The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
#450 フジナミウミウシ
a0013160_0131271.jpg
【和名】 フジナミウミウシ
【学名】 Chromodoris fidelis
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 7mm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長い楕円形。体色は地色が橙色で、背面に正中線を中心に波型に縁取られた白色斑がはいる。
【生態】
静岡県以南の西部太平洋・インド洋に分布。穏やかな岩礁域に生息し、岩に付着するカイメンや藻類を食べる。
【ひとこと】
白とオレンジ色のコントラストが美しい、小さなウミウシ。背中の白い模様の入り方は様々で、背中一面が白いような個体もいます。南西諸島では1cm以下の小さい個体が多いのですが、伊豆では3cmほどの大きな個体が見れることもあります。
by diver813 | 2009-06-26 00:13 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
2009.04-05 Zamami The Last Day The 2nd Dive
a0013160_1154132.jpg
          せっかくの図鑑写真が・・・


Site 座間味島 ブツブツサンゴ
Maximum Depth  21.6m
Water Temperature 22℃
Entry 13:15
Exit 14:16
Dive Time 61min.

大きな根の周りでじっくり生物観察。
ムチカラマツエビ、ハナゴイ、ニジエビスハナビラウツボ・・・
被写体に困りません。
しかし、図鑑用に左手で威嚇しながらニジエビスにポーズまでとってもらったのですが、既に紹介済みでした。無念。
そしてこれが座間味島最後のダイビング。
しっかり観察しました。

a0013160_1183216.jpg
コンペイトウウミウシ



a0013160_1185097.jpg
レモンウミウシ



a0013160_119552.jpg
チドリミドリガイ
by diver813 | 2009-06-25 01:23 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The Last Day The 1st Dive
a0013160_23483510.jpg
          襲う?襲う?


Site 座間味島 アダン下
Maximum Depth  16.4m
Water Temperature 22℃
Entry 9:12
Exit 10:03
Dive Time 21min.

座間味島最後の日。
1本目はガレ場に根があるポイント。
入ったガレ場で出迎えてくれたのはアゴアマダイ。そして周りにはヒラムシぽつり、ぽつり。
根にたどり着くとキンメモドキ(2世代)、スカシテンジクダイの大群。
群れの一部を切り取っただけでも235個のぼーっとした眼が写っていました。

a0013160_23511884.jpg
アゴアマダイ



a0013160_23502619.jpg
二百三十五の眼
by diver813 | 2009-06-23 23:53 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#449 アカヒメジ
a0013160_239171.jpg
【和名】 アカヒメジ
【学名】 Mulloidichthys vanicolensis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ヒメジ科
【体長】 20cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は紡錘形で体高はやや高い。下顎に一対の顎鬚を持ち、尾は二叉形。体色は地色が淡色で、体側に太い黄色縦帯が入る。
【生態】
駿河湾以南の中・太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、潮通しの良い場所に群れを形成する。夜間は分散し砂底で採餌する。
【ひとこと】
眼が赤いからアカヒメジではなく、死ぬと真っ赤になるのでアカヒメジ。ちなみに夜は死んでいなくても赤くなっていたりします。昼間に海底から少し上を浮遊している群れはなかなか綺麗です。食用で刺身は水っぽいのですが、煮付けやムニエルなど、ひと手間加えると美味しい。
by diver813 | 2009-06-18 23:10 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
2008.10 Zamami The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0111838.jpg
          にょろり


Site 座間味島 嘉比前
Maximum Depth  18.6m
Water Temperature 22℃
Entry 14:59
Exit 15;42
Dive Time 43min.

3本目はウミウシ狩りもしつつ、ヤシャハゼとかガーデンイールなどを観察。
ガーデンイールの観察も、たっぷり時間をもらったのですが、結局ストロボが届くか届かないかぎりぎりのところまで寄るのがやっと。
必要以上に強い警戒心も生き残る術なのでしょう。腹立たしい。
動画は撮れましたが全身を撮影するという野望は、今回も叶いませんでした。
そんなこんなで楽しんでいたら、帰りには流れが出てきて、意図せずドリフトダイブを楽しめました。

ガーデンイール動画
by diver813 | 2009-06-16 00:10 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_041878.jpg
          やわらかそうな布団だね


Site 座間味島 送電線
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 22℃
Entry 10:50
Exit 11:46
Dive Time 56min.

