The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2008.04 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_0365523.jpg
          何モ隠シテナイヨ


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  18.5m
Water Temperature 23℃
Entry 16:23
Exit 17:11
Dive Time 48min.

毎度の一反瀬。港から5分もかからないので、一緒に行った仲間は
「こんなに近いの?」
ってあわてて準備していました。
何度も潜っている海ですが、ウミウシやら、スズメダイやら、カイメンやら、はじめて撮影できた生き物がたくさん。
やっぱり素敵なポイントです。
浮上の前は、エアがなくなるまで浅い珊瑚礁を散策。
ケブカカニダマシでじっくりマクロの練習をしたできました。
そして、潜った後は、お酒を呑みながらバーベキュー。
海の話、酒の話、メシの話、奄美の話、パフュームの話。
夜遅くまで盛り上がっちゃいました。
by diver813 | 2008-04-30 00:49 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#417 イシヨウジ
a0013160_0141645.jpg

【和名】 イシヨウジ
【学名】 Corythoichthys haematopterus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 ヨウジウオ目 ヨウジウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は硬い体鱗で覆われ細長い。吻はやや細長く筒状で、頭長の約半分。体色は淡黄色~灰褐色で体側に黄色~橙色の網目模様と暗色斑が入る。
【生態】
本州中部以南の太平洋・インド洋に分布、珊瑚礁域の平坦な砂礫底に生息する。卵は雄が腹部で孵化するまで育てる。
【ひとこと】
クチナガイシヨウジとよく似ていますが、クチナガイシヨウジは吻がより長く、体側の模様が網目ではないことで区別することができます。タツノオトシゴなどのように育児嚢は発達せず、卵は体表に露出した状態で産み付けられます。
by diver813 | 2008-04-29 23:13 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.04 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_2351827.jpg
          綺麗に撮れてるかな?


Site 奄美大島 六丁目
Maximum Depth  18.1m
Water Temperature 23℃
Entry 13:48
Exit 14:35
Dive Time 49min.

大好きな師匠と、仲間たちと奄美へ行ってきました。
そして、前回はなれる暇もなかった新しいカメラ、ストロボも装備して実戦配備
ペアのウミウシカクレエビとか、ウコンハネガイとかでストロボの調整を練習。
ピント調整とかもまだ慣れませんが、使いこなせるようになったら、いい写真が撮れる予感がします。

a0013160_232325.jpg
カメラ



a0013160_2354475.jpg
ウミウシカクレエビ
by diver813 | 2008-04-28 02:36 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2008.02 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_173687.jpg
          2月の水没は笑えません。


Site 伊豆山 大黒根
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 14℃
Entry 11:46
Exit 11:55
Dive Time 9min.

2本目、新しいカメラに慣れようと、意気揚々とエントリー。
ひやり。
右手首につめたい感覚が・・・
でも、一本目で動きすぎてやや水没していたから、きっと水に入ってその湿り気が冷たくなったに違いない。
と、思っている間に、冷たい箇所が手首から肘までに拡大。
うーん・・・
と思いながら潜って行くと、今度は胸までつめたい感覚が。
・・・間違いない。水没だ。
そう思って、手首のシールを確認しても、まったく異常は見つからず。
しかし、これ以上はやばいと感じ、師匠にサインを出して浮上。
船に上がると、ドライスーツがひざ下までタプンタプンでした。
なんとか耐えてたところ、船で待機していた船長が、
「先に港に戻ろう」
と、港まで連れて行ってくれたので、ひどく凍えずに済みました。
結局、後で調べたら、手首のシールとシェルの間の接着が剥離していたのが水没の原因。
もし、もう少し長く潜っていたら、全体に水が入って、重すぎて船に上がれず、逆さ吊りで排水することになったはず。
う~ん、危機一髪。
by diver813 | 2008-04-25 01:08 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#416 オオメテナガヒメガザミ
a0013160_0461921.jpg

