The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
#372 イシナマコ
a0013160_2385722.jpg
【和名】 イシナマコ
【学名】 Polyphyllia talpina
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 クサビライシ科
【体長】 60cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
体は細長く両端は丸まり、湾曲する群体や三叉する群体がある。骨格は緻密で重く、上面一面に多数のポリプが密布する。裏面は凹む。体色は褐色。
【生態】
沖縄以南に分布。珊瑚礁域の波当たりの弱い礁斜面や礁池などの砂礫底に生息する。岩などに固着せず自由生活を行う。
【ひとこと】
こちらはサンゴのイシナマコ。遠目に見ると本当にナマコのようです。でも、ナマコのイシナマコとはあまり似ていません。クサビライシ科のサンゴは単体で生活する仲間もいますが、イシナマコは多くの個体が集まった群体サンゴです。
by diver813 | 2007-05-29 23:06 | 海洋生物図鑑
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 2nd Dive
a0013160_1212237.jpg
          どこを見てるの?


Site 粟国島 筆ん崎 4ノ根
Maximum Depth  14.9m
Water Temperature 22℃
Entry 11:46
Exit 12:27
Dive Time 41min.


2本目は海の上からギンガメの群れを探し、船を群れに横付けして潜りました。
1本目で見れなかった反動で、ずっとギンガメ玉を追いかけるダイビングでした。
個人的にはいろんな生き物を見たいから、ちょっと退屈。
寒かったし。
でも、みんなギンガメ目当てだから仕方ないよね。
by diver813 | 2007-05-22 01:21 | Diving Log
#371 カスリフサカサゴ
a0013160_1331179.jpg
【和名】 カスリフサカサゴ
【学名】 Sebastapistes albobrunnea
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 4cm
【撮影地】 粟国 水深10m
【特徴】
体は頭部が大きく腹部は平ら。頭部に皮弁がなく額棘もない。体色は赤褐色で、微小な白色点が密布する。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・インド洋に分布。浅い珊瑚礁域・岩礁域の岩の上や、ハナヤサイサンゴの枝の隙間に生息する。
【ひとこと】
赤い体に細かい白点、そして黄色い斑模様と、可愛らしい姿をしているのですが、珊瑚の枝の隙間に住んでいるので、なかなか写真に撮るのが大変。ニラミカサゴと似ていますが、本種は小白点が密布すること、鰭に褐色斑が入らないことで区別できます。
by diver813 | 2007-05-21 01:32 | 海洋生物図鑑
2007.04-05 Okinawa The 2nd Day The 1st Dive
a0013160_23554245.jpg
          すごすご


Site 粟国島 筆ん崎 2→3→2ノ根
Maximum Depth  20.2m
Water Temperature 22℃
Entry 10:19
Exit 11:08
Dive Time 49min.


2日目は粟国島へ遠征しました。
天気も悪くなく、海も穏やかだったのですが、水に入ると寒っ!
ギンガメアジを探しにきたのですが、寒さで体が強張って、ついつい海底でガサゴソやってしまいました
by diver813 | 2007-05-15 00:07 | Diving Log
#370 イシナマコ
a0013160_20573297.jpg
【和名】 イシナマコ
【学名】 Holothuria nobilis
【分類】 動物界 棘皮動物門 海鼠綱 楯手目 クロナマコ科
【体長】 40cm
【撮影地】 沖縄 水深30m
【特徴】
体は太い円筒型で硬い。腹面は平ら。触手は20本で、肛門には5個のやや石灰化した肛歯がある。体色は白く、背面に黒褐色の斑模様が入る。
【生態】
奄美大島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の砂礫底に生息し、体表に砂を付けて偽装する。
【ひとこと】
別名タラチネナマコ。イシナマコという和名の生き物は実は珊瑚にもいますが、こちらは正真正銘ナマコのイシナマコ。ずんぐりとした個体が多いのですが、ウミヘビっぽい細長い個体もいたりします。
by diver813 | 2007-05-13 20:59 | 海洋生物図鑑
2007.04-05 Okinawa The 1st Day The 2nd Dive
a0013160_0233334.jpg
          新種のウニ発見


Site 真栄田岬正面 
Maximum Depth  36.4m
Water Temperature 23℃
Entry 14:57
Exit 15:50
Dive Time 53min.

2本目は正面。
以前沖を目指し、流されてひどい目に会ったことがあるので、それ以来沖は目指していなかったのです。
でも、今回はひとりじゃなかったので、行ける所まで行ってみました。
西よりもなだらかで、あまり深度は深くなく、根が多くて砂地は少ない、予想外の地形でした。
途中出会った目がクリクリのウミヘビなどと遊びながら探検した後は、浅場でのんびり窒素抜き。
わらわらいるカンザシヤドカリを撮ったり新種のウニの正体と遊んだりしていたら、20分のDECO STOPもあっという間に終わっていました。
にしても、岩の隙間に逃げ込んで怒ってる姿を見るのははじめて。水の中だったけど、声をあげて笑っちゃいました。
by diver813 | 2007-05-11 00:44 | Diving Log
#369 ニジハギ
a0013160_23353375.jpg
【和名】 ニジハギ
【学名】 Acanthurus lineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ニザダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深10m
【特徴】
体は楕円形で側扁し、長い尾柄棘は頭長の約半分。青い地に黄色縦縞が入る。頭部が黒くなる、尾鰭が白くなるなど、良く体色を変化させる。
【生態】
高知県以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁、岩礁域外縁の砕波帯付近に生息する。草食性で糸状藻類を食べる。
【ひとこと】
特徴的な派手な体色のおかげで、見た瞬間に見分けることができます。リーフエッジで縄張りを作り、違う種類の魚でも、縄張りに入ってくると攻撃したりします。波当りがきつい場所にいる上に、動きが早いので、ちょっと写真は撮りにくいかもしれません。
by diver813 | 2007-05-09 23:36 | 海洋生物図鑑
2007.04-05 Okinawa The 1st Day The 1st Dive
a0013160_23435573.jpg
          オネガイ、チョット待ッテ


Site 真栄田岬西 
Maximum Depth  44.1m
Water Temperature 23℃
Entry 11:39
Exit 12:37
Dive Time 58min.

今年もゴールデンウィークは沖縄へ。
昨年と同じように初日は真栄田岬。
一本目は大好きな西側へディープダイビング。
写真を撮りながら、44mまで降りた後は、壁伝いに求愛をするマダライロウミウシ(動画)などを観察しながらじっくり窒素抜き。
残圧0エアが吸えなくなるまでたっぷり1時間、おなかいっぱい潜りました。
by diver813 | 2007-05-07 23:44 | Diving Log