The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
#487 キホシヤッコ
a0013160_23430795.jpg
【和名】 キホシヤッコ
【英名】 French angelfish
【学名】 Pomacanthus paru
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深10m
【特徴】
体は著しく側扁し、体高が高い。背鰭、臀鰭軟条が糸状に伸張し、尾鰭は円形。前鰓蓋骨の後下端に1本の棘を持つ。体色は黒く、体側の鱗は細い黄色線で縁取られる。
【生態】
フロリダ~ブラジルの西部大西洋・東部大西洋に分布。水深100m以浅の岩礁域に生息し、ペアで行動する。雑食性でカイメン類、ホヤ類、腔腸動物、藻類などを食べる。幼魚は他の魚類のクリーニングを行う。
【ひとこと】
グレイエンゼルと良く似ていますが、尾びれがまるいこと、胸鰭の付け根が黄色いことで区別できます。手から餌を食べるようになるほど良くなつくため、観賞魚としても人気が高く、キホシヤッコという和名より「フレンチエンゼル」の呼び名で親しまれています。味がよいそうですが、シガテラ毒を持つこともあるため食べるときは自己責任で。とても西洋っぽいデザインのヤッコだと感じるのは私だけでしょうか。
# by diver813 | 2017-06-19 23:44 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.10 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_15441179.jpg
          ぼー

Site 伊豆山 沖根南
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 23℃
Entry 12:56
Exit 13:37
Dive Time 41min.

二本目は沖根の南へ。ソフトコーラルのお花畑、砂地、岩場とそれぞれ違う生物相を堪能しました。
# by diver813 | 2017-06-17 15:48 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#486 ハナタテサンゴ
a0013160_23573714.jpg
【和名】 ハナタテサンゴ
【英名】 N/A
【学名】 Balanophyllia ponderosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 キサンゴ科
【触手環直径】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
単体性で体は円筒形。触手は触手環辺縁に二重で並び先細る。体色は橙色、触手は透明で黄色の刺胞細胞が透けて見える。
【生態】
本州中部以南の西部太平洋に分布。50m以浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。単体で生息し共生藻を持たない非造礁性。
【ひとこと】
透明な触手に散らばる黄色い刺胞、その先に透けて見えるオレンジ色の体がとてもきれいなイソギンチャクのようなサンゴ。イソギンチャクっぽいですが固着して移動しないためサンゴだと言えばわかりやすいでしょうか?姿が美しいため観賞用として1,000円~3,000円で流通しています。

# by diver813 | 2017-06-14 23:59 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.10 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_00374281.jpg
          捕まったーっ

Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.0m
Water Temperature 23℃
Entry 10:47
Exit 11:27
Dive Time 40min.

おいしそうな生き物が盛りだくさんの伊豆山。海中では仕掛けられている刺し網を見物。自分たちが食べているものが、実際に漁獲されるところを見るのはなかなか面白い体験です

a0013160_00374225.jpg

刺し網
# by diver813 | 2017-06-13 00:47 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#485 オドリハゼ
a0013160_01125036.jpg
【和名】 オドリハゼ
【学名】 Lotilia graciliosa
【英名】 Whitecap goby
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体はハゼ類の中ではやや太く短い。尾鰭は丸く、頭部より長い。体色は暗褐色で、上顎から背鰭にかけて太い白色縦帯が入る。尾鰭は透明で辺縁に黒斑が入る。
【生態】
紀伊半島以南、パラオ、グアム、マーシャル諸島の西部太平洋、インド洋・紅海に分布。50m以浅の砂泥底に生息し、ブトウテッポウエビと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかブトウテッポウエビ以外のテッポウエビと共生していることがほとんどありません。一途で相思相愛。ひらひら踊っているようにホバリングしているので、この名前がつけられたのでしょう。観賞魚としても人気でオドリハゼとブトウテッポウエビのセット価格は10,000円~20,000円。
# by diver813 | 2017-06-10 01:18 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 4th day The 1st Dive
a0013160_00182762.jpg
          ごつごつしてて寝心地わるそう

Site 奄美 デッショ
Maximum Depth  21.3m
Water Temperature 32℃
Entry 10:02
Exit 10:39
Dive Time 37min.

