The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2008.09 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_04097.jpg
          すてきな写真が撮れました


Site 渡嘉敷島 タマルル
Maximum Depth  23.1m
Water Temperature 28℃
Entry 11:52
Exit 12:40
Dive Time 48min.

天気もよく、透明度もいい。
こんな日は写真撮影にぴったり。
というわけで、激写しまくった一本。
エントリー早々出会ったウミガメがまた、人懐っこすぎ。
カメラを構えていたら、ぶつかりそうなくらい近づいてきて、逆にピントが合いませんでした
酷く強いフラッシュを焚かれた後も、気にせず餌を食べてるし・・・
ちょっと足を伸ばした先の根では、ストロボの光量をスカシテンジクダイを撮影したり、ムッとしたカンモンハタを撮影したり。
そして、最後に出会ったウミガメは、太陽を背に、いいシルエットをもらいました。
狙った通りの写真が撮れたり、意外な写真が撮れたり、なかなか楽しい一本でした。

a0013160_044428.jpg
人懐っこいウミガメ



a0013160_051273.jpg
ぶつかりそう



a0013160_094884.jpg
ごめん、眩しかったよね



a0013160_055138.jpg
餌を食べるウミガメ



a0013160_061683.jpg
スカシテンジクダイ(明るめ)



a0013160_063434.jpg
スカシテンジクダイ(やや暗め)



a0013160_065868.jpg
スカシテンジクダイ(暗め)



a0013160_018752.jpg
カンモンハタ



a0013160_072889.jpg
ウミガメのシルエット
by diver813 | 2008-11-19 00:35 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_025133.jpg
          エビ穴ってなんかいいよね


Site 座間味島 知志
Maximum Depth  17.3m
Water Temperature 28℃
Entry 10:02
Exit 10:49
Dive Time 47min.

2日目は慶良間へやってきました。
1本目はクレバス洞窟、転石と隠れ場所いっぱい、甲殻類いっぱいの知志。
前回はキンチャクガニにも会えたポイント。
エビ穴などを、じっくり観察しながら、のんびり楽しんでいたら、メンバーの一人があわてて
「カメラがない」
のジェスチャー。
そしたらガイドさんが、
「みんなを見ていて、カメラ探してくるから」
って書いたスレートを・・・
あれ?客としてきていたはずだったんだけどな。っていうか、カメラを探しに行きたかったです。
残念ながらカメラは結局行方不明。
無くしてしまった方を見ていると、本当に気の毒でした。
カメラを無くすって、思い出も無くした気持ちになっちゃうんですよね。
by diver813 | 2008-11-18 00:25 | Diving Log
#435 ホシススキベラ
a0013160_19452091.jpg

【和名】 ホシススキベラ
【学名】 Anampses twistii
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 4cm
【撮影地】 チービシ 水深10m
【特徴】
体はやや細長く強く側扁する。体色は暗黄褐色で腹部前半は黄色。体側に小青色点が散在し、背鰭、尻鰭軟条部に眼状斑が入る。
【生態】
トカラ列島以南の中・西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の水深10m前後に生息する。雌性先熟の性転換をし、底生動物を食べる。
【ひとこと】
一部のベラの仲間に見られる、背鰭と尾鰭の後端にある眼状斑は、成長とともに消える種類が多いのですが、本種は成長しても残ります。他の種類は消えるのに、自分だけ消えないなんて、なんか大人になっても「ケツが青い」みたいでいやかも。
by diver813 | 2008-11-16 19:45 | 海洋生物図鑑
2008.09 Okinawa The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_2154199.jpg
          5匹も?


Site 神山島 東ドロップ
Maximum Depth  31.4m
Water Temperature 28℃
Entry 14:58
Exit 15:30
Dive Time 32min.

2本目は東ドロップでドリフト。
潜行に手間取ったりというのがあって、やっと降りれた水底は砂漠のようなガレ場。
流れている中潜るドリフトダイビングだと、すぐに潜らないとポインを外してしまうんです。
しかし、このガレ場が意外と面白い。
好んで行くような場所じゃないということは、普段潜る場所とは環境が違うということ。
そうなると、見たことがない生き物が結構いるんです。かわいくないけど。
もう少し、じっくり観察したかったのですが、水深も30mぐらいとそこそこだったし、ガイドさんが本来のポイントに向けてまっしぐらだったので、ちょこっとしか写真が撮れませんでした。
たどり着いた先の壁は、イソバナが咲いていて、ハナゴイが群れる、正しい珊瑚礁のドロップオフ。
しかし残念ながら大物には会えませんでした。
by diver813 | 2008-11-15 21:54 | Diving Log
2008.09 Okinawa The 1st Day The 1st Dive
a0013160_156975.jpg

          地形が楽しいポイントでした


Site 神山島 南ラビリンス
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 27℃
Entry 13:21
Exit 14:12
Dive Time 51min.

