The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
お知らせ
海は時に恐ろしい。でも、海は本当に素晴らしい。海を嫌いにならないで欲しいから、ブログを再開しました。
by diver813 | 2011-03-31 22:55
#464 ミズタマ
a0013160_0481175.jpg

【和名】 ミズタマ
【学名】 Bornetella sphaerica
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 カサノリ目 ダジクラズス科
【直径】 0.5cm
【撮影地】 奄美 水深0.5m
【特徴】
体は球型~卵型で弾力がある。融合・分岐ずることなく単体で生育する。体色は緑色~褐色。体表に亀甲模様が入る。
【生態】
南西諸島に分布。礁湖に生息し、死滅した珊瑚片などに付着する。緑色の体色は生殖期になると一部茶色になる。
【ひとこと】
珊瑚礁のタイドプールなどで見ることができる海藻。丸い体は、中心から放射状に細胞が並ぶことにより形成されています。その細胞の配列が表面に亀甲模様を作っていて、よく見ると規則的にざらついています。ミズタマの仲間は日本には4種類、ホソミズタマ、ナガミズタマ、カタミズタマ。一気に読むと何かのおまじないみたいですね。
by diver813 | 2011-03-31 00:48 | 海洋生物図鑑
2010.06 慶良間 The 1st Dive
a0013160_1214590.jpg
          雰囲気だけはなんとなく


Site 奥武島 ハナダイパラダイス
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 24℃
Entry 10:12
Exit 10:53
Dive Time 41min.

ものすごく久しぶりに大学の同級生とファンダイビング。
那覇から慶良間まで、船で揺られる1時間、船酔いしている人がいる中、2人でPSPを構え、MGSPWのCO-OPSをやっていたら、ガイドさんに爆笑されました。
でも実は、乗り物酔いしやすい方なんです。嘘じゃありませんよ。
話が逸れましたが、今回は流行り?の「水中虫の目レンズ」のテスト。
デジカメの小さい画面ではうまく行っているように見えましたが、後で確認したら、ピントがうまく合っていませんでした。
自作・改造って難しいものです。
by diver813 | 2011-03-25 01:23 | Diving Log
2010.05 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_23584045.jpg
          小さいからカワイイのではなく、カワイクて小さいのです。


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 11:08
Exit 12:03
Dive Time 55min.

春の海と言えば、ダンゴウオ。
ダンゴウオ、少し大きくなってきている時期ですが、それでもミリ単位。
しかもカモフラージュしているクセモノ。
現地で居場所情報を入手して、「いる」はずのせいぜいA4ほどの海藻をくまなくサーチ。
いないなぁ・・・と、ふと目を逸らしたら、隣の海藻に乗っかっていました。
by diver813 | 2011-03-24 00:00 | Diving Log
#463 ニシキフウライウオ
a0013160_1374779.jpg

【和名】 ニシキフウライウオ
【学名】 Solenostomus paradoxus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 トゲウオ目 カミソリウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 奄美 水深35m
【特徴】
体は細長く強く側扁する。吻部が長く腹鰭と尾鰭が大きい。体及び鰭に細い皮弁が密生する。体色は半透明で、赤・黄・茶・黒など変異に富んだ縞模様が入る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域のヤギ類、ウミトサカ類やウミシダ類付近に生息する。ペアでいることが多い。小型の甲殻類を捕食する。
【ひとこと】
見た目もよく似ていますが、タツノオトシゴに近い種類です。しかし、オスが育児嚢で卵を守るタツノオトシゴと違い、メスが腹鰭に挟んで卵を守ります。ぱっと見派手な体をしていますが、これがヤギ類に紛れると見事なカモフラージュであることがよくわかります。見つけるポイントは、漂う怪しげな破片をスルーせず疑うこと。最近まではカミソリウオの個体変異とされていましたが1994年に別種とされました。

a0013160_1382828.jpg見事なカモフラージュ
by diver813 | 2011-03-23 01:40 | 海洋生物図鑑
2010.05 江之浦 The 1st Dive
a0013160_1325787.jpg
          パンダ?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 17℃
Entry 9:40
Exit 10:39
Dive Time 59min.

春の伊豆の海、小さい命がそこかしこに。
そして、このダイビングから新兵器「ハイスピードカメラ」を導入。
スローモーションで見る海の生き物は新たな発見ばかり。
水温は高くありませんでしたが、可愛い生き物を探したり、ハイスピードムービーを撮っていたら、寒さなど忘れていました。


動画 メバルの捕食(ハイスピードムービー210fps)
by diver813 | 2011-03-18 01:39 | Diving Log
2010.04 奄美 The 4th day The 2nd Dive
a0013160_0104469.jpg
          眼と鋏にピントを合わせてみました。


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 20℃
Entry 14:43
Exit 15:44
Dive Time 61min.

今回の奄美、ラスとダイブは倉崎。
1本目はウミウシしか撮っていなかったので、今度は魚中心に撮影。
と、思っていたら、可愛いニセアカホシカクレエビがいて、夢中になってたら、23分もかじりついていました。

a0013160_0112637.jpg通り抜けて卵にピントが合っちゃった




a0013160_012457.jpg正面顔
by diver813 | 2011-03-16 00:13 | Diving Log
#462 マルソデカラッパ
a0013160_0172175.jpg

【和名】 マルソデカラッパ
【学名】 Calappa calappa
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 カラッパ科
【甲幅】 10cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
甲は横長の楕円形でドーム状に隆起しなめらか。鋏脚の掌部指部が頗る幅広い。体色は変異に富み、白色、淡褐色、褐色の斑紋が散在など様々。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋に分布。50m以浅の砂底、砂泥底に生息する。夜行性だが、昼活動する姿も見られる。二枚貝、巻貝を捕食する。
【ひとこと】
手で口元を隠し、ウププと笑っているように見える、とてもかわいらしいカニ。しかし、その可愛い手は貝殻をバリバリ砕くために進化した形です。脚が甲羅に隠れているので、歩く姿はまるで歩くヘルメット。ほかのカラッパの仲間と比べて、つるつるなめらかなことが本種の特徴です。学名まで可愛い、からっぱ!からっぱ!


動画 歩くヘルメット

a0013160_017476.jpg横から見た姿




a0013160_0184486.jpg抱卵中
by diver813 | 2011-03-15 00:21 | 海洋生物図鑑
2010.04 奄美 The 4th day The 1st Dive
a0013160_22263081.jpg
          ウミウシ祭り


Site 奄美大島 前肥田ビーチ
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 20℃
Entry 10:14
Exit 11:17
Dive Time 63min.

水草が豊かなビーチを散策。
ウミウシが見え始めたら、ウミウシしか見えなくなったようで、後で写真を確認したら、ウミウシしか撮っていませんでした。
トップの写真はノウメア・ワリアンス。

a0013160_2227463.jpgレンゲウミウシ




a0013160_22273334.jpgチドリミドリガイ




a0013160_22275546.jpgマダライロウミウシ




a0013160_2228155.jpgスミゾメミノウミウシ
by diver813 | 2011-03-13 22:29 | Diving Log
2010.04 奄美 The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_21402093.jpg
          ぷーっ


Site 奄美大島 崎原
Maximum Depth  3.3m
Water Temperature 21℃
Entry 14:35
Exit 16:07
Dive Time 92min.

浅い深度のロングダイブ。
明るい海の中、じっくりと小物や、まだ撮影していない生き物を探しました。

a0013160_21413679.jpgヒトデヤドリエビ




a0013160_21434139.jpgゾウゲイロウミウシ
by diver813 | 2011-03-13 21:45 | Diving Log