The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
#437 ヒトミハタ
a0013160_20175486.jpg
【和名】 ヒトミハタ
【学名】 Epinephelus tauvina
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体はやや細長い長卵形。吻背縁はやや盛り上がり、口が大きく、眼の後方に達する。瞳孔大の暗色斑が密布し、体側に不明瞭な太い横帯が入る。
【生態】
南日本、太平洋~インド洋に分布。珊瑚礁域の浅所に生息し、単独で行動する。肉食性で、魚類や甲殻類を丸飲みにする。
【ひとこと】
カンモンハタとよく似ていますが、こちらは斑点が繋がらないので区別することができます。白身で美味しそうだし、実際に食べると美味しいのですが、シガテラ毒を持っていることがあり、食中毒を起こす可能性があるので、食べないようにしましょう。
by diver813 | 2008-12-29 20:18 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2008.09 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_23451452.jpg
        伊豆色の珊瑚礁


Site 砂辺 No.1
Maximum Depth  11.9m
Water Temperature 28℃
Entry 13:19
Exit 13:53
Dive Time 34min.


3日目、やってきたのは先日ライセンスを取った友人と台風。
とはいえ、西岸ならなんとか入れる程度だったので、砂辺へ。
行ってみたら、コンディションあまりよくないのに結構混み混み。
ここぐらいしか潜れる場所がなかったからかもしれません。
海に潜ってみると透明度は5m程度。伊豆と同じ色をしていました。
友人の記念すべき初沖縄ダイビングの感想は
「きつかったよ、正直」
でした。

a0013160_23452964.jpg
イロブダイの幼魚はかわいかった
by diver813 | 2008-12-20 23:47 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2008.09 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_1351339.jpg
        ちょんまげ?


Site 黒島 ツインロック
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 28℃
Entry 13:43
Exit 14:37
Dive Time 54min.


3本目はドリフトポイントのツインロック。
ネムリブカの寝床にそっとおじゃましたら、最初おなかについていたコバンザメを頭に乗っけてサービスしてくれました。
ドリフトなので、シグナルフロートを上げながら安全停止するのですが、ガイドさんがフロートを忘れてしまったらしく、
「シグナルフロート持ってますか?」
というスレートを出されちゃいました。
えへへ。もちろん持っています。
でも、本当に緊急用なので、5mもロープは付けていません。
しかーし、持っているカレントフックが5m以上の超ロングだったので、即席で組み合わせ、サポートしちゃいました。
そんなかんじで1本目に続いていろいろ動いていたら、帰りの船で
「船の掃除しなきゃだから、ログ付け任せていいですか?」
って。
で、ショップに戻った後一緒に潜った人たちに、ポイントの特徴や出会った生き物たちを説明。
結局お給料もらえるぐらい手伝っていたかも。
かといって、ダイビング代サービスしてくれませんでしたが・・・
でも、嫌いじゃないんです。こうやって頼られるの。
by diver813 | 2008-12-09 01:36 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#436 ヒメイソギンチャク
a0013160_050518.jpg
【和名】 ヒメイソギンチャク
【学名】 Anthopleura asiatica
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ウメボシイソギンチャク科
【直径】 2cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体壁はなめらかで、上端は襟状。触手の数は約150本で先細る。色彩には変異があるが、淡緑褐色の個体が多く、体壁に褐色点が縦に並ぶ。
【生態】
本州中部~九州に分布。岩礁域の潮間帯付近に生息する。縦分裂による無性生殖を行い、分裂を繰り返し群れを作る場合がある。
【ひとこと】
イソギンチャクの仲間は受精を伴わない、単独で新しい個体を作る無性生殖(分裂)を行う(クローンを作る)種類が多いのですが、ヒメイソギンチャクは縦に裂けて分裂する最も多くみられる分裂を行います。イソギンチャクの仲間の分裂の方法は他に、横方向に真っ二つになる「横分裂」、体の表面から芽のようなものができて分裂する「出芽」や、足の一部がちぎれて新しい個体になる「足盤裂片法」などがあります。
by diver813 | 2008-12-04 00:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
新ブログ開設のお知らせ
a0013160_2195463.jpg
          今度は山。


新しい趣味を始めたので、新しいブログ「ぐり高原の食卓」を開設しました。
ラ島ともども、よろしくお願いいたします。
by diver813 | 2008-12-02 02:20 | Trackback | Comments(2)