The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2006.08 Amami The 4th day The 2nd Dive
a0013160_2321838.jpg
          追い出されちゃったの?


Site 奄美大島 七ツ根
Maximum Depth  22.4m
Water Temperature 29℃
Entry 12:40
Exit 13:17
Dive Time 37min.

2本目は前回その青さに感動した七ツ根。
水深20mにある根は生き物の宝庫。
そして広がる白い砂地。気持ちよすぎ。
相変わらず強面の根の主も健在。
同じ個体に再会するのって、なんか嬉しいよね。
by diver813 | 2006-09-28 23:23 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2006.08 Amami The 4th day The 1st Dive
a0013160_23323043.jpg
          念願のWアーチ


Site 奄美大島 Wアーチ
Maximum Depth  17.6m
Water Temperature 28℃
Entry 8:54
Exit 9:26
Dive Time 32min.

4日目になって、ようやく太平洋側へ船を回せました。前回微妙にポイントを外して行けなかったWアーチにリベンジ。
流れの強いポイントで、大潮の日には入らないのですが、今回は大潮でも潜れるかチャレンジです。
やはり、そこそこの流れはありましたが、アーチがある窪みに入ってしまえばこっちのもの。
綺麗な青い海に濃い魚影。奄美最高!
by diver813 | 2006-09-25 23:33 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#346 ホソウデアライボヒトデ
a0013160_1112847.jpg
【和名】 ホソウデアライボヒトデ
【学名】 Gomophia gomophia
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ホウキボシ科
【直径】 12cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
盤は小さく、腕は円筒状で細長く、先端が尖る。体表を半球状の疣が覆う。体色は朱色、褐色など様々で、横縞が入る個体もいる。
【生態】
奄美大島~八重山諸島、南シナ海・フィリピン・ニューカレドニア・オーストラリアに分布。水深30m以浅の珊瑚礁域に生息する。
【ひとこと】
アライボヒトデと非常に良く似ていますが、アライボヒトデより疣が尖らず、腕が細長いことで見分けることができます。ヒトデの体表には皮鰓という袋状の呼吸や排泄を行う器官があり、本種のように背骨格が網目状の種では、皮鰓が集まる皮鰓域という場所があります。この皮鰓の分布は、分類の決め手になっていたりします。
by diver813 | 2006-09-25 01:11 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
2006.08 Amami The 3rd day The 3rd Dive
a0013160_23422098.jpg
          飛んで火に入る夏の蟲


Site 奄美大島 前肥田
Maximum Depth  6.1m
Water Temperature 29℃
Entry 19:01
Exit 20:12
Dive Time 71min.

3本目はナイトダイビング。マスクにもライトを装備していたんだけど、マスクのライトを付けると、プランクトンやゴカイが群がってきて、気持ち悪いのなんの、顔にぶつかってくるし。
仕方なくマスクのライトは消して、手に持っているライトだけで照らしていました。
それにしても、すぐにピントが合えばいいんだけど、ちょっとでも手間取ると、プランクトンやゴカイが集まってきて写真が撮れなくなってしまいます。
とはいえ、寝ている魚とか、寝ぼけた魚とか、夜光虫の光とか、久しぶりに覗く夜の海は、なかなか楽しかったです。
by diver813 | 2006-09-21 23:44 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2006.08 Amami The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_23502146.jpg
          このゴムホースやろう!


Site 奄美大島 倉崎
Maximum Depth  12.7m
Water Temperature 29℃
Entry 14:37
Exit 15:45
Dive Time 66min.

