The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2007.09 Amami The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_0233150.jpg
          なんとか辿り着けました


Site 奄美大島 龍郷漁礁
Maximum Depth  32.2m
Water Temperature 29℃
Entry 13:26
Exit 13:54
Dive Time 26min.

龍郷漁礁は水深30mのポイント。
そこまで行かなければ、何もありません。
少し流れもあったので、一気に潜行しようとしたら、耳が抜けないではないですか。
アンカーロープに捕まって、普段は使わない手を使って鼻をつまんでも抜けない。むむぅ。
しかたないので、ガイドさんに「ちょっとずつ潜るから先に行ってて」と合図を出し、一度水面まで浮上。
こまめに耳抜きをしながら、ゆっくり潜ったらなんとかポイントまで行けました。
潜行に時間をかけてしまったので、ポイントには5分程度しかいられませんでしたが・・・
その後、リバースブロックと戦いながら、ゆっくり浮上。
陸にあがってからも、左耳は「くのー」ってなってしばらく難聴になっちゃいました。
そうそう、エントリーした瞬間、マスクが分解したりもしたんだった。
そういうこともあって、慌てたから余計耳が抜けずらかったのでしょう。
by diver813 | 2007-10-29 00:25 | Diving Log
#396  コンペイトウウミウシ
a0013160_0482299.jpg

【和名】 コンペイトウウミウシ
【学名】 Halgerda carlsoni
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 ドーリス科
【体長】 8cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体は楕円形で高さがある。体色は半透明の白色で、背面に橙色の疣が散在する。触覚と二次鰓に小黒斑が入る。
【生態】
三宅島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の潮通しのよい崖の壁面に生息する。活発に動き橙色のカイメンを食べる。
【ひとこと】
キスジカンテンウミウシと同じく、おいしそうなウミウシ。オシャレコンペイトウウミウシと似ていますが、本種は疣が大きく、橙色の斑紋も大きいので区別することができます。

a0013160_0485419.jpg
正面から見た姿
by diver813 | 2007-10-28 00:49 | 海洋生物図鑑
2007.09 Amami The 3rd day The 1st Dive
a0013160_23515711.jpg
          電車ごっこ?


Site 奄美大島 ハナゴイ
Maximum Depth  16.7m
Water Temperature 29℃
Entry 9:56
Exit 10:35
Dive Time 39min.

3日目、いよいよ風邪も本格化。
鼻水づるづるのダイビング。
咳をこらえながらハタタテシノビハゼに近寄って、エビとの仲良しっぷりを撮ったりしていました。
でも、途中でおっきなモクズガニに出会え、大興奮。
不思議と興奮しているときは咳も出ないものですね。

a0013160_2352193.jpg
なかよし
by diver813 | 2007-10-25 23:54 | Diving Log
#395 クロユリハゼ
a0013160_0355367.jpg
【和名】 クロユリハゼ
【学名】 Ptereleotris evides
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 6cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は細長い円筒形。体色は前半が乳白色で、後半は黒色。第2背鰭と臀鰭、尾鰭の上下端は黒色。
【生態】
千葉県以南の中・西部太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁外縁の根周辺や礁池に生息し成魚はペアで行動する。
【ひとこと】
青くて綺麗な海でホバリングする姿はとても可愛いハゼです。しかし、微妙な色彩なので、ストロボをしっかり当てないといけないのですが、臆病なのでなかなか近寄らせてくれません。鰭も全部きちんと開いていないと美しくないので、なかなか可愛く撮るのは難しいです。
by diver813 | 2007-10-25 00:35 | 海洋生物図鑑
2007.09 Amami The 2nd day The 3rd Dive
a0013160_0325785.jpg
          SFの兵器みたい


Site 奄美大島 前肥田
Maximum Depth  15.1m
Water Temperature 26℃
Entry 17:10
Exit 18:00
Dive Time 50min.

3本目、実は初日から風邪気味だったのが、本格的な風邪をひいてしまいました。
耳の抜けが悪くなり、普段手を使わずに抜いている耳も、気合を入れないと抜けなくなります。
そんなこんなで、ほとんどを耳抜きに費やしてしまったので、あまり写真は撮れませんでした。
やっぱり体調の管理は大切ですね。
by diver813 | 2007-10-24 00:33 | Diving Log
2007.09 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_026144.jpg
          何シニ来タノ


Site 奄美大島 立神
Maximum Depth  30.2m
Water Temperature 28℃
Entry 13:15
Exit 13:48
Dive Time 33min.

2本目もポイント探し。立神のすぐ沖合いのポイント。
30mまで下っていきましたが、ヘドロが溜まっているだけで、何もありませんでした。
浅いところの岩場もヘドロが覆っていて、いるのはウニとヒトデぐらいでした。
by diver813 | 2007-10-19 00:30 | Diving Log
2007.09 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_23442765.jpg
          ふよふよ


Site 奄美大島 龍神
Maximum Depth  17.7m
Water Temperature 29℃
Entry 9:47
Exit 10:37
Dive Time 44min.

2日目も外洋の波は収まらず、湾内で新しいポイント探しをしました。
立神のとなりで、浅場はガレ場、深場は砂礫底です。
このポイント、モンハナシャコとトラフシャコの両方が見れたり、コブシメがいたり、おっきなヒレジャコがいたりで、結構マニアックに楽しめます。
そんなこんなで新ポイント認定。
ポイント探しに付き合ったかわりに、ポイントのネーミングライツをもらったので、「龍神」という名前をつけちゃいました。
by diver813 | 2007-10-16 23:47 | Diving Log
#394 スジテコシオリエビ
a0013160_11255069.jpg
【和名】 スジテコシオリエビ
【学名】 Galathea spinosorostris
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 コシオリエビ科
【甲長】 0.5cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
頭胸甲は縦長で、歩脚より太く、頭胸甲より長い挟脚を持つ。体色は赤褐色で、鋏脚指部に白色横帯が入る。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域のガレ場に生息し、夜行性で昼間は転石下やカイメンの隙間に隠れる。
【ひとこと】
ガレ場の石を裏返すと出てきますが、出てきた瞬間、素早く別の物陰へ逃げてしまい、写真を撮るのはなかなか大変。コツは、逃げられないよう素早く石を持ち上げてしまうこと。すると、逃げ遅れて小さな窪みなどでじっとしてくれます。
横から見た姿
正面から見ると結構かわいい
by diver813 | 2007-10-14 11:28 | 海洋生物図鑑
2007.09 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_23423038.jpg
          濁っているときはマクロ


Site 奄美大島 立神
Maximum Depth  13.7m
Water Temperature 29℃
Entry 15:47
Exit 16:43
Dive Time 56min.

2本目も透明度はわろし。
そんな中出てきたセミホウボウ、最初は威嚇して大きく胸鰭を広げていましたが、しつこく追い回していたら、鰭をたたんで、猛スピードで逃げていきました。
あんなに速く泳げるとは・・・ちょっと感心。
by diver813 | 2007-10-11 23:49 | Diving Log
2007.09 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_22510100.jpg
          キラッ!


Site 奄美大島 ミドリヤ
Maximum Depth  12.6m
Water Temperature 29℃
Entry 12:29
Exit 13:21
Dive Time 52min.

遅い夏休みをとって、またまた奄美大島へ行ってきました。
台風は過ぎていたのですが、低気圧があり、波があったため湾内でのダイビング。
透明度はあまりよくありませんでしたが、海の色はきれいでした。
by diver813 | 2007-10-10 22:52 | Diving Log