The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2008.09 Confined Water Dive
a0013160_2325759.jpg
          たまにはプールもいいもんです。


知人がライセンスを取るために、講習のお手伝いをしました。
デモンストレーションなどもしましたが、せっかくの限定水域なので、自分の限界にもチャレンジ。
スタティック・アプネア(じっとしている素潜り)をしてみたところ92秒でした。
学生のころは180秒はいけたんですけどね。
by diver813 | 2008-09-30 23:03 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#426 ハナビラダカラガイ
a0013160_117998.jpg

【和名】 ハナビラダカラガイ
【学名】 Monetaria annulus
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 タカラガイ科
【殻長】 2.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
貝殻は丸く滑らか。殻は乳白色で前後を欠く橙色の輪紋が入る。外套膜は黒色で、白い皮弁状の突起が散在する。
【生態】
房総半島以南に分布。岩礁域、珊瑚礁域の潮間帯に生息する。珊瑚の隙間や岩の窪みに大集団を形成することがある。
【ひとこと】
はなびらだから!ってなんとも乙女チックな名前のタカラガイ。外套膜で覆われていると、ただの石ころみたいですが、貝殻は名前のとおりとても綺麗です。この貝殻がほどよい大きさで、丈夫で、分布が広かったために、キイロダカラガイとともに中国では貨幣として使われていた時代がありました。タカラガイという名前の語源もここに由来します。貯、財、費、資、貧など、金銭に関わる漢字が「貝」という部首を持つものこのためです。

a0013160_1172282.jpg
外套膜



a0013160_1173443.jpg
貝殻



a0013160_118080.jpg
裏側
by diver813 | 2008-09-24 01:21 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.08 大瀬崎 The 1st Dive
a0013160_014292.jpg
          海中より海上がメイン


Site 大瀬崎 仏北
Maximum Depth  17.3m
Water Temperature 24℃
Entry 10:10
Exit 11:14
Dive Time 64min.

今年もやってきました、接待ダイビング。
前回の場所から、少しポイントを南にずらして、昨年2月に潜ったポイントへ。
岩がゴロゴロしていて、いかにもいろいろいそうな場所なのですが、前に来たときにはいろいろいた場所なのですが、残念ながら、会いたい生き物には、ほとんど会えませんでした。
一時間以上、探し回ったんですけどね。
by diver813 | 2008-09-12 00:01 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_0312210.jpg
          なるほど保護色


Site 伊豆山 沖根西~東
Maximum Depth  20.1m
Water Temperature 20℃
Entry 13:39
Exit 14:29
Dive Time 50min.

2本目は沖根西から潜って、沖根東に上がるルート。
水深18mほどまで一気に潜ると、急に水温が下がって凍えました。
寒かったので、がつがつ泳いでいたら、あっという間に沖根東のロープに到着。
結局通り越していろいろ遊んでいたら、沖根東のロープがわからなくなり、結局沖出しして浮上。
船長迎えに来てありがとう。そしてごめん。
by diver813 | 2008-09-11 00:30 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2008.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_0251011.jpg
          乙女チック?


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 22℃
Entry 11:15
Exit 12:03
Dive Time 48min.

年に一度の伊豆山花火大会!
今年は参加者が約20人。
というわけで、5人を連れてガイドをすることに。
久しぶりの単独ガイド。
みんなちゃんと付いてきているか確認しながら、コースを見失わず・・・
とやっていると、さすがに写真はあまり撮れませんでした。
でも、みんな楽しそうだったのでなによりです。
by diver813 | 2008-09-10 00:23 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#425 ニシキハゼ
a0013160_023346.jpg

【和名】 ニシキハゼ
【学名】 Pterogobius virgo
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 15cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は細長く円筒形で、鱗は皮下に埋没する。第一背鰭の辺縁は丸い。体色は乳白色で、青輝色に縁取られた橙色~茶褐色の太い縦帯が入る。
【生態】
千葉県以南の本州~九州、朝鮮半島西部に分布。岩礁との境界線付近の砂底や、砂の溜まった岩場の窪みに生息し、肉食性で底生動物を食べる。
【ひとこと】
体側の青いラインが綺麗なハゼ。大きいものは20cmを超えます。せっかく綺麗なハゼなのに、大柄なためか、あまり人気がありません。この綺麗なライン、普段はくすんでいて目立たないのですが、キケンを感じると鮮やかに浮かび上がります。かえって危険な気がしますね。
by diver813 | 2008-09-03 23:45 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(2)