The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 3rd Dive
a0013160_23193847.jpg
        ニョロニョロ


Site 座間味島 唐馬No.2
Maximum Depth  17.5m
Water Temperature 23℃
Entry 13:13
Exit 14:06
Dive Time 53min.


砂地に小さな根が点在しているポイント。
根にはサンゴを住処にしているテバスズメダイの群れが踊り、周りの砂地にはナマコやヒトデなどと、ちょっと変わったウミテングなどが転がっていました。
by diver813 | 2007-06-18 23:21 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#375 メギス
a0013160_04674.jpg
【和名】 メギス
【学名】 Labracinus cyclophthalma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 メギス科
【体長】 10cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は長卵型でやや側扁する。両顎に犬歯状歯がある。雄の体色は赤色で横縞が入り、雌は緑褐色。
【生態】
伊豆、小笠原諸島、薩南半島以南の西部太平洋~インド洋に分布。珊瑚礁域に生息する。肉食で用心深く、岩陰などに身を潜める。
【ひとこと】
食用として有名な「メギス」は「ニギス」という魚で、本種とは異なります。メギス科の魚は分類が進んでいなく、以前は雌雄で別種扱いされていた種もあります。身を潜めていても目が行ってしまうような派手な体色ですが、水槽で飼育すると、色が薄れてしまいます。
by diver813 | 2007-06-18 00:46 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 2nd Dive
a0013160_0281168.jpg
        重そうだよ


Site 座間味島 七番崎
Maximum Depth  15.7m
Water Temperature 24℃
Entry 11:25
Exit 12:10
Dive Time 45min.


2本目はウミガメがいっぱいいる七番崎。
しかし、すでにたくさんのダイバーが潜っていて、数匹しか出会うことはできませんでした。
でも、ウミガメ以外にも、水菓子のようなキスジカンテンウミウシとか、ヒトデカクレエビのペアとか小物はたくさん。
のんびり海中散歩を楽しみました。
by diver813 | 2007-06-17 00:30 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#374 モモイロサルパ
a0013160_0371966.jpg
【和名】 モモイロサルパ
【学名】 Pegea confoederata
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 タリア目 タリア科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
個虫の体系は樽形。体は寒天質でできており透明。球状の内臓は桃色~褐色。体の両端に口と肛門がある。
【生態】
全世界の暖水域に分布。口から取り込んだ海水に含まれる植物プランクトンを粘液質のフィルターで濾しとって食べる。連鎖個虫は成長すると単独個虫となる。
【ひとこと】
少し前に敦賀原発2号機の出力を低下させたトガリサルパもこの仲間。はっきり目に見えるほど大きいのですが、遊泳力はないのでプランクトンです。オオサルパの時にも書きましたが、サルパはクラゲではなく、ホヤの仲間。サバなど回遊魚の好物です。
by diver813 | 2007-06-12 00:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
2007.04-05 Okinawa The 3nd Day The 1st Dive
a0013160_22535642.jpg
        お先っ!


Site 黒島 ツインロック
Maximum Depth  18.2m
Water Temperature 24℃
Entry 9:50
Exit 10:34
Dive Time 44min.


3日は残念ながら雨。
昨日より水温は高いけど、上がってから寒い。
大物が期待できるツインロックでしたが、結局遠目に見たイソマグロと可愛いアオウミガメに会えた程度でした。
by diver813 | 2007-06-07 22:55 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#373 アオスジスズメダイ
a0013160_0614.jpg
【和名】 アオスジスズメダイ
【学名】 Chysiptera caeruleolineata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 4cm
【撮影地】 沖縄 水深40m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。体高が低く、体色は黄色で、上唇の直上から背中にかけて、鮮やかな青色帯が入る。
【生態】
沖縄、グアム、ニューギニア~サモアに分布。水深25以深の珊瑚礁に生息。外縁の礁斜面の岩や転石周辺で見られる。雑食性で動物プランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
浅い海でよく見かけるスズメダイの仲間には珍しく、やや深い場所に住んでいます。深い、青しか見えなくなった海(青しか見えない理由は Study Room の Lesson2 で)で見る青いラインはなんとも綺麗です。ちなみに、この写真は水深40mで撮影していますが、フラッシュを焚いているので、体の色が見えています。
by diver813 | 2007-06-06 00:07 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 3rd Dive
a0013160_0255355.jpg
        一匹だけサイズが違うんですけど・・・


Site 粟国島 筆ん崎 3→2ノ根
Maximum Depth  18.4m
Water Temperature 21℃
Entry 13:59
Exit 14:40
Dive Time 41min.


3本目はギンガメ玉目当てではありませんでしたが、見事にトルネードを巻くギンガメ玉に遭遇。しかも、一匹のロウニンアジがまとわり付いていて、なかなか面白い光景でした。
その後、渦巻くイソマグロ玉(動画)を発見。
ひとつ所に留まって渦巻くイソマグロを見たのははじめて。
かなり近寄れたし、いいもの見さしてもらいました。
by diver813 | 2007-06-05 00:30 | Diving Log | Trackback | Comments(2)