The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
#360 コブシメ
a0013160_2025955.jpg

【和名】 コブシメ
【学名】 Sepia latimanus
【分類】 動物界 軟体動物門 頭足綱 コウイカ目 コウイカ科
【胴長】 40cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
大型のコウイカで、50cmに達する。触腕掌部は大きく半月状で、吸盤は5列で約80個。石灰質の貝殻を持つ。外套幕背面は濃紫褐色で白斑が入り、鰭や頭足部には横縞が入る。
【生態】
奄美諸島以南の西部太平洋・インド洋に分布。肉食性で魚類や甲殻類などを捕食する。シ頃サンゴやハマサンゴ、ヨロイサンゴなど、特定の数種類のサンゴを産卵床とする。
【ひとこと】
非常に大型のコウイカで、泳いでいる姿はまるで枕のよう。眼はω型でやさしげですが、産卵期になると、雄同士が激しくアピールを競い、雌を奪い合います。交尾を終えた雌は、サンゴの枝の奥深くに、ひとつずつ白い卵産み付けます。「広い掌」を意味する学名の通り、食腕は太く大きくなっています。
by diver813 | 2006-12-31 20:09 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#359 ノコギリダイ
a0013160_0414149.jpg
【和名】 ノコギリダイ
【学名】 Gnathodentex aureolineatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエフキダイ科
【体長】 15cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は楕円形で側扁し尾鰭はニ叉する。体側に細い黄色縦帯が数条入り、背鰭後端の背面に黄斑が入る。主上顎骨の側面に鋸状の隆起がある。
【生態】
高知県以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域に生息する。昼間は群れを作って泳ぐが、夜間は単独になり、岩やサンゴの陰で眠る。
【ひとこと】
上顎の骨の側面がノコギリっぽいので、ノコギリダイという名前が付いています。だから外見だけだと何がノコギリなのかわかりません。昼間群れている時は、背中の黄斑がよく目立ちます。食用にもなり、あまり流通しませんが、白身でそこそこ美味しいです。
by diver813 | 2006-12-13 00:43 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#358 ショウジンガニ
a0013160_0133374.jpg
【和名】 ショウジンガニ
【学名】 Plagusia dentips
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 イワガニ科
【甲幅】 4cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
甲は四角形でやや丸みを帯びる。額は6歯、前側縁は4歯。鋏脚、歩脚に顆粒状突起が蜜在する。体は赤褐色~緑褐色で、甲の縁、歩脚の陵、顆粒突起は赤色。
【生態】
岩手件以南の太平洋に分布。岩礁域や転石帯に生息する。岩の割れ目などに潜み、岩に付く有機物や海藻などを食べる。
【ひとこと】
磯でおなじみのカニ。平べったい体に、尖った長い脚、鋭い目つきと、あまり可愛くありません。平たいから、すぐ隙間に逃げていくし。でも、仕掛けを使えば簡単に捕まえることができます。味噌汁の具にすると、磯の香りの良いダシが出るため、磯料理として旅館などで振舞われますが、地元以外で流通することはほとんどありません。
by diver813 | 2006-12-11 01:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#357 キツネウオ属の一種
a0013160_0125889.jpg
【和名】 キツネウオ属の一種
【学名】 Pentapodus sp.
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イトヨリダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は紡錘形で眼が大きい。体色は鮮やかな青色で、体側に2本、背中線に1本の黄色縦帯が入る。
【生態】
南西諸島に分布。珊瑚礁に生息する。単独で行動し、肉食性で小魚や大型動物プランクトン、底生動物などを食べる。
【ひとこと】
あまり多く見かける種類ではありませんが、綺麗な体色が目を惹くので、たまに見かけます。背中線の黄色線がないだけでものすごく似ているP. paradiseusも含めて分類が進んでいないため、和名がまだ付いていません。
by diver813 | 2006-12-08 00:13 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
#356 チギレフシエラガイ
a0013160_2316964.jpg
【和名】 チギレフシエラガイ
【学名】 Berthella martensi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 背楯目 カメノコフシエラガイ科
【体長】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は楕円形で厚みがあり、外套膜は4片からなる。体色は黄褐色・白色・黒褐色など変異があり、斑紋の大きさや密度、輪郭の有無など様々。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁の浅所に生息する。外敵に襲われると、外套幕の一部を自切する。自切した跡からは粘液を出す。
【ひとこと】
チギレの由来は、刺激を与えると左右と後ろの外套膜を自切してしまうことによります。これはトカゲの尻尾と同じく、自切した外套膜を敵が食べている間に本体は逃げるという作戦のようです。なので、このウミウシ観察する時は触らず、そっと観察しましょう。
by diver813 | 2006-12-03 23:16 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)