The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2008.02 Okinawa The 3rd Day The 1st Dive
a0013160_23325440.jpg
          ストロボが届きません


Site 渡嘉敷島 野崎No.2
Maximum Depth  24.8m
Water Temperature 21℃
Entry 10:16
Exit 11:06
Dive Time 50min.

出張のついでに慶良間で潜ってきました。
ストロボは持っていっていたものの、コードを忘れてしまい、結局内臓ストロボのみ。
曇った冬の沖縄では、光量が足りません。
でも、「ウミウシがいる」と言われた根で、小さなモザイクウミウシを見つけ、ガイドさんに褒められたのでよしとします。

a0013160_23333024.jpg
モザイクウミウシ


 
by diver813 | 2008-03-18 23:34 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#414 セトイロウミウシ
a0013160_1115187.jpg
【和名】 セトイロウミウシ
【学名】 Chromodoris decora
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 1cm
【撮影地】 フィリピン 水深5m
【特徴】
体は楕円形で細長い。体色は乳白色で、外套幕は橙色で縁取られ、その内側に紫色の斑点が並ぶ。触角と二次鰓は白色。
【生態】
神奈川県以南の西部太平洋、インド洋に分布。穏やかなガレ場に生息する。温帯では稀で冬~初夏に見られる。
【ひとこと】
最大で18mmになるそうですが、見かけるのはほとんど1cm以下の小さな個体です。美しく小さなその姿から愛らしいという意味の"decora"という学名が付いています。触角と二次鰓を囲むような白色縦線がある個体が多いのですが、この線が乱れている個体もあるので、周縁の色と紫色の斑点が見分けるポイントです。
by diver813 | 2008-03-17 01:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.01 宇佐美 The 2nd Dive
a0013160_0265554.jpg
          上手く棘が抜けたのはいいものの


Site 宇佐美ビーチ
Maximum Depth  12.3m
Water Temperature 15℃
Entry 10:54
Exit 11:30
Dive Time 36min.

2本目はなにもいなかった砂場はあきらめて、岩場をガサゴソダイビング。
岩の裏に逃げ込んだ生き物を追いかけて、手を突っ込んだ瞬間に激痛が走りました。
防寒と安全のためにラテックスグローブ、ケブラーグローブ、ゴム手袋と3重に手袋をしていたのにもかかわらず、ガンガゼの棘が刺さったんです。
ケブラーグローブ刃物も、弾丸も当しませんが、所詮は編み物。鋭い棘には無力だってことを思い知らされました。
陸にあがって、慎重に棘を抜いたところ、抜くのが難しい棘が抜けた代わりに流血。
おかげで帰りは右手親指なしで運転して帰るはめになりました。
ちなみに棘は一本抜けても6本は残っちゃいました

a0013160_027717.jpg
残った棘
by diver813 | 2008-03-14 00:28 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#413 ヒゲハギ
a0013160_2354017.jpg

【和名】 ヒゲハギ
【学名】 Cheatodermis penicilligerus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 カワハギ科
【体長】 10cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は菱形で体高が高く強く側扁する。尾鰭は尖形で体表に不規則な皮弁が散在する。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。水深200m以浅の岩礁域や砂泥底に生息する。底生生物を捕食する。
【ひとこと】
全身にヒゲが出ているカワハギなのでヒゲハギ。まんまです。全身のヒゲは海藻などを模した擬態だと思いますが、こんなまばらで意味があるのか疑問です。結構見かけることが少ないし、変わった姿をしているので、出会えると少しうれしくなります。
by diver813 | 2008-03-12 23:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2008.01 宇佐美 The 1st Dive
a0013160_2383840.jpg
          上司の顔が浮かびます


Site 宇佐美ビーチ
Maximum Depth  16.2m
Water Temperature 15℃
Entry 9:05
Exit 9:38
Dive Time 33min.

冬休み最後のダイビングは宇佐美。
砂地に群がるヒラメを身にきたのに、見えるのはあしあとばかり。
なぜかいついているツバメウオに挨拶して、岩場を散策していたら、最後の最後で巨大ヒラメに会えました。
どんなときに砂地にいて、どんなときに岩場にいるのか、ヒラメの気持ちはわかりません。

a0013160_2385471.jpg
あしあと



a0013160_2391116.jpg
ツバメウオ
by diver813 | 2008-03-10 23:10 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
#412 カブトヤドカリ
a0013160_1274850.jpg

【和名】 カブトヤドカリ
【学名】 Dardanus deformis
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヤドカリ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 沖縄 水深1m
【特徴】
左の鋏脚が大きい。歩脚、鋏脚、触角に棘があり長毛が生える。体色は灰褐色で、眼は黄緑色で眼柄に暗色横帯が入る。
【生態】
紀伊半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁域潮間帯以深のガレ場などに生息する。アクギガイやタマガイ類を宿貝にし、ベニヒモイソギンチャクを付ける。
【ひとこと】
黄緑色の大きな眼がかわいいヤドカリ。潮溜まりなどでも見かけることができますが、昼間は隠れていることが多く、あまり見かけません。結構脚が速く、危険を感じて殻に隠れても、一瞬で出てきて、テケテケ歩いて行ってしまうので、写真を撮るのは大変。この個体はベニヒモイソギンチャクを付けていませんが、ベニヒモイソギンチャクは強い毒を持つので、触れるときは気をつけましょう。

a0013160_128585.jpg
横から見た姿



a0013160_1282530.jpg
体をせり出した姿
by diver813 | 2008-03-10 01:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2008.01 伊東 The 2nd Dive
a0013160_0474478.jpg
          デザートは大福


Site 伊東ビーチ
Maximum Depth  8.0m
Water Temperature 15℃
Entry 12:14
Exit 13:04
Dive Time 50min.

二本目も宝探しダイビング。
右へ左へ、かなりの距離を泳ぎました。
カメラを持っていないことが悔しいような生き物にも会えましたが、きっとカメラを持っていたら出会えてなかったと思うと複雑です。
たっぷり潜った後はもちつきをして、つきたてもちのお昼ご飯。
あったかい雑煮は最高のご馳走。
冷えた体に染み入ります。
おなかいっぱいになっても、あとひとつ、もうひとつと食べて、動けなくなってしまいました。
それでも余っちゃったので、残ったお持ちはお土産にしました

a0013160_0475123.jpg
雑煮



a0013160_048134.jpg
土産
by diver813 | 2008-03-07 00:49 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#411 アミメチョウチョウウオ
a0013160_23572613.jpg
【和名】 アミメチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon xanthurus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁し、吻が突出する、体色は白色で、鱗の後縁が黒く縁取られる。体の後縁と尾鰭後縁に朱色縦帯が入る。
【生態】
相模湾~沖縄、台湾、フィリピン、インドネシアに分布。珊瑚礁域に生息し、雑食でサンゴのポリプや付着藻類、小動物を食べる。
【ひとこと】
アミチョウチョウウオと名前が似ていて、同じ網目模様ですが、アミチョウチョウウオは黄色。やっぱり網目模様のカガミチョウチョウウオは臀鰭の形が違いぱっと見たシルエットがかなり違います。基本は色と模様が見分けるポイント。網目模様で体が白く、尾鰭が朱色のチョウチョウウオは本種と思ってほぼ間違いありません。
by diver813 | 2008-03-05 23:58 | 海洋生物図鑑 | Trackback | Comments(0)