The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2007.04-05 Okinawa The 6th Day
a0013160_231648.jpg

        オレニモ美味イモノ喰ワセロ


6日目はのんびりするために、ブセナテラスへ飲茶を食べに行ってきました。
点心以外の料理もまあまあ美味しかったです。
食後は立った茶柱にウキウキしながら、メインビーチの反対側の磯で遊びました。
茶柱効果か、結構いろんな生き物に逢うことができましたよ。
ブセナに泊まるときには、プールやビーチだけでなく、磯散策もおすすめです。
by diver813 | 2007-07-29 23:19 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#382 トゲウミエラの一種
a0013160_2294682.jpg

【和名】 トゲウミエラの一種
【学名】 Pteroeides sp.
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 ウミエラ目 トゲウミエラ科
【高さ】 12cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
ポリプは太い棍棒状の群体両側に鰓のように重なって付く。葉状体はよく発達し、葉状体上面には放射状に大形の針状骨片が並ぶ。
【生態】
水深15m以深の砂底に生息する。夜行性で、昼間は砂中に身を潜めていることが多い。葉状体表面のポリプでプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
鰓のような形をしているのでウミエラ。英語では羽ペンに見立ててsea penと呼んでいます。昼間は砂にもぐっていることが多いので、なかなかお目にかかれません。普通のウミエラは表と裏がわかりやすいのですが、このウミエラは裏も表のようでした
by diver813 | 2007-07-29 22:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 3rd Dive
a0013160_1112362.jpg
        どこにいるか、わかりますか?

Site 黒島 黒島西
Maximum Depth  20.4m
Water Temperature 23℃
Entry 13:46
Exit 14:41
Dive Time 55min.


コブシメに会いに黒島の西へ。
本当は、マンタに会いに行ったのですが、いなかったのでコブシメに変更というのが本当のところ。
お昼寝中のネムリブカなどを見ながら泳いでいると、擬態したコブシメに遭遇。
バレていないと思っている間はじっとしているので、かなり近づくことができました
しばらくすると、さすがに泳ぎだしましたが、泳いでいても周囲に溶け込んでいる擬態には関心しちゃいました。
by diver813 | 2007-07-19 01:14 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#381 ハナグロチョウチョウウオ
a0013160_0275320.jpg
【和名】 ハナグロチョウチョウウオ
【学名】 Chaetodon ornatissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 12cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。口が厚く、鰭は円弧状。体側に黄色の斜走帯が入り、頭部には黒色横帯が入る。
【生態】
和歌山県以南の太平洋に分布。水深25m以浅の珊瑚礁域に生息する。主にミドリイシ類のポリプを食べ、付着藻類なども食べる。
【ひとこと】
黄色い斜縞が特徴的なので、すぐに見分けることができます。ペアで泳いでいることが多く、その姿は可愛らしいのですが、やや警戒心が強く、微妙な間合いを取るので、なかなか上手く写真に納まってくれません。
by diver813 | 2007-07-18 00:28 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 2nd Dive
a0013160_21627.jpg
        ギョギョギョ

Site 自津留島 沖山礁
Maximum Depth  17.4m
Water Temperature 23℃
Entry 11:28
Exit 12:14
Dive Time 46min.


岩礁の上にサンゴが広がるポイント。
あちらこちらにある岩穴には、ネムリブカが寝ていたり、アカマツカサが群れたりしていました。
by diver813 | 2007-07-16 21:07 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#380 クロニセツノヒラムシ
a0013160_3171827.jpg
【和名】 クロニセツノヒラムシ
【学名】 Pseudoceros flavomarginatus
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 沖縄 水深15m
【特徴】
体は扁平で正中線が隆起し、周囲は波打つ。頭部の縁は触角状に捲れる。体色は黒で、2色の線で縁取られる。
【生態】
本州中部以南に分布。珊瑚礁域や岩礁域に生息する。夜行性で、昼間は転石下などに隠れる。
【ひとこと】
ニセツノヒラムシの仲間の頭には触角のようなものが付いています。これは触葉(しょくよう)と呼ばれ、体の縁が巻いて触角のようになっています。体はやわらかく、破れやすいので、つまんだりしないようにしましょう。ヒラムシには珍しく、ちゃんと分類され和名も付いています。
by diver813 | 2007-07-16 03:17 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 5th Day The 1st Dive
a0013160_23533959.jpg
        これも動物なんだよね

Site 自津留島 ジヅル
Maximum Depth  20.6m
Water Temperature 23℃
Entry 9:55
Exit 10:37
Dive Time 42min.


4日目は、ロクハンを届けてもらって、快適ダイビング。
潮当たりが強く、大物が期待できるポイントですが、特に流れもなく遠くにトビエイが見えたぐらいの、のんびりダイビングでした。
by diver813 | 2007-07-14 23:55 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#379 ヤッコエイ
a0013160_1582198.jpg
【和名】 ヤッコエイ
【学名】 Dasyatis kuhlii
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 アカエイ科
【体長】 60cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は縦扁し、体盤は菱形で吻部は突出しない。背面は淡褐色で、青色斑が点在する。尾の先端に数本の黒褐色横帯が入る。
【生態】
北海道以南の太平洋・インド洋・紅海に分布。沿岸の砂底及び砂泥底に生息し、特に南方に多い。肉食性で底生動物を捕食する。卵胎生。
【ひとこと】
沖縄近辺の砂地で見られるエイはほとんどがヤッコエイ。砂地に潜っている時は神経質で、近づくとすぐ逃げていきますが、砂を掘って餌探しに夢中になっている時は近づくことができます。ただし、餌を探している時にも、時折周囲を警戒するので、この時には空気を吐かず、じっとして再び餌を探すのを待ちましょう。
by diver813 | 2007-07-13 01:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 4th Day The 3rd Dive
a0013160_23452843.jpg
        ウホッ

Site 阿嘉島 阿護の曲
Maximum Depth  19.7m
Water Temperature 24℃
Entry 14:09
Exit 14:56
Dive Time 47min.


ここも慶良間らしい白い砂地に根が点在するポイント。
ヒラムシとか、キスジカンテンウミウシとか、綺麗な可愛らしい生き物に出会うことができました。
by diver813 | 2007-07-11 23:46 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#378 クサリミノウミウシ
a0013160_22595640.jpg

【和名】 クサリミノウミウシ
【学名】 Limenandra sp.
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 オオミノウミウシ科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は細長く、灰黄色。背面の正中線上に白色点が並ぶ。背面の突起は個体により異なり、棘状の小突起を生じる個体も存在する。
【生態】
西部太平洋、インド洋に分布する。珊瑚礁域の浅所に生息する。盛夏以外の季節に見られる。
【ひとこと】
トゲミノウミウシ(Limenandra nodosa)と同種とされていましたが、別種であることがわかり、現在学名は付いていません。ジャノメミノウミウシとも呼ばれていますが、また別種になるかもしれません。
by diver813 | 2007-07-09 00:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)