The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
2010.04 奄美 The 1st day The 1st Dive
a0013160_0275229.jpg
          ア゛ーーーッ!


Site 奄美大島 五円玉
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 20℃
Entry 13:46
Exit 14:28
Dive Time 42min.

太平洋側らしく透明度が高い、アカヒメジ渦巻く奄美空港近くの漁礁ポイント。
名物のツバメウオの大群は見れませんでしたが、とっても気持ちいいダイビングでした。

a0013160_0281317.jpg
渦巻くアカヒメジ



a0013160_0283972.jpg
漁礁
# by diver813 | 2010-09-29 00:29 | Diving Log
2010.03 熱海 The 2nd Dive
a0013160_0352414.jpg
          水没は寒くて涙が出るよね


Site 熱海 ソウダイ根
Maximum Depth  28.8m
Water Temperature 14℃
Entry 12:50
Exit 13:20
Dive Time 30min.

2本目、ガムテープで補修したドライスーツで再チャレンジ。
寒いのは気のせいか・・・
と、疑いながら潜っていたら、ダイビングの記憶もなく、撮った写真も数枚。
結局ドライスーツを脱いでみたら、たんまり水没してました。
さて、10年使ったドライスーツ、修理を試みるか、それとも引退させてやるべきか・・・・
# by diver813 | 2010-09-28 00:35 | Diving Log
2010.03 熱海 The 1st Dive
a0013160_0363271.jpg
          だいぶ朽ちてきた


Site 熱海 沈船~ヒタガ根
Maximum Depth  28.6m
Water Temperature 14℃
Entry 9:38
Exit 10:28
Dive Time 30min.

久しぶりに熱海の沈船。
台風やらなんやらで、外壁が剥がれたり、ずいぶんと様子が変わっていました。
久しぶりにドライスーツ。
ちょろり、ちょろりと伝わる冷たさにいやな予感を感じました。
案の定寒くなって30分で浮上。
上がってみたら、やはりピンホールから水没。
さすがに15年も着ているとガタがくるようです。

a0013160_036581.jpg
お花みたいだけど動物
# by diver813 | 2010-09-14 00:41 | Diving Log
2009.10 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_2375190.jpg
          ZZZ


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 22℃
Entry 11:00
Exit 11:41
Dive Time 41min.

2本目はのんびりビーチダイビング。
岩を裏返していろいろ探していたら、コウイカの仲間やら、産卵しているホシキヌタガイに出会えました。
それにしても、イカの色って見事に変わるもんですね。


動画
手ブレひどくてごめんなさい。

a0013160_23102468.jpg




a0013160_23105426.jpg




a0013160_23112360.jpg

# by diver813 | 2010-08-25 23:15 | Diving Log
#459 アカネハナゴイ
a0013160_0305750.jpg

【和名】 アカネハナゴイ
【学名】 Pseudanthias dispar
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目ハタ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、背鰭第2棘が最長、尾鰭は二叉する。体色は黄色。雄の背鰭は赤色で、背鰭、尾鰭、臀鰭は青色で縁取られる。
【生態】
琉球列島以南の中・西部太平洋、東部インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁外縁で群れを形成する。
【ひとこと】
雄の背鰭を広げた姿から通称「モヒカン」この写真よりもっと背鰭が前にせり出します。上唇も雌より突き出ていたりで、遠くから見たら綺麗ですが、近くで見るとちょっとヤンキー。そんな特徴的な雄に対して、メスはこれといった特徴がありません。いるところにはいるのですが、いないところにはさっぱりで、日本では宮古島・石垣島・西表島でよく見られます。

a0013160_0314514.jpg
背鰭を閉じている姿




a0013160_0321543.jpg
後ろで背鰭を立てているのがたぶん雌
# by diver813 | 2010-08-17 00:33 | 海洋生物図鑑
2009.10 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23324729.jpg
          夫婦?


Site 江之浦 青壁
Maximum Depth  26.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:20
Exit 9:50
Dive Time 30min.

江之浦のダイバーズデイ。
いつもはビーチですが、今日はボートダイビング。
テングダイなども出てきたりで、ビーチとはやはり全然違います。
でも、せっかくのボートだったのに、透明度が少し残念でした。
# by diver813 | 2010-07-26 23:32 | Diving Log
2009.09 奄美 The 7th day The Last Dive
a0013160_1352434.jpg
          最後は三ツ瀬


Site 奄美大島 三ツ瀬 かくれ根
Maximum Depth  52.9m
Water Temperature 28℃
Entry 14:49
Exit 15:16
Dive Time 27min.

今回の奄美、最後のダイビングは三ツ瀬。
一気に50mまで駆け下りて、後は浅いところで減圧。
天気はいいし、魚もわんさかいますが、何分深いので光量不足。
こういうダイナミックなポイントでは、無理に写真を撮ろうとせずに、思う存分探検を楽しむのが正解かもしれません。
# by diver813 | 2010-07-07 01:35 | Diving Log
#352 イバラカンザシ(追記)
【和名】 イバラカンザシ
【学名】 Spirobranchus giganteus
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科
【鰓冠直径】 3cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
石灰質でできた棲管には蓋がある。螺旋状の鰓冠は一対で黄色、褐色、青色などその色彩は頗る変異に富む。
【生態】
本州中部以南の世界各地の暖海に分布。穿孔性で、岩礁域、珊瑚礁域のイシサンゴ類に穴を掘って暮らす。鰓冠の繊毛で水流を発生させ、漂うプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
水中ハイスピード、このイバラカンザシが引っ込む様子撮ると面白のでは?という冗談話から始まったりしたのですが、210fps(7倍、1秒が7秒に引き伸ばされます)程度ではまったくわかりませんでした。そこで420fps(14倍、1秒が14秒に、虫の目レンズで撮影)で撮ってみたら。なるほど、こういうふうに引っ込むんですね。

虫の目ハイスピード420fps
# by diver813 | 2010-06-21 00:57 | 海洋生物図鑑(追記)
2009.09 奄美 The 7th day The 2nd Dive
a0013160_0555141.jpg
          鳥肌が立ちました


Site 奄美大島 トンバラ
Maximum Depth  31.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:00
Exit 11:25
Dive Time 25min.

奄美には、何度か来ていますが、やっとトンバラに連れて行ってもらえました。
トンバラは奄美大島の北端のちょっと北にある切り立った岩場で、奄美大島最高レベルの外洋ポイント。
ちなみに徳之島のトンバラとは違う場所です。
魚影もすごいし、地形もすごいし、流れもすごい、その場にいるだけで気持ちよすぎておかしくなってしまいます。
本当に手が届きそうなところを、ロウニンアジとか、イソマグロやツムブリの群れが通って行くんです。
シャッターチャンスはいくらでもありましたが、カメラを覗いていること自体、勿体無かったので、数枚撮った程度で、ほとんど肉眼で楽しんでいました。
5年に1回あるかないかの極上ダイビング、ごちそうさまでした。
# by diver813 | 2010-06-04 00:59 | Diving Log
2009.09 奄美 The 7th day The 1st Dive
a0013160_0162934.jpg
          びっちり


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.4m
Water Temperature 28℃
Entry 9:46
Exit 10:26
Dive Time 37min.

最高の天気、最高の海。
こんな日は一本目から七ツ根。
気持ちよすぎて、おかしくなりそうでした。
# by diver813 | 2010-06-03 00:16 | Diving Log