The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
#351 イエローバックフュージュラー
a0013160_23502537.jpg
【和名】 イエローバックフュージュラー
【学名】 Caesio xanthonota
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 タカサゴ科
【体長】 25cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は紡錘形で体高が高く、側扁する。体色は青色で、腹部が白く、背面が黄色い。背鰭、尾鰭は黄色、胸鰭、腹鰭、臀鰭は半透明。
【生態】
インド洋に分布。特にインドネシア南部に多い。珊瑚礁外縁に生息し、群れを作って行動する。雑食性でプランクトンなどを食べる。
【ひとこと】
タカサゴ科の魚は英語で"Fusilier"と言います。なので、黄色い背中のフュージュラー。日本に生息するウメイロモドキなどと似ていますが、イエローバックフュージュラーは、背中の黄色が、頭部に達するということが見分けるポイントです。
by diver813 | 2006-10-24 23:51 | 海洋生物図鑑
#350 スベスベサンゴヤドカリ
a0013160_129653.jpg
【和名】 スベスベサンゴヤドカリ
【学名】 Calcinus laevimanus
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ヤドカリ科
【甲幅】 0.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
鋏脚は暗茶褐色で左が大きく丸みを帯びる。歩脚は茶褐色で指部が白い。眼は明るい青色で、眼柄には青色の横帯が入る。
【生態】
房総半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の潮間帯など、浅所に生息する。ニシキウズガイやオニツノガイ、アクキガイ科の仲間を宿主にする。
【ひとこと】
南の島の潮溜まりへ行くと、わらわら歩いていますが、じっくり見ると、とても綺麗な眼をしています。危険を感じると殻に引きこもり、大きな左の鋏脚でしっかり蓋をしてしまいますが、しばらく放置すると出てきます。引っ込んでしまったら、貝の口を上に向けてじっと待ってみましょう。大きく身を乗り出す姿を観察することができますよ。
by diver813 | 2006-10-20 01:30 | 海洋生物図鑑
#349 ギチベラ
a0013160_052966.jpg
【和名】 ギチベラ
【学名】 Epibulus isidiator
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 20cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は側扁し吻部が突出する。眼から前方に1本、後方に2本の黒線が伸びる。雄の体色は黒色~灰色で、頭部が白く、背側前方は黄色、雌の体色は一様に黄色や褐色。
【生態】
奄美大島以南の太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の浅所に生息し、活発に泳ぎ、口を長く伸ばして魚類や甲殻類を捕食する。雄は縄張りを持ち、ハーレムを形成する。
【ひとこと】
ビジュアル系バンドのような、眼の周りの黒線が印象的。下あごが折りたためるようになっていて、口が気持ち悪いほど長く伸びます。運良くクリーニングしている場面に遭遇したら、口を伸ばす姿を見れるかもしれません。
by diver813 | 2006-10-19 00:52 | 海洋生物図鑑
2006.08 Amami The Last Day
a0013160_059875.jpg
          また、逢えるよね。


今回の奄美旅行、これでやっと完結です。
実は9月1日より、新しい職場で働いています。そんなこともあって、10月なのに8月のログを付けている状態になってしまいました。
最終日は前日の夜に捕まえたミナミスナガニが、不細工になってしまうくらい遊びながら、太陽の光をいっぱいに浴びて、本を読んで贅沢に過ごしました。
お昼、お腹が空いたところで、前回の最終日と同じように「あまん」で黒豚のとんかつ定食を食べに行ったら、今回はサービスで自家製朝摘みのグァバアセロラまでいただいちゃいました。
今回も本当に楽しかったです。
忙しいのに一緒に遊んでくれたOkiさんには本当に感謝。
転職前最後の旅行先に、奄美を選んで本当によかった!
by diver813 | 2006-10-13 01:02 | Diving Log
#348 シンデレラウミウシ
a0013160_014751.jpg
【和名】 シンデレラウミウシ
【学名】 Hypselodoris apolegma
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深30m
【特徴】
体はやや細長く体色は紫色。外套幕周縁は白色で縁取られ、背面中央部は赤味がかる。触覚・二次鰓は黄色。
【生態】
本州中部以南、西部太平洋・インド洋に分布。岩礁域やサンゴ礁域に生息する。紫色のカイメンを食べる。
【ひとこと】
シンデレラという名前がついていますが、残念ながら夜の12時になると、急に汚い姿になるなどはありません。ハゴロモウミウシであるという説があったり、ゾウゲイロウミウシとの交尾が目撃されていたり、縁の白い部分がグラデーションにならず、くっきりしている個体はカグヤヒメウミウシと言われていたり、一応学名もついたけど、分類はまだ混乱中。
by diver813 | 2006-10-11 00:14 | 海洋生物図鑑
2006.08 Amami The 4th day The 3rd Dive
a0013160_21592349.jpg
          青い海ともしばらくお別れ


Site 奄美大島 一反瀬
Maximum Depth  19.1m
Water Temperature 29℃
Entry 15:42
Exit 16:34
Dive Time 52min.

今回の奄美大島最後のダイビングは、一反瀬。
奄美空港の眼と鼻の先とは思えないほど綺麗なポイント。
ボコボコ穴が開いた地形も楽しい。
砂に隠れている魚と遊んだり、小物を探し回ったり、気が済むまで楽しみました。
by diver813 | 2006-10-09 22:00 | Diving Log
#347 カタボシオオモンハゼ
a0013160_2250315.jpg
【和名】 カタボシオオモンハゼ
【学名】 Gnatholepis scapulostigma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 5cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は円筒形で細長く、眼が突出し、鱗は皮下に埋没する。体色は淡褐色。眼を通る細い黒線が入り、胸鰭基底部情報に小黄斑が入る。
【生態】
徳島県以南の中・西部太平洋に分布。珊瑚礁域の転石帯や、パッチリーフ周辺の砂底に生息する。砂に付着する有機物を濾しとって食べる。
【ひとこと】
ハゼの仲間は種類が多く、似たような姿も多いのですが、カタボシオオモンハゼを見分けるポイントは、眼から下に伸びる細く黒い線。そして、胸鰭の付け根のちょっと上の、小さな黄色い点です。落ち着きがないので、写真は意外と撮り難いのですが、食べた砂に含まれる有機物を濾し取った後に、鰓から排出する姿などが見れるので、観察するには面白いハゼです。
by diver813 | 2006-10-02 22:51 | 海洋生物図鑑