diving Log
#047 ヒメジ(追記)

【和名】 ヒメジ
【学名】 Upeneus japonicus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヒメジ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は紡錘形で、下あごから黄色い髭が2本伸びる。赤い斑模様があり、昼は体色が薄く、夜間は濃い。
【生態】
日本各地、200m以浅の砂泥底に生息。下顎ににある一対の髭には味蕾があり、これで砂中の餌を探す。
【ひとこと】
せっせとヒゲを交互に動かして、えさを探している様子がわかります。どうやらヒゲでえさを探す前に、口から水を吐き出して、砂を巻き上げているようにも見えます。ゆったりと泳ぐときは胸鰭を主に使っていますね。

#047 ヒメジ
# by diver813 | 2010-05-14 01:41 | 海洋生物図鑑(追記)
2009.09 奄美 The 6th day The 2nd Dive
a0013160_22371719.jpg
          ぴきーっ!


Site 奄美大島 大瀬
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 28℃
Entry 11:44
Exit 12:19
Dive Time 35min.

空港からちょっとだけ北に行ったポイント。
リーフの端には、ぽっかり穴があいていたり、地形もなかなか楽しめるポイント。
洞窟に差し込む光はなかなか幻想的でした。

a0013160_22373988.jpg
洞窟
# by diver813 | 2010-05-10 22:38 | Diving Log
二十歳になりました。
a0013160_23302724.jpg

本日、ダイビング暦(OW認定から)20年になりました。
結構な年月ですね20年って。
思い返すと、いろんな海に出会えました。
そして、これからもいろんな海に出会えるはず。
のんびりですが、ちょっとずつですが、体と海が許してくれる限り、続けていくつもりです。
# by diver813 | 2010-05-06 23:41
#061 キタマクラ(追記)

【和名】 キタマクラ
【学名】 Canthigaster rivulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 フグ科
【体長】 12cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
背側が茶色で、腹側が白く、側面に2本の黒縦帯が入る。眼が瑠璃色に光る。雄は繁殖期に、青い網目模様の婚姻色が出る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋の水深100m以浅に分布。岩礁やサンゴ礁に生息する。 雑食性で、海藻、貝、甲殻類などを食べる。皮膚に強い毒を持ち、肝臓と腸にも毒がある。身と卵巣は無毒。
【ひとこと】
以前紹介した生物も、もっとわかりやすい写真が撮れたり、ハイスピードムービーが撮れたりできるようになったので、追記という形で紹介することにしてみました。こうしてハイスピードムービーで見てみると、キタマクラは尾びれは使わず、胸鰭・背鰭・臀鰭で泳いでいることがよくわかります。

#061 キタマクラ
# by diver813 | 2010-05-03 20:16 | 海洋生物図鑑(追記)
2009.09 奄美 The 6th day The 1st Dive
a0013160_0253128.jpg
          何ダ、コラ!


Site 奄美大島 マキスミ
Maximum Depth  17.6m
Water Temperature 28℃
Entry 9:19
Exit 9:56
Dive Time 37min.

天候も海況もばっちりで、極上ダイビング。
小さな根はなんとも美しく、砂地を渡るハリセンボンもいい絵になります。
知人も合流し、思う存分奄美の海を満喫しました。

a0013160_029665.jpg




a0013160_0292790.jpg
ツイテクルナ!
# by diver813 | 2010-04-30 00:29 | Diving Log
2009.09 奄美 The 5th day The 3rd Dive
a0013160_084173.jpg
          ついー


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 28℃
Entry 15:16
Exit 15:46
Dive Time 30min.

海の中は少し暗かったのですが、白い砂地が広がる綺麗な海に、グルクンの群れが回ってきたり、ウミガメが遊んでくれたりの楽しいダイビングでした。
# by diver813 | 2010-04-29 23:09 | Diving Log
#458 ヒメイソギンチャクエビ
a0013160_0342944.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャクエビ
【学名】 Hamopontontonia corallicola
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
第1、第2胸脚が鋏脚となり、額角に関節はない。体は透明で歩脚には茶褐色の小斑が散在し、尾柄に斑紋は入らない。
【生態】
伊豆半島以南からオーストラリア北部までの西部太平洋に分布、岩礁域・珊瑚礁域に生息するイソギンチャクや大型のポリプを持つサンゴに共生する。
【ひとこと】
イソギンチャクエビに似ていますが、尾柄に斑紋が入らないことで見分けることができます。それに、本種のほうがズングリムックリな体をしています。また、イソギンチャクエビと違って一部のイソギンチャクに限らず、ハナガササンゴ類や触手が長いクサビライシ類を宿主としています。

a0013160_03598.jpg
横から見た姿
# by diver813 | 2010-04-28 00:35 | 海洋生物図鑑
2009.09 奄美 The 5th day The 2nd Dive
a0013160_0292136.jpg
          待チヤガレ


Site 奄美大島 フナバシ
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 11:38
Exit 12:25
Dive Time 47min.

サンゴのリーフと、白い砂地が広がるリゾートらしいポイント。
和菓子のようなキスジカンテンウミウシをじっくり愛でたり、なぜかウミヘビにおいかけられたり、ゆっくりのんびり楽しんだ・・・
記憶があるのですが、ログブックに"Rescue"の文字が。
何(誰)?を、どうやって助けたんだっけ?

a0013160_0293761.jpg
まるで氷菓子
# by diver813 | 2010-04-27 00:30 | Diving Log
2009.09 奄美 The 5th day The 1st Dive
a0013160_0232616.jpg
          このための擬態だったの?


Site 奄美大島 龍神
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 28℃
Entry 9:04
Exit 9:42
Dive Time 38min.

再び龍神へ。
リーフの中ではいろいろ会えることがわかっている龍神、リーフの外ではカマスの群れなども出会えることがわかりました。
その中でクロナマコに付くコイボウミウシを発見。
クロナマコに着いていると見事な擬態な気がしますが、クロナマコに着いているのを見るのははじめて。
たぶん偶然だろうなぁ。

a0013160_0234629.jpg
カマスの群れ
# by diver813 | 2010-04-23 00:25 | Diving Log