The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2008.06 安良里 The 2nd Dive
a0013160_23192792.jpg
          刺シテヤロウカ


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 20℃
Entry 13:00
Exit 13:44
Dive Time 44min.

2本目はベニイザリウオ(ベニカエルアンコウ)を探しに、砂地とゴロタの境を、ネジリンボウなどを撮りながら、ひたすら西へ。しかし、残念ながら見つけることはできませんでした。
もしかしたら、みんなに見られて隠れてしまったのかもしれません。
by diver813 | 2008-07-29 23:19 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#423 マゴチ
a0013160_1504846.jpg
【和名】 マゴチ
【学名】 Platycephalus sp.
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 コチ科
【体長】 60cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は細長く強く縦扁し、鱗は小さい。体色は灰色で、多数の小褐色斑が密布し、体の後半に数本の太い暗色帯を形成する。背鰭と尾鰭に暗色斑が入る。
【生態】
千葉県、新潟県以南の太平洋、インド洋に分布。水深30m以浅の砂泥底に生息する。小型の底生動物を食べる。雄性先熟の性転換を行う。
【ひとこと】
夏といえばマゴチ。刺身は歯ごたえが最高で、できれば捕れたてを食べて欲しい魚。海の中では砂に隠れているので、ぱっと見どこにいるのかわからず、急に飛び出してきてびっくりさせられます。ワニゴチのようにまつ毛のような皮弁はありませんが、結構ユーモラスな愛らしい顔をしています。以前はPlatycephalus indicusと同種とされていましたが、現在は別種とされています。でも、学名はまだついていません。

a0013160_1511244.jpg
砂に隠れている姿



a0013160_1511973.jpg
飛び出した姿



a0013160_1543496.jpg

by diver813 | 2008-07-17 02:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
2008.06 安良里 The 1st Dive
a0013160_1173216.jpg
          ちょっとムッとしてる?


Site 安良里 黄金崎
Maximum Depth  16.1m
Water Temperature 20℃
Entry 10:48
Exit 11:47
Dive Time 59min.

久しぶりに黄金崎にやってきました。
海を見た瞬間、カメラが水没した嫌な思い出が蘇ります。
そんな感傷に浸っていると、新しいメンバーのBCDに空気が入らないことが発覚。
しかたないので、BCDを交換し、自分は空気が入らないBCDで潜ることに。
この時はこれが、さらなるトラブルを呼ぶことになるとは、思いもよりませんでした。
黄金崎は被写体が多く、ミジンベニハゼとかマトウダイとかヒメコウイカとかスナダコとか、いろいろ追いかけていたらいつのまにか時間が経っていました。
そして、エアが少なくなったチームと別れ、エアが残っているチームを引き連れて、もう少し楽しむことに。
デジカメで水中マップをプレビューしながらラインに沿ってガイドを続けます。
しかし、陸に向かっているはずなのに、一向に水深が浅くなりません。
???
コンパスはBCDに付けているのですが、そのBCDを貸してしまったために、方位を確認できなかったのが最大の敗因でした。
そこで、残ったメンバーのコンパスを確認したときには既に時遅し。
コンパスの隣の残圧計がほぼ0だったんです。
あきらめてその場から3人で浮上。
なんとか浮上したものの、残圧0のメンバーは、浮上した直後、沈みそうになりました。
残圧がほとんどないと、BCDにエアが入らず、そしてパニックになりやすいため、浮上した直後に沈んでしまうという事故って結構多いのです。
それをわかっていたから、すかさず助けに入りましたが、危なかった・・・
結構な勢いで立ち泳ぎをしながら、もともと空気が入らない自分のBCDと、沈みかけた相手のBCDの両方に口で空気を吹き込み、その後は曳航。
そして、もう一人も、「大丈夫です」と元気に言っていたのですが、程なく「キツイ」と言い出す始末。
結局ゴツい大男2人を100mほど曳航して帰ることに。
さすがに今回は疲れました。
by diver813 | 2008-07-14 01:19 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#422 フトユビシャコ
a0013160_0551484.jpg

【和名】 フトユビシャコ
【学名】 Gonodactylus chiragra
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 口脚目 フトユビシャコ科
【体長】 7cm
【撮影地】 奄美大島 水深0.5m
【特徴】
体は細長い筒状で、捕脚の指節基部が大きく膨らむ。尾節に縦長の隆起が3本入る。体色は褐色や緑色など変異は著しい。
【生態】
相模湾以南の西武太平洋、インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域の潮間帯に生息し、干潮時も活発に活動する。捕脚で打撃し小動物を捕らえる。
【ひとこと】
体はモンハナシャコほど大きくありませんが、やはり強力なシャコパンチを放ちます。以前飼育した個体は、サザエの殻を難なく割っていたので、ヒトの爪ぐらいきっと簡単に・・・遊ぶときは気をつけましょう。フトユビシャコモドキとよく似ていますが、フトユビシャコモドキは尾節の隆起が5本なので、区別できます。

a0013160_0553833.jpg
横から見た姿



a0013160_0555021.jpg
上から見た姿
by diver813 | 2008-07-07 00:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.05 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_0453353.jpg
          くぱぁっ


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  15.5m
Water Temperature 19℃
Entry 11:40
Exit 12:40
Dive Time 60min.

2本目の目当てはアオリイカの産卵。
ペアがゆらゆら、遠ざかったり、近づいたり。
ストロボをできるだけ離して、近づいたところをうまく狙おうとしていたのですが、あまり透明度が良くなかったので、クリアな写真は撮れませんでした。
じっくり観察した後は、イザリウオ(カエルアンコウ)を探したり、3匹繋がって交尾しているアメフラシを観察したり。
新しい命を感じる水中散歩でした。

a0013160_0455678.jpg
ペアがゆらゆら



a0013160_046856.jpg
イザリウオ
by diver813 | 2008-07-01 00:57 | Diving Log | Trackback | Comments(6)