実はこの日、またまたロクハンを破りました。
車に乗るときに、ドアのロックにお尻をひっかけたのです。
で、2本目はお尻にガムテープを貼って挑みました。
こんな愉快な姿で潜ることは御免なのですが、穴が広がるよりましです。
止むを得ない。
しかし、そんな尻を気にしているのは陸上だけ。
海に入った瞬間、綺麗さっぱり忘れてしまいます。
ナマコをひっくり返したり、ゴカイを追い回したりたっぷりのんびり潜りました。
by diver813 | 2009-06-12 00:04 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#448 ニホンアワサンゴ
a0013160_2355081.jpg
【和名】 ニホンアワサンゴ
【学名】 Alveopora japonica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ハマサンゴ科
【個体直径】 4mm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
10cm程度の塊状群体を形成するハードコーラル。表面はなめらかで莢は多角形。ポリプの触手は12本で先端は白色。
【生態】
千葉県~種子島の太平洋岸、及び島根県沖に分布。岩礁域の岩に着生する。昼間ポリプを開き、共生藻から栄養を得る。
【ひとこと】
先端が真っ白な触手を開く様子は可憐で、まるでマーガレットの花束のよう。このポリプが開いているのは昼間だけ。夜はポリプが引っ込んでしまい、ただの灰色の岩になってしまいます。観賞用としての人気の高いサンゴです。
by diver813 | 2009-06-10 23:55 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2009.04-05 Zamami The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_2326518.jpg
          あの中に入っていたのか・・・


Site 安室島 漁礁
Maximum Depth  19.2m
Water Temperature 22℃
Entry 9:19
Exit 10:08
Dive Time 49min.

2日目1本目は安室島(あむろじま)の漁礁。
今回はウミウシ狩りは少し控えめ。
そのかわり、内腔動物やら寄生虫やら環形動物やらを観察。
メインの漁礁では、その内部へ単独潜入。
空洞が複雑に絡み合った空間は、インディージョーニズムに火をつけます。
もし、崩れたら・・・
などと考えてはいけません。
中から見る外の世界にはそれだけの価値があります。

a0013160_23262935.jpg
漁礁内部



a0013160_2327269.jpg
中からみたアカククリ
by diver813 | 2009-06-09 23:35 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2009.04-05 Zamami The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_0282633.jpg
          軟体動物天国


Site 座間味島 ブツブツサンゴ手前
Maximum Depth  19.8m
Water Temperature 22℃
Entry 15:13
Exit 16:14
Dive Time 61min.

2本目もウミウシ狩り。
和名がなくて、クダサンゴの擬態が見事なPhyllodesmium colemaniから、小さすぎる饅頭みたいなシロウミコチョウまで、いろいろなウミウシを見せてもらいました。
教えてもらっても、目を凝らしても、どれがウミウシなのか、認識するのに時間がかかります。
カメラのフレームに捕らえるのも難しく、悪戦苦闘していたらすぐに1時間が経っていました。

a0013160_0301014.jpg
Phyllodesmium colemani
わからない人はこちら


a0013160_032062.jpg
シロウミコチョウ
わからない人はこちら
by diver813 | 2009-06-09 00:34 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
Lesson13 イカとタコの違い
a0013160_21264393.jpg
イカとタコの違いについてゆめえびさんから質問が寄せられたので、久しぶりのStudy Roomです。
イカとタコは軟体動物門の頭足綱に属します。
この頭足綱にはオウムガイ目・コウイカ目・ダンゴイカ目・トグロコウイカ目・ツツイカ目・八腕目・コウモリダコ目が含まれます。
一般的にイカと呼ばれるのはコウイカ目・ダンゴイカ目・トグロコウイカ目・ツツイカ目、タコと呼ばれるのは八腕目です。
コウモリダコ目は「タコ」という言葉が入っていますが、タコでもイカでもありません。

