The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
#431 スミツキアトヒキテンジクダイ
a0013160_1285278.jpg
【和名】 スミツキアトヒキテンジクダイ
【学名】 Archamia dispilus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美大島 水深15m
【特徴】
体は側扁し長卵形で、眼が大きい。体色は淡褐色で、鰓蓋弁後方に赤色斑、尾柄に黒斑が入る。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋、ニューギニアに分布。珊瑚礁域、岩礁域の内湾や礁原に生息する。近縁種との混生群を形成する。
【ひとこと】
とにかく名前が長っ。穏やかな内湾の、スカシテンジクダイなどが着いている根などで見かけます。しかし、他のテンジクダイに紛れていたりするので、注意して見ていないと気づかないかも。鰓蓋の後ろにある赤色斑が本種の特徴ですが、水中だと黒っぽく見えるので、赤いことがよくわかりません。

a0013160_129393.jpg
黒っぽく見える
by diver813 | 2008-10-30 23:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.09 福浦 The 2nd Dive
a0013160_13640.jpg
          何ヤッテンノ?


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  11.6m
Water Temperature 26℃
Entry 13:26
Exit 14:11
Dive Time 45min.

講習もいよいよ大詰め。
マスク脱着、ホバリング、ナビゲーション、そして、いままでに出来なかったスキルと、難易度高め。
とはいうものの、問題なくクリアし、めでたく新しいダイバーが誕生しました。
最初のライセンス、取ったときはすごく嬉しいんですよね。確か。
by diver813 | 2008-10-29 23:03 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#430 ミドリヒモムシ
a0013160_030384.jpg
【和名】 ミドリヒモムシ
【学名】 Lineus fuscoviridis
【分類】 動物界 紐形動物門 無針綱 異紐虫目 リネウス科
【体長】 40cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は紐状で著しく長く柔らかい。頭部はヘラ状になり触手を持たない。体色は緑色で、明色横帯は入らない。
【生態】
本州中部以南に分布。転石下に生息する。口に収納している吻を飛び出すことで小動物を絡め取り捕食する。
【ひとこと】
紐形動物は口の中に反転して収めている吻を持っていますが、ここに毒針があるかないかで無針綱と有針綱に分類されています。血管は持っているのですが、心臓がなかったり、口と肛門がある消化管を持っていたりと、謎がいっぱいで、ゴカイの仲間(環形動物)に近いのか、ヒラムシの仲間(扁形動物)に近いのかよくわかっていませんでした。最近の研究では、その遺伝子から環形動物と軟体動物に近いのではないかと考えられています。

動画(かわいくありません)
by diver813 | 2008-10-25 00:51 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.09 福浦 The 1st Dive
a0013160_2215161.jpg
          教わらなくても泳げるもんね


Site 福浦 ビーチ
Maximum Depth  8.5m
Water Temperature 26℃
Entry 10:55
Exit 11:41
Dive Time 56min.

海洋実習第2弾。
東伊豆のコンディションがまたまた悪く、なんとか行けそうな福浦に急遽変更。
と、いう状態なので、透明度も残念な感じ。
とはいうものの、講習は順調に進みました。
そして、講習の傍ら、変な生き物に出会ったり・・・
その変な生き物は、次の記事のお楽しみ。
by diver813 | 2008-10-23 22:02 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#429 イシダイ
a0013160_1124727.jpg

【和名】 イシダイ
【学名】 Oplegnathus fasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イシダイ科
【体長】 50cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は楕円形で体高が高く、強く側偏する。吻部は尖り、歯は融合し嘴状になる。体色は灰色で、若魚には横縞が入る。
【生態】
北海道南部以南の日本各地、韓国、台湾に分布。岩礁域に生息し、甲殻類、ウニなど底生動物を捕食する。産卵期は春~夏。
【ひとこと】
老成すると口の周りが黒くなるので、クチグロとも呼ばれています。一方親戚のイシガキダイは老成すると口の周りが白くなります。なんでだろ。刺身にするととても美味しく、磯釣りの王様と呼ばれるくらい釣り人には人気で、水産上も重要種。人にもよく懐きます。キロ2000円~。

動画

a0013160_11335.jpg
真横から見た姿
by diver813 | 2008-10-23 01:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.09 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_0391790.jpg

          こういう子の方が喜ばれるよね


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.8m
Water Temperature 24℃
Entry 11:15
Exit 12:20
Dive Time 65min.

講習2本目は、少し余裕も出てきた様子だったので、講習をやりつつも、いろいろなクマノミを紹介。
変な生き物より、やっぱりこういう可愛い生き物から紹介しなきゃですよね。
by diver813 | 2008-10-16 00:39 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#428 アワハダキモガニ
a0013160_034495.jpg
【和名】 アワハダキモガニ
【学名】 Cymo quadrilobatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 オウギガニ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
甲はやや厚みがある円形。鋏脚と甲の前部は顆粒状の疣が覆う。体色は乳白色で、眼は水色。歩脚に赤色横縞が入る。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋、インド洋に分布。礁原のハナヤサイサンゴ類やミドリイシ類の枝間に生息する。
【ひとこと】
サンゴの枝の中に潜んでいるカニですが、サンゴガニ科ではなく、オウギガニ科。キモガニやヒメキモガニと同じ水色の眼をしていて似ていますが、鋏と体がブツブツなのですぐに見分けることができます。にしても、なんでこんな色の眼なんでしょうね。
by diver813 | 2008-10-15 00:34 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.09 江之浦 The 1st Dive
a0013160_0411889.jpg
          講習で見せる生き物か?


Site 江之浦 ビーチ
Maximum Depth  14.0m
Water Temperature 24℃
Entry 9:08
Exit 10:55
Dive Time 57min.

プール講習の次は海洋実習!
なのに、海は今年最悪の透明度。
水面付近は1m先が見えず、水底でも5m程度。
せっかくの初オープンウォーターだったので、ちょっと残念なコンディションでした。
by diver813 | 2008-10-07 00:41 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#427 スミレナガハナダイ
a0013160_2342579.jpg
【和名】 スミレナガハナダイ
【学名】 Pseudanthias fasciatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 12cm
【撮影地】 慶良間 水深30m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、尾鰭は深く湾入する。雄の体色は赤紫色で、雄は体側に四角い淡色の斑紋が入る。雌の体色は橙色で眼から後方へ2本の縦線が入る。
【生態】
奄美大島以南の中・西部太平洋に分布。潮通しの良い珊瑚礁外縁の水深20~70mに生息する。一匹の雄に対し10匹前後の雌でハレムを形成する。
【ひとこと】
やや深い場所に生息するハナダイ。ドロップオフや斜面に住むので、下から煽って背景を飛ばそうとするには更に深い場所へ行かざるを得なくなり、いつのまにか30mオーバーのダイビングを強いられてしまいます。深場に浮かぶ赤紫は綺麗なのですが、夢中になって長時間減圧する羽目にならないよう、注意してください。
by diver813 | 2008-10-01 00:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)