The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2006.08 Amami The 1st day The 2nd Dive
a0013160_2531979.jpg
          触角が綺麗だよね。


Site 奄美大島 ハナゴイ
Maximum Depth  17.9m
Water Temperature 29℃
Entry 16:34
Exit 17:29
Dive Time 55min.

2本目は湾内でのんびりダイビング。
夕方のやさしい光を受けて蛍光色を放つ珊瑚を眺めながら、子育てをするセジロクマノミを観察したり、マニアックな生き物を撮影したりしました。
by diver813 | 2006-08-31 02:56 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#343 トゲダルマガレイ
a0013160_284327.jpg

【和名】 トゲダルマガレイ
【学名】 Bothus pantherinus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カレイ目 ダルマガレイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 奄美大島 水深25m
【特徴】
体は長卵形で著しく縦扁し、両眼は体の左側に位置する。吻は窪まず円く、両眼間隔は広く窪む。側線直走部中央に明瞭な黒斑が入る。雄は両眼周辺に棘を持ち、胸鰭が著しく長い。
【生態】
和歌山件以南~沖縄の太平洋、インド洋、紅海、ペルシャ湾に分布。水深150m以浅、リーフ近くの砂泥底に生息する。底生小動物を食べる。
【ひとこと】
モンダルマガレイに似ていますが吻の背面が窪まないこと、眼が大きいことで見分けられます。ヒラメとカレイをヒラメは左向き、カレイは右向きと、眼を上に置いたときの向きで見分ける方法がありますが、ダルマガレイ科はカレイなのに左を向いています。
by diver813 | 2006-08-30 02:09 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
2006.08 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_0163022.jpg
          フリエリイボウミウシが交尾していました。


Site 奄美大島 デッショ
Maximum Depth  14.4m
Water Temperature 28℃
Entry 13:36
Exit 14:17
Dive Time 41min.

夏休みに奄美大島へ行ってきました。
飛行機の中で空弁焼き鯖寿司で腹ごしらえをして、初日からダイビング。
太平洋側は波があったので、東シナ海側で潜りました。
ほどよく流れていて、魚影が濃く気持ちいいダイビング。
でも、オニヒトデがわらわらいたのは、ちょっと心配です。
by diver813 | 2006-08-29 00:19 | Diving Log | Trackback | Comments(3)
#342 ケブカガニ
a0013160_23342042.jpg
【和名】 ケブカガニ
【学名】 Pilumnus vespertilio
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 ケブカガニ科
【甲幅】 1.5cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
甲は横長の楕円形で、前側縁に尖った3歯がある。体は茶褐色の長い毛で覆われており、鋏脚の指部は黒く無毛。雄の腹部は7節からなる。
【生態】
相模湾以南の太平洋、インド洋、紅海、南アフリカに分布。珊瑚礁の礁原や礁池、岩礁域の潮間帯に生息する。岩に開いた穴やくぼみなどに隠れ、夜間に活発に活動する。
【ひとこと】
毛深いのでケブカガニ。お腹と鋏脚の先以外はほとんど毛で覆われています。この毛に砂や泥が付着しているので、海で見ても、もさもさしたゴミにしか見えません。怪しい動きをするゴミがあれば、とりあえずつついてみましょう。いるところには沢山いるので、一匹見えるようになったら次々と見つかるはずです。
by diver813 | 2006-08-20 23:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
2005.08 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_23123750.jpg
          ギョッ


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  15.3m
Water Temperature 20℃
Entry 13:16
Exit 13:50
Dive Time 34min.


