The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
#446 イソハマグリ
a0013160_16271189.jpg
【和名】 イソハマグリ
【学名】 Atactodea striata
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 マルスダレガイ目 チドリマスオガイ科
【殻長】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は亜三角形で、後方がやや尖る。殻表には粗い輪脈がある。殻は白色で老成すると褐色の輪紋を生じる。
【生態】
紀伊半島以南に分布。粗い砂浜の潮間帯に生息し、砂に潜って生活する。
【ひとこと】
スナホリガニと同じように、さらさらの砂浜より、歩くとシャリシャリ鳴るような、粗い砂浜にいます。数センチしか潜っていないので、波打ち際を軽く撫でるように掘るだけで見つけることができます。小さいのですが、味はハマグリに似ていて良い出汁が出るため、地元では味噌汁の具などに使われます。

a0013160_16273598.jpg
上から見た貝殻
by diver813 | 2009-05-31 16:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2009.04 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23485910.jpg
          ちっちゃい!


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.6m
Water Temperature 15℃
Entry 8:48
Exit 9:26
Dive Time 38min.

5ヶ月ぶりのダイビング。
こんなにブランクがあるのは、結構久しぶり。
忙しかった・・・ということにしておきましょう。
で、2009年最初のダイビングは春の海。
ちょっと前に流行った?ダンゴウオ目当てです。
実は個人的には初ダンゴウオ。
いる場所を教えてもらったので、何とか見つけることができましたが、ちっちゃい!
見つけて目印を付けた人、本気で尊敬です。
丸く小さな体に大きな口、可愛い要素満載ですが、遊泳力なさそうだし、防御力もなさそう。
なんでこんな生物が生き残っていられるのか?
自然ってわからないことだらけです。
by diver813 | 2009-05-30 23:49 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.11 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_236840.jpg
          脱ぎっぱなし?


Site 江之浦 ボート
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 21℃
Entry 11:15
Exit 11:56
Dive Time 48min.

2本目は宝探しイベントというわけでボート。
水中に隠されているゴルフボールを捜します。
でも、隠されている場所、わかりやすすぎ。
3分経たないうちに見つけてしまったので、あとは水中散歩。
普段来ない場所ですが、程よく大きな岩が転がり、生物豊かななかなか面白いポイントでした。
by diver813 | 2009-05-29 23:06 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#445 オキナワベニハゼ
a0013160_23585230.jpg
【和名】 オキナワベニハゼ
【学名】 Trimma okinawae
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は細長く円筒形。体色は地色が白色で、橙色の斑模様が全身を覆う。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息し、岩穴やオーバーハング下などを好む。ハレムを形成し、両方向性転換を行う。
【ひとこと】
オレンジ色のとってもチャーミングなハゼ。被写体としても人気があります。さらに本種は雌から雄、雄から雌と自在に性別を変えることができる、両方向性転換を行う魚として研究者からも注目されています。雌から雄へは5日、雄から雌へは10日という短期間で性転換ができるのですが、これは、同一個体内で精巣と卵巣の双方を持っており、片方だけを成熟させることで性転換を行っているためです。
by diver813 | 2009-05-28 23:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.11 江之浦 The 1st Dive
a0013160_2131457.jpg
          食べちゃいたいくらいキュート


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  15.8m
Water Temperature 21℃
Entry 9:39
Exit 10:27
Dive Time 48min.

ダイバーのためのイベントがあったので、江之浦にやってきました。
インドカレー、イカの塩辛、カニ汁、サザエ・・・
いろいろ食べ放題。
もたもたしていると、人気メニューはなくなります。
なので、午前中に2本終わらせるべく、ちゃっちゃと潜りました。
ちゃっちゃと潜りましたが、水中での飲み物の飲み方の講習もきちんとやりました。
ボトルの中の飲み物と、口の中の空気を交換するのがポイントです。
ゼリー飲料などパックのものはもっと簡単。
あれ?水の中でも飲み食いだ。
by diver813 | 2009-05-27 21:31 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2008.10 奄美 The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_2371854.jpg
          ウーラーメーシーヤー


Site 奄美 節田
Maximum Depth  3.3m
Water Temperature 26℃
Entry 18:33
Exit 19:28
Dive Time 55min.

