The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2007.07 Amami The 3rd day The 1st Dive
a0013160_0982.jpg
        細っ!


Site 奄美大島 空港北
Maximum Depth  19.6m
Water Temperature 27℃
Entry 9:24
Exit 9:56
Dive Time 32min.

空港のすぐそば、一反瀬の隣にあるポイント。
前日まで濁りがちだった海も、奄美のきれいな青に戻っていました。
でも、波で掘られた岩の周囲はそのままで、いつもは見えない岩の付け根が見えていたらしい。
リーフにはサンゴと華やかな魚。周囲に広がる砂地では、セミホウボウなど、ちょっと変わった魚に会えたりなかなか楽しかったです。
by diver813 | 2007-08-31 00:11 | Diving Log
#389 ムラサメモンガラ
a0013160_23383012.jpg
【和名】 ムラサメモンガラ
【学名】 Rhinecanthus aculeatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は長卵形で強く側扁する。体色は背面が黄色、腹面が白色。口から胸鰭付け根下部へ黄色帯が入り、体側中央は黒色。尾柄部に白色の縁取りが入る黒斑が入る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の砂地に生息する。警戒心が強く縄張りを持つ。雑食性でウニ類・甲殻類・ゴカイ類・貝類や海藻を食べる。
【ひとこと】
非常に独特な模様をしているので、すぐに見分けることができます。その派手さがうけて、観賞魚としても人気があります。普段は臆病ですぐ逃げて行きますが、夏の繁殖期は攻撃的でダイバーだけでなく、海水浴客にも噛み付いたりします。かなりのファニーフェイス
by diver813 | 2007-08-30 23:40 | 海洋生物図鑑
2007.07 Amami The 2nd day The 3rd Dive
a0013160_0352451.jpg
        曇ってメルヘンになっちゃった


Site 奄美大島 三ツ瀬
Maximum Depth  50.2m
Water Temperature 27℃
Entry 14:36
Exit 15:12
Dive Time 36min.

3本目は南に遠征して三ツ瀬。
ダイナミックな壁を下りながら潜って行くと、アカククリの群れに出会えました。
なんとか写真を撮ろうと、ハウジングの耐圧水深を超えて追っかけていったのに、気づくとカメラが曇っていました。
無念。
by diver813 | 2007-08-30 00:36 | Diving Log
2007.07 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_22494517.jpg
        じろり


Site 奄美大島 平瀬
Maximum Depth  17.1m
Water Temperature 27℃
Entry 10:50
Exit 11:27
Dive Time 37min.

2本目は今回も一緒に遊んでくれたOkiさんおすすめの平瀬。
外洋のポイント、気持ちよい流れの中、濃い魚影を見ながら水中散歩を楽しみました。
カメラに向かって突進してくる写りたがりのウミヘビや、かわいいアカホシサンゴガニのペアに会えて大満足でした。
Okiさんの記事 7/21 平瀬
by diver813 | 2007-08-27 22:54 | Diving Log
#388 サビウライロウミウシ
a0013160_235284.jpg
【和名】 サビウライロウミウシ
【学名】 Hypselodoris maritima
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深30m
【特徴】
体は楕円形で細長く伸びることができる。体色は白色で、背面の周縁の縁取りと触覚・二次鰓は黄色~赤色。背面に正中を避け赤褐色の斑紋が入る。
【生態】
相模湾以南の日本沿岸、フィリピン、ソロモン諸島に分布。洞窟や崖の壁面に生息する。餌は桃色のツチイロカイメン属。
【ひとこと】
サビウライロウミウシを見分けるポイントは、オレンジ色の縁取りと、体の中心を避けるように入る褐色斑。この褐色斑が濃い個体は、白の地とオレンジの縁取りとのコントラストが見事で、とても綺麗です。
by diver813 | 2007-08-24 02:04 | 海洋生物図鑑
2007.07 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_059362.jpg
        サンゴの隙間をしらみつぶし


Site 奄美大島 カドグチ
Maximum Depth  19.0m
Water Temperature 27℃
Entry 8:48
Exit 9:30
Dive Time 42min.

2日目は上級者ポイント2箇所に遠征することになり、一本目は近場で小物探し。
結構写真を撮ったつもりだったのですが、あとで確認してみると意外と少なかったです。
どうやら探すことに夢中だったみたいです。
by diver813 | 2007-08-21 01:00 | Diving Log
#387 スジベラ
a0013160_0351799.jpg
【和名】 スジベラ
【学名】 Coris dorsomacula
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 12cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体は細長くよく側扁する。環境により体色が変化し、特に雌と幼魚の体色の変異は著しい。オスは緑褐色~茶褐色の地に白色横帯が入る個体が多い。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。岩礁域・珊瑚礁域の浅所に生息し、底生動物を食べる。
【ひとこと】
幼魚と雌の体色は本当に様々ですが、雄は緑色や褐色の縦縞に白い横縞が入る、縦縞と横縞の両方の模様があるので、比較的容易に見分けることができます。綺麗な個体もいるのですが、ちょこまか素早く動くので、写真を取るのは意外と難しいです。
by diver813 | 2007-08-21 00:36 | 海洋生物図鑑
2007.07 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_20593267.jpg
          相変わらずの貫禄


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.4m
Water Temperature 27℃
Entry 15:47
Exit 16:21
Dive Time 34min.

初日2本目は大好きな七ツ根。
しかし、残念なことに透明度が悪く、七ツ根の美しい青は見れませんでした。
そして、なぜかそこかしこにミノカサゴ。
翌日以降、濁りがとれることを祈って後にしました。
by diver813 | 2007-08-17 20:59 | Diving Log
#386 サメハダヒメガザミ
a0013160_23354925.jpg
【和名】 サメハダヒメガザミ
【学名】 Portunus granulatus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ワタリガニ科
【甲幅】 2cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
甲は扇型で口は四角形。額は4歯からなり、前側縁の9歯はほぼ同大。体色は白色で褐色の斑模様が入る。第4歩脚は扁平で周縁が赤褐色で縁取られる。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。低潮線以深の珊瑚礁域の砂地に多く生息する。
【ひとこと】
普通に磯遊びでも出会えるカニで、昼でも夜でも見かけるカニですが、石をひっくり返したりすると、もっと出会える確立は増えます。小さいサイズのガザミの仲間は甲羅の両脇の棘が長く伸びるものが多いのですが、本種はそこまで棘が伸びていません。
上から見た姿
子持ち
by diver813 | 2007-08-16 23:39 | 海洋生物図鑑
2007.07 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_0145715.jpg
          今年は来れないかと思ってたけど・・・


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  20.6m
Water Temperature 27℃
Entry 12:04
Exit 12:53
Dive Time 48min.

なんとか休みが取れたので、ちょっと奄美大島へ行ってきました。
台風は通り過ぎていましたが、じゃっかん影響が残り、海の中はすこし濁りがありました。
それでも青い奄美の海。
伊豆でも見慣れているオトヒメエビまで素敵に見えるから不思議です。
by diver813 | 2007-08-16 00:16 | Diving Log