The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
#420 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_048576.jpg
【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Pseudoceros sp.
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は扁平で柔らかい。頭部の縁は捲れ触角状になる。体色は黒で、周縁部は橙色。正中線に黄色縦線が入り、周縁部から正中線に向けて黄色横線が走る。
【生態】
太平洋などの暖海に分布。珊瑚礁域の砂礫底に生息する。周縁を波打たせながら、活発に海底を這い回る。
【ひとこと】
Pseudoceros dimidiatusとよく似ていますが、P. dimidiatusは稲妻のような横線が入らないため、同一種かわかりません。もっとよく似ていて背中の縦線が2本の個体もいたりするし。そして、似たような個体がフィリピン、インドネシア、ハワイ、モザンビークといろいろな場所で見られているので、分布もわかりません。わからないことばかり。でも、かなり活発で面白いから動画を撮っていたら、谷渡りをすることがわかりました
by diver813 | 2008-05-23 00:48 | 海洋生物図鑑
2008.04 Amami The Last day The 1st Dive
a0013160_04531.jpg
          じろり


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  11.1m
Water Temperature 22℃
Entry 7:50
Exit 8:38
Dive Time 48min.

今回最後のダイビングは早朝の倉崎で小物探し。
いつも見かけるハナヒゲウツボに挨拶をして、ヒラムシの行動を観察したりしていました。

a0013160_05917
いつも見かけるハナヒゲウツボ
by diver813 | 2008-05-22 00:05 | Diving Log
2008.04 Amami The 3nd day The 2nd Dive
a0013160_23533190.jpg
          毛虫っぽい


Site 奄美大島 空港北
Maximum Depth  19.6m
Water Temperature 22℃
Entry 14:31
Exit 15:36
Dive Time 65min.

2本目は近場の空港北。
魚を追いかけまくった1時間、かなりいい運動になりました。
でも、最近、なかなか痩せないんです。
by diver813 | 2008-05-21 23:53 | Diving Log
#419 ナガサキスズメダイ (幼魚)
a0013160_0174371.jpg
【和名】 ナガサキスズメダイ(幼魚)
【学名】 Pomacentrus nagasakiensis (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。体色は鮮やかな青色。背鰭、臀鰭の軟条部に数本の淡色線が走る。背鰭後端基部に黒色眼状斑が入る。
【生態】
千葉県、長崎県以南~沖縄に分布。珊瑚礁域、岩礁域の外縁部に生息する。雑食性で動物プランクトンや藻類を食べる。
【ひとこと】
幼魚は非常に綺麗な青色ですが、大人になると黒ずんで、可愛くなくなってしまいます。そして、他のスズメダイと同じように、卵を守っているときはとても攻撃的になります。勝手を言うと、子供のままでいて欲しい魚のひとつです。
by diver813 | 2008-05-15 00:18 | 海洋生物図鑑
2008.04 Amami The 3nd day The 1st Dive
a0013160_0304898.jpg
          ストロボにも慣れてきたかな


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  23.9m
Water Temperature 22℃
Entry 10:14
Exit 10:44
Dive Time 30min.

大好きな七ツ根。満足な写真が撮れる、相性のいいポイント。
今回もストロボに慣れたせいか、七ツ根だからか、納得のいく写真がいくつか撮れました。
でも、調子に乗ってぱっきりウズマキとかアザハタのアップとか、カメラに夢中になっていたら、クリーニングに来て逆立ちで静止していたイソマグロというレアなシーンを見逃していたらしい。
う~ん、無念。

a0013160_0313629.jpg
ウズマキ



a0013160_0311561.jpg
アザハタ
by diver813 | 2008-05-14 00:35 | Diving Log
2008.04 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_23474757.jpg
          しゃきーん


Site 奄美大島 グルクンの根
Maximum Depth  23.1m
Water Temperature 22℃
Entry 13:57
Exit 14:35
Dive Time 38min.

2本目はグルクンの根。若干日も出てきて、風も治まり、海のコンディションは少し良くなっていました。
とは言っても、グルクンの大群がいるわけではありませんが、キンメモドキのカーテンや、トンネルなどの地形を堪能。
オランウータンクラブもいたのですが、恥ずかしがりやで出てきてくれませんでした

a0013160_23491312.jpg
オランウータンクラブ
by diver813 | 2008-05-13 01:10 | Diving Log
#418 アカモンヒトデ
a0013160_143289.jpg
【和名】 アカモンヒトデ
【学名】 Neoferdina cumingi
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ホウキボシ科
【直径】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は星型で、腕はやや先細りする。盤は褐色で、腕の正中線と側縁に千歳緑の円形斑が並ぶ。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域や珊瑚礁域の、転石の裏などに生息する。
【ひとこと】
模様が個性的なので、他種との区別は簡単。その個性的な姿が人気なのか、鑑賞用としても販売され、食べ残した餌などの掃除屋として、アクアリストに重宝されています。
by diver813 | 2008-05-12 01:05 | 海洋生物図鑑
2008.04 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_011647.jpg
          可愛ク撮ッテネ


Site 奄美大島 円瀬北
Maximum Depth  13.3m
Water Temperature 22℃
Entry 10:01
Exit 10:42
Dive Time 41min.

初日に呑みすぎたので、ちょっとゆっくり目の一本目。
雨が降ったり止んだりのあいにくの天気、北風を避けて空港の南側の円瀬北で潜りました。
あっちこち生き物を探しながらうろうろしていたら、可愛いオオセが正面から泳いでくるではないですか。
そして、その後ろには、オオセを追いかけて仲間たちが・・・
これは激写せねば、と、追いかけていくと、20mぐらい泳いでから着底。
着底してしまえば撮り放題。
みんなで囲んでじっくり撮らせてもらいました。
最後にはモンハナシャコも登場
好きな生き物に出会えると、満足度がちがいます。

a0013160_01449.jpg
モンハナシャコ
by diver813 | 2008-05-01 00:02 | Diving Log