【和名】 オオメテナガヒメガザミ
【学名】 Portunus macrophthalmus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ワタリガニ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
甲は菱形で、前側縁第6歯が長く突出し、眼が大きい。鋏脚は長く、掌部が膨らみ、第4.歩脚は扁平。体は半透明の白色で、赤褐色斑が散在する。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋、ハワイに分布。珊瑚礁域に生息し、夜行性で日中は砂の中や転石下に隠れる。
【ひとこと】
くりくりした眼がとっても愛らしい小さなワタリガニの仲間。夜行性なのであまり見かけませんが、そんなに素早くないので、見つけさえすればゆっくり観察することができます。ただし、砂地の場合は素早く潜ってしまうので、岩の上などで観察しましょう。

a0013160_0462987.jpg
くりくりした眼
by diver813 | 2008-04-21 00:47 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2008.02 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_131038.jpg
          新しいカメラ、はじめての一枚


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  27.3m
Water Temperature 14℃
Entry 9:30
Exit 10:11
Dive Time 41min.

3年以上使ったC-770UZ、いい絵は撮れるのですが、さすがに古くなってきたし、画素数も・・・
というわけで、SP-560UZにカメラを持ち替えました。
操作に手間取って、なかなか上手く撮れませんでしたが、ストロボが届けばまあまあな写真が撮れそうです。
そんなこんなで、カメラに慣れるのに夢中になっていたら、一緒に潜っていた師匠夫妻から、
「おいで、おいで」
と、ジェスチャーが。
のんびり近づいていったら、合流する前に浮上されちゃいました。
「エアがないから、エアをくれ!」
ってことだったらしい。
でも、「エアがない」というサインは見てなかったんだな。ごめん。
by diver813 | 2008-04-20 01:03 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 3rd Dive
a0013160_0415772.jpg
          追いかけたいけど・・・


Site 城島 先端
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 21℃
Entry 14:23
Exit 15:08
Dive Time 45min.

ポイント開拓のために、城島の先端でドリフトダイビング。
エントリーしてすぐにクジラの歌が聞こえました。
かなり近かったので、目を凝らしていましたが、残念ながら姿は見えず。
でも、海の中はダイナミックで、すごい数のカスミチョウチョウウオに囲まれたり、足元を見ると綺麗なヒラムシがいたり、なかなか楽しかったです。
最後の最後、安全停止をしながら沖出ししているところで、ツムブリが周りを回っていましたが、さすがに追いかけるのは諦めました。

a0013160_042942.jpg
ヒラムシ
by diver813 | 2008-04-18 00:45 | Diving Log | Comments(2)
#415 ヒレナガヤッコ
a0013160_0232873.jpg
【和名】 ヒレナガヤッコ
【学名】 Genicanthus watanabei
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キンチャクダイ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深24m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。雌の体色は淡青色で、頭部に4本の太い黒色横帯が入る。背鰭、尻鰭の辺縁、尾鰭の上下端は黒色。雄は腹部に多数の黒色横帯が入る。
【生態】
沖縄本島以南の西部太平洋に分布。水深20m以深の珊瑚礁外縁に生息する。動物性プランクトンを捕食し、雄はハレムを形成する。
【ひとこと】
図鑑には沖縄本島以南と記載されていますが、奄美大島で複数個体観察できました。雄はとってつけたような縦縞模様が体側に入ります。幼魚の模様は雌に似ていて、雌性先熟(雌として生まれ、その後雄になる)の性転換をすると考えられています。
by diver813 | 2008-04-17 23:24 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 2nd Dive
a0013160_1232052.jpg
          はじめまして


Site 安室島 平瀬
Maximum Depth  34.9m
Water Temperature 21℃
Entry 11:48
Exit 12:33
Dive Time 45min.

2本目は平瀬。深場にいるスミレナガハナダイを見に行ったら、いつのまにか水深30mを超えていました。
スミレナガハナダイを見た後は、ガレ場で岩を片っ端からひっくり返して、エビカニやウミウシ探し。
そこで、ついに念願のフリソデエビに遭遇。
なんでこんなにハデなのか、意味がわかりません。
小物探しの後は、コブシメの産卵を観察。
もりだくさんの一本でした。

a0013160_1234748.jpg
コブシメの産卵
by diver813 | 2008-04-16 23:25 | Diving Log | Trackback | Comments(2)