久しぶりに沖縄にやってきました。
そしてはじめてチービシにやってきました。
とにかく近い。
飛行機で着いたその日に、のんびり沖縄そば食べてからでも2ダイブできるっていうのはなかなかです。
最初に潜ったのはラビリンス。
その名のとおりアーチ、クレバス、トンネルが入り組んでいます。
この穏やかな海で、青い光を眺めているときは、この旅の後半の海は想像もできませんでした。
by diver813 | 2008-11-14 02:05 | Diving Log
#434 クルマエビ科の一種
a0013160_1203055.jpg

【和名】 クルマエビ科の一種
【学名】 Penaeidae sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 クルマエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深3m
【特徴】
第1~第3胸脚に鋏を持ち、鋏は3対とも同大。頭胸甲は赤色で、第1腹節以降は半透明。腹肢は白色。
【生態】
西部太平洋に分布。珊瑚礁内湾の砂泥底に生息する。夜行性で昼間は砂中に潜る。受精卵を腹肢にかかえない。
【ひとこと】
ナイトダイビングで出会ったツートンカラーの美しいエビです。撮ったことがないエビがいる!って喜んで撮ったものの、一般的な図鑑やガイドブックに、本種と思われる種類は記載されていませんでした。何エビかわかった人は、ぜひ教えてください。もしかして未記載種?
by diver813 | 2008-11-13 01:20 | 海洋生物図鑑
2008.09 安良里 The 2nd Dive
a0013160_0225245.jpg

          ねむねむ


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 26℃
Entry 12:52
Exit 13:44
Dive Time 52min.

2本目はエントリーポイントから左に進み、ウデフリツノザヤウミウシとイザリウオ探し。
一番簡単に見つかったのが一番小さかったイザリウオ
ウデフリツノザヤウミウシは聞いていたサイズより随分大きかったので、かえって見つかりませんでした。
そして、一番大きかったイザリウオは、岩の割れ目の奥の奥で擬態でいたので、かなり見つけるのが難しかった。
やっぱり見つけやすさって、大きさよりも擬態の度合いですね。

a0013160_0232777.jpg
小さいイザリウオ



a0013160_024294.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ



a0013160_0243539.jpg
大きいイザリウオ
by diver813 | 2008-11-12 00:26 | Diving Log
#433 シマウシノシタ
a0013160_14273.jpg
【和名】 シマウシノシタ
【学名】 Zebrias zebra
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カレイ目 ササウシノシタ科
【体長】 20cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は長卵形で著しく縦扁し、眼は体の右側に位置する。背鰭と尾鰭は連続し、吻は円い。有眼側に2本ずつ、12対の黒褐色横帯が入る。
【生態】
北海道南部以南の太平洋・インド洋に分布。100m以浅の砂泥底に生息し、夜間は浅所で活動し、底生生物を捕食する。
【ひとこと】
非常にはっきりした縞模様が特徴。だkら学名もzebra。危険を感じると黄色斑がある尾を持ち上げて威嚇しますが、これは尾を頭部に見せているのではないかと考えられています。舌平目の仲間ですが、あまり美味しくはありません。
by diver813 | 2008-11-11 01:05 | 海洋生物図鑑
2008.09 安良里 The 1st Dive
a0013160_1251856.jpg
          む


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  12.8m
Water Temperature 24℃
Entry 10:39
Exit 11:25
Dive Time 46min.

ここのところ、ずっとアシスタントで後ろについていたので、今回はガイドとして先導することに。
ミジンベニハゼとか、ムレハタタテダイとか、ネジリンボウとテッポウエビとか、被写体として人気の可愛い生き物を見せることができ、みんな満足してくれました。
これも、現地のサービスにあった地図とスタッフの情報のおかげ。
毎日同じ場所に潜っている人の情報って、やっぱり正確ですね。

a0013160_1253745.jpg
ネジリンボウとテッポウエビ
by diver813 | 2008-11-07 01:27 | Diving Log
2008.09 田子 The 2nd Dive
a0013160_102548.jpg
          5分も違うんだ


Site 田子 フト根
Maximum Depth  33.0m
Water Temperature 23℃
Entry 13:00
Exit 13:32
Dive Time 32min.

2本目はダイナミックなフト根でディープ&ドリフトダイビング。
せっかくのプチディープなので、「新しいほうが厳しい」というダイブコンピュータの検証実験をしてみました。
実験は同条件であることが必須なので、メーカーはSUUNTO、当時一番安かったCOMPANIONと、現在最も安いMOSUQUITOを左腕に一緒に巻いて比較。
その結果、ご覧のとおり18mでの無限圧潜水時間に5分も差が・・・
結局のところ、コンピューターに頼りすぎてはいけないということですね。
もちろん、この2本目も初ファンダイビングの彼と一緒。
流れには驚いていたようですが、ディープも実戦でのバックアップ空気源の使用も落ち着いていました。
今後の成長が楽しみです。
by diver813 | 2008-11-06 01:00 | Diving Log