文章ではわかりにくいのでまとめると、下記のようになります。

オウムガイ目━━━イカでもタコでもない
コウイカ目━━━━イカ
ダンゴイカ目━━━イカ
トグロコウイカ目━イカ
ツツイカ目━━━イカ
八腕目━━━━━タコ
コウモリダコ目━━イカでもタコでもない

では、特徴を比べてみましょう。

■吸盤
 イカ:キチン質でできた角質環がある。
 タコ:肉質で中に空洞がある。

 イカは角質環で噛み付くのですが、タコは吸い付くザ・吸盤。
 この吸盤の違いがイカとタコを分ける、形の上での最大の特徴です。
 イカの角質環は生のイカゲソをしごくと簡単に取れます。

■腕
 イカ:10本(8本+触腕2本)。
 タコ:8本。

 最も有名な違いでしょう。触腕は先端にだけ吸盤がついている長い腕です。
 そして、ヤツデイカ科の種類とタコイカは例外。
 イカですが成長すると触腕が脱落して8本になってしまいます。

■鰭
 イカ:ある。
 タコ:ない。

 但し、有触毛類はタコですが、鰭があります。

■外套膜
 イカ:外套膜の襟は頭部と融合しない。
 タコ:外套膜は背中側で頭部と融合する。

 頭と胴体を引っ張って外れるのがイカ、外れないのがタコ。
 と、いうわけで、ゆめえびさんのご指摘は当たっています。

■神経系
 イカ:脳の前方の腕に5対の腕神経が伸びる。
 タコ:脳の前方の腕に4対の腕神経が伸びる。

 イカもタコも発達した脳を持ち、高い認識能力、運動能力、学習能力を持ちます。
 「賢い動物は食べてはいけない」という主張だと、イカ・タコも食べられません。
 かわいさだってイルカ・クジラに負けていないし。

■墨
 イカ:塊になって分身を作るデコイタイプ。食用にする。
 タコ:広がって視界を塞ぐジャミングタイプ。食用にしない。

 イカ墨もタコ墨も95%がセピオメラニンという成分ですが、残り5%に違いがあります。
 イカ墨は残り5%に脂質が多く粘り気があります。
 吐いた墨が広がらずにまとまるのはこのため。
 脂質以外にもにもアミノ酸などの旨み成分が多く含まれているため、味がよいのです。
 タコ墨は、旨み成分が少ない、サラサラで絡みにくい、熱を加えると分解する、
 墨袋が破けやすく、取れる墨の量が少ない、と、いうわけで料理に向きません。

■抱卵
 イカ:抱卵しない
 タコ:抱卵する

 但し、テカギイカの仲間の一部は抱卵します。

■生活
 イカ:泳いで生活するものが多い
 タコ:着底して生活するものが多い

 鰭のあるイカの方が遊泳力があります。
 一方タコは穴や岩の隙間に隠れて生活する種類が多いです。

■体色変化
 イカ:求愛などコミュニケーションに使う種類が多く、擬態する種類は少ない。
 タコ:擬態に用い、求愛などコミュニケーションには用いない。

 タコは完全に周囲に溶け込んだり、他の生物に化けたり体の形まで変えますが、
 イカは擬態をする種類でも、体表を少し変化させる程度です。

■日本における漁獲量(2008年)
 イカ:約30万トン
 タコ:約5万トン

 資源量もあり、捕りやすいイカは、日本人が最も多く食べている海産物です。

■主な漁法
 イカ:釣り
 タコ:壷

 イカ釣りは光に集まる、タコは穴に隠れる。
 それぞれの習性を上手く利用した漁法が用いられています。

形の特徴は、食用で売っているイカ・タコでも確認できます。
食べる前に、ちょこっと観察してみると、楽しい発見があるかもしれません。
但し、愛着が沸いて食べられなくなっても、ノークレームでお願いします。
by diver813 | 2009-06-05 21:35 | Study Room | Trackback | Comments(8)