西の外洋のポイント。
いつものピグミーシーホースを探した気もしますが、その後のトラブルでこのダイビングの記憶は曖昧。
岐路に船がエンジントラブルで漂流、海難に。
他の船に曳航してもらい、なんとか港に戻りました。
以前も船のトラブルで曳航されたことがありますが、こういうときに共通することは「こんがり焼ける」ですかね。

# by diver813 | 2017-06-08 00:19 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#002 モンハナシャコ (追記)

【和名】 モンハナシャコ
【英名】 Peacock mantis shrimp
【学名】 Odontodactylus scyllarus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 ハナシャコ科
【体長】 15cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
ハナシャコ科。 体色鮮やかな黄色、紫褐色、緑色。背甲の側部に大黒紋が網目。捕脚は赤、中央に白い虫食い模様。眼柄や触角の基部は青。腹節の関節は赤。尾部の付属肢は中央~先端が藍色。
【生態】
相模湾以南、台湾、東南アジア、ミクロネシア、インド洋の珊瑚礁、水深の浅い場所に生息。二枚貝の殻を割って食べる。通常は左右の眼を別々に動かし、餌を探す、警戒をするなどしている。強制な前足で攻撃を行う時には両眼で距離を測り攻撃する(複眼に並ぶ一列の筋の部分の視力が特にいいらしい)。
【ひとこと】
貝殻から水槽までなんでも破壊、海洋生物最強クラスのハードパンチャーのモンハナシャコ。そのパンチをスローモーションで見たくてハイスピード撮影してみました。210fpsで撮影していますが、それでも速くて、なんとかジャブっぽい撃ち方してるのがわかる程度でした。
# by diver813 | 2017-06-07 01:07 | 海洋生物図鑑(追記) | Trackback | Comments(0)
#484 ブトウテッポウエビ
a0013160_23510082.jpg
【和名】 ブトウテッポウエビ
【英名】 Red-spotted Goby Shrimp
【学名】 Alpheus rubromaculatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は円筒型でなめらか。第1鋏脚は左右で大きさが異なり、ともに側扁する。体は灰白色で腹部・脚に赤褐色の斑紋が等間隔に並ぶ。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋~紅海に分布。礁縁付近の砂底に生息する。オドリハゼと特異的に共生する。
【ひとこと】
なぜかオドリハゼ以外のハゼと共生していることがほとんどありません。以前はオドリハゼ(ダンスゴビー)と共生していたためダンスゴビーシュリンプなどと呼ばれていました。でも英語での呼ばれ方はレッドスポッテドゴビーシュリンプ。ダンス=舞踏で舞踏鉄砲蝦とネーミングされたんですかね?
# by diver813 | 2017-06-06 23:51 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011.09 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_01012510.jpg
          にやり

Site 奄美 大仏サンゴ
Maximum Depth  19.5m
Water Temperature 26℃
Entry 15:34
Exit 16:11
Dive Time 37min.

巨大な大仏の頭のようなコモンシコロサンゴがあるポイント。
その大きさはなんと牛久大仏の頭ほど。
湾内なので多少濁りがあり、その巨大な姿全体を一度に見渡せないのが残念です。

# by diver813 | 2017-06-06 01:07 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#483 ナッソーグルーパー
a0013160_00380722.jpg
【和名】 ナッソーグルーパー
【英名】 Nassau grouper
【学名】 Epinephelus striatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 40cm
【撮影地】 キーラーゴ 水深15m
【特徴】
体は卵形でやや側扁し体高が高く、口が大きい。体色は淡褐色で、頭部には音叉型とそれを囲む暗色帯が入り、体側は太い暗色横帯が入り、後半の横帯は背面で分岐しW字を描く。
【生態】
バミューダ諸島、フロリダ、バハマ、ブラジル北部の西部大西洋・カリブ海に分布。水深90m以浅の珊瑚礁域の浅所に生息し、魚類や甲殻類を食べる。12月~1月の満月に大集団を形成し産卵を行う。
【ひとこと】
体色が濃くなったり、赤っぽくなったり変化させられますが、模様が特徴的なのですぐに見分けることができます。ハタ科の仲間に違わず美味しいお魚で、ほどよいサイズということもあり、商業的にも娯楽的にも漁獲され個体数の減少が心配されています。産卵時期・産卵場などが明らかになっているため、禁猟期を設けるなどの対策をしています。白身魚なので現地ではグリルやムニエル、フライが主流ですが、鍋にしたら絶対美味しいと思う。
# by diver813 | 2017-06-05 00:39 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)