今回は体験ダイビングと一緒、ということでビーチダイビング。
海底に這いつくばって、転石をひっくり返してはもどし、ひっくり返してはもどし、ガサゴソガサゴソ、小物を探していました。
ちょっと沖に行くとヒレナガネジリンボウとかもいるし、被写体に困ることがありません。
お腹いっぱい潜るビーチダイビングも楽しいよね。
by diver813 | 2006-09-19 23:51 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
#345 ヒレナガスズメダイ (幼魚)
a0013160_13392293.jpg
【和名】 ヒレナガスズメダイ(幼魚)
【学名】 Neoglyphidodon nigroris (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 スズメダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵型で側扁する。各鰭の後端が著しく伸張する。体色は黄色で、体側に2本の明瞭な黒色縦帯が入る。成魚は卵型で、体色は黄褐色であり、縦帯は消失する。
【生態】
高知県以南の西部太平洋・インド洋に分布。成魚は珊瑚礁の礁縁付近に生息するが、幼魚は礁湖など、穏やかな場所に生息する。動物プランクトンや付着藻類を食べる。
【ひとこと】
幼魚は工事現場のトラテープのような、派手なカラーリングですが、成魚になると地味な色になってしまいます。あまりにも違うため、以前は別種とされていて、幼魚は「フタオビスズメダイ」と呼ばれていました。
by diver813 | 2006-09-18 13:39 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
2006.08 Amami The 3rd day The 1st Dive
a0013160_23333072.jpg
          クリーニングするよ~


Site 奄美大島 山本SP
Maximum Depth  14.3m
Water Temperature 29℃
Entry 9:51
Exit 10:41
Dive Time 50min.

3日目も、朝に雨が、もしやと思ったら、やはり虹が出ていました
毎朝虹が見れる南の島、う~ん最高!
しかし、波は収まらず、3日目も湾内で潜ることに。
一本目は山本スペシャル。砂地にある根はエビづくし。
クリーニングされたい魚が代わる代わるクリーニングステーションに入っていました。
シャコもモンハナシャコとトラフシャコの2種類に遭遇。
甲殻類っていいよね。
by diver813 | 2006-09-11 23:35 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
2006.08 Amami The 2nd day The 3rd Dive
a0013160_23502499.jpg
          君が、好きだ!


Site 奄美大島 立神
Maximum Depth  24.9m
Water Temperature 27℃
Entry 15:03
Exit 15:54
Dive Time 51min.

マクロ尽くしのポイント。
ウミウシカクレエビ、コワタクズガニ、モクズショイ・・・探せば探すだけいろいろ出てきます(カニばかりじゃないかとか言うな!)。
ガサゴソしながら潜っていると、シマキンチャクフグが求愛行動をしていました。
その様子をこっそり覗いていたら、何か甘酸っぱい気持ちになりました。
by diver813 | 2006-09-07 23:52 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
2006.08 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_0161363.jpg
          ウフフ


Site 奄美大島 ミドリヤ
Maximum Depth  12.1m
Water Temperature 29℃
Entry 11:54
Exit 12:40
Dive Time 46min.

2本目は水深を浅くとって、湾内の砂地を潜りました。
砂地にある根で、主のアザハタのクリーニング姿を観察していると、根の縁にマルソデカラッパを発見。
あまりの可愛さに、しばらくくぎ付けになっちゃいました。
by diver813 | 2006-09-05 00:17 | Diving Log | Trackback | Comments(8)
#344 タルダカラ
a0013160_111460.jpg
【和名】 タルダカラ
【学名】 Cypraea talpa
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 タカラガイ科
【殻長】 8cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
貝殻はやや円筒形で光沢を持つ。殻の背面は褐色の濃淡による横帯が入る。殻口は黒色で細長く狭い。殻を覆う外套幕は黒色で個体により小白点が散在し、太い突起が疎らに生える。
【生態】
伊豆半島以南に分布。珊瑚礁域、岩礁域の潮間帯~10m程度に生息する。雌雄異体で、雌は産卵後、卵が孵化するまで抱卵する。
【ひとこと】
イボイボのある黒い塊かと思いきや、中には綺麗な貝殻が入っています。この綺麗な貝殻の艶は、覆っている外套幕が作っています。見えないからこその美しい殻というわけですが、死ぬまでその美しさが見られないというのは、ちょっと勿体無い気もします。
by diver813 | 2006-09-04 01:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)