The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
2008.01 伊東 The 1st Dive
a0013160_21133280.jpg
          筋肉痛になりました。


Site 伊東ビーチ
Maximum Depth  7.2m
Water Temperature 15℃
Entry 10:10
Exit 11:11
Dive Time 61min.

新年恒例のもちつきをしに、伊東へやってきました。
生き物探しに専念するために、久しぶりにカメラなしのダイビング。
手ぶらだとやっぱり身軽です。
一所に止まっていることもないので、行動範囲も広い、広い。
おかげで、ちょっと寂しい冬の海でも、たくさんの生き物に会うことができました。
ダイビングって、宝探しなんだなぁ。
としみじみ感じた一本でした。
by diver813 | 2008-02-27 00:00 | Diving Log
#410 ラッパモク
a0013160_1403817.jpg

【和名】 ラッパモク
【学名】 Turbinaria ornata
【分類】 植物界 褐藻植物門 褐藻綱 ヒビマタ目 ホンダワラ科
【高さ】 15cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
体は硬く、緑褐色。主枝から放射状に伸びた先端の葉はラッパ状。ラッパ状の葉は気泡で、周縁は棘状に尖る。付着根は太く繊維状。
【生態】
南西諸島以南、中~西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の潮下帯の岩の上に群生する。日当たりのよい、水平な場所に多い。一年を通して観察される。
【ひとこと】
特徴的な姿から、沖縄で磯遊びをすると、必ずといっていいほど目につく海藻。しっかりした根と硬い体は、捕食者から身を守るのはもちろん、波に揉まれる浅い海に耐えるためのものです。

a0013160_1405322.jpg
ラッパ状の葉
by diver813 | 2008-02-26 01:42 | 海洋生物図鑑
2007.12 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_0175560.jpg
          キシャァァッ!


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 16℃
Entry 13:20
Exit 13:54
Dive Time 34min.

2007年最後のダイビングは沖根。
風が強く吹いて来たので、エントリーから即潜行。
16度あると、水の中のほうが暖かく感じられます。
とはいえ、海の中はもう冬の顔。
透明度は良いのですが、活発に活動する生き物が少し減って寂しげなかんじ。
不思議な光を放つアヤニシキ一際目立っていました。

a0013160_042846.jpg
アヤニシキ
by diver813 | 2008-02-25 00:10 | Diving Log
2007.12 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_23422183.jpg
          あっぷっぷ


Site 伊豆山 大黒根
Maximum Depth  21.2m
Water Temperature 16℃
Entry 9:47
Exit 10:25
Dive Time 38min.

潜り納めはやっぱり伊豆山。久しぶりにドライスーツです。
やっぱりウエットと違って、ウエイトも重いし、水没も気になるし、動きにくい。
でも、寒いよりはいいんだ。
使い捨てカイロを使ってもあまり暖かくならないし、今度水中カイロとやらを買ってみようかな?
by diver813 | 2008-02-24 23:45 | Diving Log
#409 パウダーブルーサージョンフィッシュ
a0013160_134616.jpg

【和名】 パウダーブルーサージョンフィッシュ
【学名】 Acanthurus leucosternon
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は楕円形で体高が高く、強く側扁する。体色は淡青色で、頭部は黒色。背鰭、胸鰭、尾柄棘は黄色。
【生態】
アフリカ東部~アンダマン海のインド洋に分布。単独で行動することが多いが、時折大群を形成する。付着藻類を食べる。
【ひとこと】
インド洋らしいカラーリングの美しいニザダイの仲間。パウダーブルーとはよく言ったものです。観賞魚としても人気で、日本には主にスリランカから輸入されています。自然界では群れを作るのですが、飼育下だと争ってしまうため、複数飼育はできません。

a0013160_23184366.jpg
斜め前からの姿
by diver813 | 2008-02-24 01:04 | 海洋生物図鑑
2007.11 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_1455225.jpg
          ガシーン


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  15.2m
Water Temperature 17℃
Entry 11:54
Exit 12:41
Dive Time 47min.
一本目より、ちょっと深めに潜っただけで、水が冷たく感じられました。
でも、ロクハンを着ていれば楽勝。50分近く潜っていても、寒さは感じられません。
がんばっていろいろ探していましたが、マニアックすぎて図鑑に載っていないものばかりでした。残念。
by diver813 | 2008-02-22 01:47 | Diving Log
2007.11 江之浦 The 1st Dive
a0013160_0244666.jpg
          違う子だよね?


Site 江之浦ビーチ
Maximum Depth  12.5m
Water Temperature 20℃
Entry 10:07
Exit 10:47
Dive Time 40min.

11月の伊豆、陸上はだいぶ寒くなっても、水温はまだ20度あります。
そのためか、江ノ浦にもまだホウセキキントキが居ついていました。
福浦にいた子じゃないよね?
by diver813 | 2008-02-20 00:27 | Diving Log
#408 サンゴサラサエビ
a0013160_2352981.jpg
【和名】 サンゴサラサエビ
【学名】 Cinetorhynchus hendersoni
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サラサエビ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
第一・第二胸脚に鋏を持ち、額角は可動する。第三腹節の背部が盛り上がる。体に斑模様が入る。雄の鋏脚は著しく伸長する。
【生態】
真鶴半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。岩礁域や珊瑚礁域の内湾に生息する。夜行性で日中と夜間で体色を変化させる。
【ひとこと】
昼間は岩影や石の隙間などに隠れているのであまり見かけませんが、夜になると出てきます。昼間は全体的に緑っぽい色になっていますが、夜は頭胸甲は白っぽく、腹部は赤っぽくなります。
by diver813 | 2008-02-18 23:52 | 海洋生物図鑑
2007.10 Amami The Last day
a0013160_2330035.jpg
          ぴったり


飛行機に乗る日はダイビングができません。気圧の関係で飛行機の中で潜水病になるかもなので。
だから、奄美旅行の最終日は、飛行機が出発する夕方まで時間をつぶさなければなりません。
でも、ダイビングができなくても、奄美は自然が盛りだくさん。
潮溜まりで遊んだり、オオシマトカゲを上からからからじっくり観察してたりしたら、あっという間に夕方になりました。

a0013160_23301377.jpg




a0013160_23302550.jpg

by diver813 | 2008-02-18 23:31 | Diving Log
2007.10 Amami The 2nd day The 3rd Dive
a0013160_22565030.jpg
          マブシイヨ


Site 奄美大島 グルクンの根
Maximum Depth  23.9m
Water Temperature 26℃
Entry 16:10
Exit 16:44
Dive Time 34min.

探し回ってやっとこれたグルクンの根。
と言っても、グルクンがわらわらいるわけではありません。
地形が結構面白く、洞窟から覗く青い光は、とても綺麗でした。
by diver813 | 2008-02-18 22:57 | Diving Log