今回の奄美、最後はナイトダイビング。
節田という漁港からのビーチエントリー。
砂泥底に少し岩場がある程度のところなのですが、見たことのないエビ・カニが出てくる、出てくる。
面白すぎて、リーフエッジまで行けず、最大水深はたったの3.3m。
タンクを背負う必要があったのだろうか、いや、ない。
そして、見たことのないエビ・カニ達、帰って写真を図鑑と照らし合わせたら、殆どが載っていない。
こんな環境に潜る人はあまりいないから、あまり図鑑などでも取り上げられないのでしょう。
by diver813 | 2009-05-26 23:09 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#444 テッポウエビ
a0013160_1222835.jpg
【和名】 テッポウエビ
【学名】 Alpheus brevicristatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テッポウエビ科
【体長】 5cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
通常第1脚の鋏脚は左右異形で、小さい鋏脚は細長く毛が生える。眼柄は短い。体色は灰褐色~緑褐色。
【生態】
東京湾~沖縄に分布。ペアで内湾の砂泥底に巣穴を掘り、スジハゼやイトヒキハゼなどと共生する。
【ひとこと】
ザ・テッポウエビです。鉄砲という名前は、鋏を使ってパチパチ音を鳴らすことに由来します。この破裂音はただ音を鳴らしているのではなく、衝撃波を発生させていて、餌を捕ったり身を守るため。その威力たるや、小魚が気絶するほど。ちなみに英明は"Pistol shrimp"。
by diver813 | 2009-05-26 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.10 奄美 The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_2274779.jpg
          ソンナ名前カヨ?


Site 奄美 北ドロ
Maximum Depth  23.7m
Water Temperature 26℃
Entry 11:54
Exit 12:29
Dive Time 35min.

今度はポイント探し。
カメドロのちょっと北。
船から見るリーフがよさげだったので、探検してみることに。
入ってみると予想通り大当たり。
洞窟やクレバスなど複雑な地形が面白すぎました。
しかし、面白すぎる地形はやばいです。
探検しすぎたため、方向・距離感覚が狂って、ある程度船の側に浮上したつもりが、船とは100mほど離れたところでした。
もっと修行せねば・・・
そして、ポイントとして合格だったので、またまたポイント名のネーミングライツをいただき、「北ドロ」と命名しました。単純。
by diver813 | 2009-05-24 22:08 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2008.10 奄美 The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_1122817.jpg
          ささやいているみたい


Site 奄美 三ツ瀬
Maximum Depth  24.4m
Water Temperature 26℃
Entry 10:19
Exit 11:00
Dive Time 41min.

また三ツ瀬にやってきました。
ダイナミックな地形、流れる潮、グルクンの群れ・・・
大物が出る予感はたっぷり。
なのに、マダラウミウシの恋の行方などに気を取られていたためか、大物を見ることはできませんでした。
そういえば、マダライロウミウシの求愛、以前も夢中になった記憶が。
このゆっくりとした、愛の営み、なぜか目が離せません。
by diver813 | 2009-05-22 01:12 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#443 ハナビラウツボ
a0013160_0214624.jpg
【和名】 ハナビラウツボ
【学名】 Gymnothorax chlorostigma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ウナギ目 ウツボ科
【体長】 90cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は著しく長く側扁する。背鰭・臀鰭・尾鰭が連続し、胸鰭・腹鰭はない。体色は暗褐色で無数の白斑が入り、口の中が白い。
【生態】
奄美大島以南の太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域に生息し、穏やかな内湾などを好む。通常、岩穴やサンゴの隙間から身を乗り出している。
【ひとこと】
可愛い水玉のカラーリングはまるでニセゴイシウツボのポジネガ反転。ワカウツボと似ていますが、本種は口の中が白いので見分けることができます。普段は大きく身を乗り出しているくせに、近づくと隠れる引っ込み思案。可愛い顔をしていますが、よく見るとすごい歯

a0013160_022899.jpg
可愛い顔してすごい歯



a0013160_0223715.jpg
全身
by diver813 | 2009-05-21 00:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)