The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2007.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_22123495.jpg
          針の山の鬼?


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  23.2m
Water Temperature 23℃
Entry 14:17
Exit 15:07
Dive Time 47min.

2本目は新根。
イイジマフクロウニに隠れているゼブラガニや、ウミシダに隠れているコマチガニ、アカウニに隠れているトウヨウヤワラガニなど、隠れ系のカニを激写。
ヒメセミエビも、何度か撮影を試みたのですが、ことごとくすぐに逃げられてしまいました。
で、二本目のあとは花火大会(動画・音が出ます)。
今年はコンディションもよく、煙もいいかんじに流れて、迫力満点でした。
by diver813 | 2007-09-29 22:16 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
2007.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_20365753.jpg
          ふわふわ


Site 伊豆山 沖根東
Maximum Depth  21.2m
Water Temperature 23℃
Entry 11:47
Exit 12:31
Dive Time 45min.

熱海の花火大会にあわせて、伊豆山に潜りに行ってきました。
今回はくらげねこさんと一緒。
なんか面白い生き物をみせようと、いろいろ探していたら、水深20mでムカデメリベを発見
通常潮間帯など浅いところに生息するので、こんな深さで見たのは驚き。
そんなマニアックな喜びを味わいながら、夏の伊豆を堪能しました。
by diver813 | 2007-09-29 20:41 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#393 キヌバリ
a0013160_0473732.jpg
【和名】 キヌバリ
【学名】 Pterogobius elapoides
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 10cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は円筒形で鱗は皮下に埋没する。体色は乳白色~淡桃色で、黄色い縁取りが入る黒色横縞が6~7本入る。
【生態】
下北半島~紀伊半島、北海道南部日本海側~北九州、瀬戸内海、朝鮮半島に分布。岩礁と砂底の境界に生息する。小さい個体は群れを形成し、成魚は単独で行動する。
【ひとこと】
はっきりとした縞模様が特徴のハゼです。この縞模様、太平洋に生息する個体は6本、日本海に生息する個体は7本と決まっているからまた不思議。浅い磯やタイドプールでも見かけることができます。
by diver813 | 2007-09-19 00:48 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.08 大瀬崎 The 1st Dive
a0013160_1303786.jpg
          頭の上にはもっと怖い生き物が


Site 大瀬崎 仏北
Maximum Depth  20.0m
Water Temperature 23℃
Entry 9:40
Exit 10:30
Dive Time 55min.

さて、2月に続き仕事の接待ダイビング第二段。
夏の休日だけあって、大瀬崎は大混雑。
それを尻目に誰もいない仏北に一人で潜ってきました。
やや深めにたっぷり潜っていたら、いつのまにか残圧が0に。
マックシェイクなみに渋いエア、久しぶりに吸いました。
上がってから船長に
「真上を2mぐらいのハンマーが泳いでいたよ」
と言われショック。
上も見ていればよかった・・・
by diver813 | 2007-09-18 01:31 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2007.07 Amami The Last day
a0013160_0483738.jpg
        キョロロロー


最終日は磯でモンハナシャコを捕まえたり、度胸試しにカナブン群がるアダンを蹴飛ばしたり、鶏飯食べたり、海を眺めながらのんびり過ごしました。
ん~ぜいたく。
by diver813 | 2007-09-12 00:50 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
2007.07 Amami The 3rd day The After dive
a0013160_0303636.jpg
        夏祭りっ!


最後の夜は、都合よく夏祭りでした。
ビールを飲みながら郷土芸能を堪能。
その後は頭上に上がる迫力満点の    。
帰った後は空だけでなく、地面にもホタルの星空。
海から上がった後もすごーく楽しかったです。
by diver813 | 2007-09-12 00:34 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#392 ミズイリショウジョウガイ
a0013160_23565699.jpg
【和名】 ミズイリショウジョウガイ
【学名】 Spondylus varius
【分類】 動物界 軟体動物門 二枚貝綱 ウグイスガイ目 ウグイスガイ科
【殻長】 20cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
貝殻はほぼ円形で、左殻は右殻に比べ平たい。靭帯はひとつで、右殻から出る足糸で岩に張り付く。殻室内に水が貯まる。
【生態】
奄美以南に分布。珊瑚礁域の崖や洞窟のオーバーハングに固着して生活する。水中を漂うプランクトンを濾しとって食べる。
【ひとこと】
「にぃっ」と開いた口のような姿が印象的な二枚貝。大きさもちょうど人の口のサイズなので、なかなかいい感じです。貝殻に空洞があって、そこに水が貯まっているため「ミズイリ」という名前がついています。美味しいらしいのですが、残念ながら食べたことはありません。
by diver813 | 2007-09-11 23:58 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.07 Amami The 3rd day The 3rd dive
a0013160_0202293.jpg
        しあげは おか~あさ~ん♪


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.3m
Water Temperature 27℃
Entry 14:49
Exit 15:25
Dive Time 35min.

3本目は初日透明度が悪かった七ツ根。
そこまで透明度がよかったわけではないし、またまたカメラが曇ったりしてしまいましたが、大好きなモンハナシャコに会えたり、いろんな生き物と遊んだりで、楽しいダイビングでした。
by diver813 | 2007-09-11 00:25 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#391 イシガキカエルウオ
a0013160_034919.jpg
【和名】 イシガキカエルウオ
【学名】 Ecsenius yaeyamaensis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
身体は頭部が大きく細長い。前鼻孔の後縁のみ皮弁がある。背びれに欠刻が入り、胸鰭基部にY字状の黒色縦線が入る。体色や斑紋には変異がある。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・東部インド洋に分布。珊瑚礁域の水深5~20mに着底し生活する。
【ひとこと】
顔はユーモラスでかわいく、いつも上を見上げて夢見がち。そんな姿から被写体として人気があります。ちょっと離れてしまっても、行動範囲は限られているので、また戻ってきます。あまり追い回すと岩穴に入ってしまいますが。
by diver813 | 2007-09-11 00:06 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.07 Amami The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_1195576.jpg
        海水浴客の足下だけど・・・


Site 奄美大島 土盛海岸
Maximum Depth  4.4m
Water Temperature 28℃
Entry 11:40
Exit 12:30
Dive Time 48min.

2本目は体験に付き合ってビーチダイビング。
ビーチの魚たちはとっても人に馴れていて、進んで被写体になってくれました。
こういう明るい浅い海でのんびりするのもなかなかいいものです。
透明度が少し悪かったのは残念でしたけど。
by diver813 | 2007-09-10 01:20 | Diving Log | Trackback | Comments(0)