The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
#355 クビアカハゼ
a0013160_235383.jpg
【和名】 クビアカハゼ
【学名】 Amblyeleotris periophthalma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 7cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は円筒形で、眼が突出する。体色は黄色で、6本の太い朱色横帯が入り、小青色点が散在する。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋~インド洋に分布。珊瑚礁域外縁のガレ場に生息する。テッポウエビの一種と強制する。
【ひとこと】
派手な体色で個体数も多く、わりと目にする機会が多いハゼです。ダンダラダテハゼと良く似ていますが、ダンダラダテハゼの横帯はオレンジ色で、輪郭が乱れることで区別することができます。
by diver813 | 2006-11-26 23:53 | 海洋生物図鑑
#354 オワンクラゲ
a0013160_1545779.jpg
【和名】 オワンクラゲ
【学名】 Aequorea coerulescens
【分類】 動物界 刺胞動物門 ヒドロ虫綱 有鞘目 オワンクラゲ科
【直径】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
傘は浅いお椀を伏せた形をしており、透明で、内傘の放射管が透けて見える。触手は100本以上。
【生態】
日本各地に分布。傘の中央の口を広げ、他のクラゲや小魚などを丸呑みにして食べる。刺激を受けると生殖腺が青白く発光する。
【ひとこと】
透明なクラゲはなかなか綺麗なのですが、透明で中層を漂っているため、ピントあわせが大変。オワンクラゲの発光は緑色蛍光タンパク質と複合体を形成するイクオリンという発光タンパクとカルシウムの反応で起こります。このイクオリンは、オワンクラゲから精製され、微量カルシウムの検知に使われたり、緑色蛍光タンパク質は遺伝子工学で活躍したりしています。
by diver813 | 2006-11-20 01:55 | 海洋生物図鑑
2006.11 江之浦 The 2nd Dive
a0013160_22322081.jpg
          生と死を分けるカーテン


Site 江之浦定置網
Maximum Depth  22.8m
Water Temperature 22℃
Entry 13:38
Exit 14:17
Dive Time 39min.

2本目は定置網、年に一度の特別企画です。
船から見ると、綺麗に並んだブイが、定置網の形を教えてくれます。
入ってみると、潮が逆を向いて狭くなっている定置網はすごいことに。
アカエイとかカンパチはいいとして、カモフラージュできていないヒラメとか、中層を泳ぐシビレエイとか・・・
いやー、楽しかった。
たまには人工物に潜るのもいいよね。
by diver813 | 2006-11-14 22:34 | Diving Log
#353 オキゴンベ
a0013160_0154560.jpg
【和名】 オキゴンベ
【学名】 Cirrhitichthys aureus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 8cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は長卵形で、体高が高く側扁する。体色は黄色~褐色で、個体により斑模様が入る。背鰭棘条の先端は房状で、軟条の1本が糸状に伸張する。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。水深40m以上浅の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。肉食で小動物を食べる。
【ひとこと】
ゴンベという名前は、1本だけ長く延びる背鰭軟条を、後頭部だけ束で髪の毛を残し、後は剃ってしまう、江戸時代から大正時代の幼児の髪型「権兵衛」に見立てたものと言われています。着底して生活するため、体を支える胸鰭の下部は分厚くなっています。
by diver813 | 2006-11-13 00:16 | 海洋生物図鑑
2006.11 江之浦 The 1st Dive
a0013160_23161355.jpg
          最近見ないじゃないか


Site 江之浦大吉
Maximum Depth  22.2m
Water Temperature 22℃
Entry 10:28
Exit 11:12
Dive Time 44min.

2ヶ月ぶりのダイビング。
空は晴れてるし、海は暖かいし、透明度はいいし、コンディションは最高。
いつもの伊豆の海も楽しくて仕方がありません。
いっぱいいたヒメセミエビには逃げられちゃったけど、かわいいイガグリウミウシにも会えたし、カメラに収めていなかった生き物も何種類か撮る事ができました。
やっぱりダイビングって楽しい。何とか時間を作って、行かなければ。
by diver813 | 2006-11-08 23:18 | Diving Log
#352 イバラカンザシ
a0013160_14510.jpg

【和名】 イバラカンザシ
【学名】 Spirobranchus giganteus
【分類】 動物界 環形動物門 多毛鋼 ケヤリムシ目 カンザシゴカイ科
【鰓冠直径】 3cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
石灰質でできた棲管には蓋がある。螺旋状の鰓冠は一対で黄色、褐色、青色などその色彩は頗る変異に富む。
【生態】
本州中部以南の世界各地の暖海に分布。穿孔性で、岩礁域、珊瑚礁域のイシサンゴ類に穴を掘って暮らす。鰓冠の繊毛で水流を発生させ、漂うプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
手前の丸いのが蓋です。ひらひらしている螺旋状の鰓冠を髪の毛、この蓋をかんざしに見立てこの名前が付いています。以前紹介したオオナガレカンザシはこの蓋がありません。白っぽい個体とか、真っ青な個体とか、色のバリエーションは本当に豊富で群生している様子はお花畑のようです。また、イバラカンザシが開けた穴は、その主がいなくなると、今度はカンザシヤドカリが利用したりします。光に反応し、すぐ引っ込んでしまいますが、影がかからないようにすれば、ぎりぎりまで近寄ることができます。
by diver813 | 2006-11-01 01:09 | 海洋生物図鑑