2本目は、撮りたかった魚を、撮る前に逃げられたなどはあったものの、特別なトラブルはなく、伊豆の海をしっかり堪能。
しかし、2本目が終わり、帰る前に寄ったラーメン屋でお冷の入ったピッチャーをひっくり返すというトラブルが。
幸い水はほとんど入っていなく、被害はたいしたことありませんでした。
でも、今日は何かやばい。家に帰るまで気が抜けません。
そして、無事家に到着。
しかし、車のドアを閉めようとしたら閉まらない。
2・3度試してもやはり半ドア。
どうしたのかと確認すると、デジカメが挟まっているではないですか・・・
あわてて確認すると、外傷はなし。
そして電源を入れてみると、メモリーカードを認識しない。
ちゃんと入っているのに。
でも、もしかしたらカードを変えてみれば平気かも・・・
と試してみるものの、状況はかわらず。
時間を置いて試してみても、やはりメモリーカードを認識してくれない。
最後の最後にデジカメまで壊れるとは・・・
さすがに半刻ほど言葉を失いました。
by diver813 | 2006-08-20 23:13 | Diving Log | Trackback | Comments(0)
#341 スポッテドバタフライフィッシュ
a0013160_3401224.jpg
【和名】 スポッテドバタフライフィッシュ
【学名】 Chaetodon guttatissimus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 チョウチョウウオ科
【体長】 15cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は円形で強く側扁し、吻部が突出する。体色は灰白色で、体側に黒斑が密に入る。頭部には目を通る黒色横帯が入る。背鰭は黄色で尾鰭に黒色横帯が入る。
【生態】
インド洋・紅海に分布、珊瑚礁の礁斜面などに生息する。ペア~小さな群れで行動し、雑食性でサンゴのポリプや藻類、底生動物を食べる。
【ひとこと】
ゴマチョウチョウウオとよく似ていますが、体側に入る黒斑がゴマチョウチョウウオより大きいことと、尾鰭の真ん中に黒い横線が入ることで見分けることができます。英語では"Spotted Butterflyfish"以外にも"Peppered Butterflyfish"などと呼ばれています。
by diver813 | 2006-08-20 03:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2005.08 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_2340810.jpg

          !!!!


Site 伊豆山 沖根東→大黒根
Maximum Depth  19.8m
Water Temperature 20℃
Entry 10:55
Exit 11:39
Dive Time 41min.


トラブル続発のダイビングでした。
まず、船の出港直後にレギュレーターのファーストステージから激しくエアが噴出。
これは、船を戻して予備器材に交換することでどうにかなりました。
続いて、エントリー直前、ガイドさんのマスクのストラップが壊れる。
ガイドさんはストラップなしで潜ることに。
そしてエントリー、水底で集合してカメラを見ると、ストロボに水が・・・
バックルが片方空いていました。
水没チェックもしたのに、船に乗っている時は閉まっていたのに・・・
エントリーの時に開いたのかもしれません。
ああぁぁぁ。
そして上がってみると、メンバー1人のピアスが両耳とも無くなっていました。
でもね、ストロボが水没していても、オルトマンワラエビとかイガグリウミウシとか、ちゃんと写真も撮ってきましたよ、ょょょ。
by diver813 | 2006-08-15 23:41 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
#340 タテヒダイボウミウシ
a0013160_2445475.jpg

【和名】 タテヒダイボウミウシ
【学名】 Phyllidia varicosa
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イボウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 神津島 水深20m
【特徴】
体は卵形で疣状突起が縦に連なり、複数の隆起線を形成する。腹面後部に肛門が開く。体色は灰青色で、隆起線の谷間を黒色縦線が走り、中央の黒色縦線は正中線上を通る。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋、インド洋、紅海に分布する。岩礁域、珊瑚礁域の穏やかな内湾などに生息する。カイメンなどを食べる。
【ひとこと】
ソライロイボウミウシフリエリイボウミウシと似ている、青い体に黒い線と黄色い疣の姿ですが、タテヒダウミウシは黒い縦線の中に、ちょこんと島のような疣が入らないことで見分けることができます。シカクナマコは子供の頃にタテヒダイボウミウシに似た姿をしています。このように体に毒を持つ生き物同士が似る擬態をミューラー型擬態と言います。
by diver813 | 2006-08-15 02:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#339 オグロトラギス
a0013160_118347.jpg

【和名】 オグロトラギス
【学名】 Parapercis polyophtalma
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 トラギス科
【体長】 20cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は細長い円筒形で、吻部が尖る。体色は白色で、体側に小暗褐色斑が散在する。尾鰭に大きな黒色斑が入る。雄は頬に10条ほどの褐色曲線が入る。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋・インド洋・紅海・東アフリカ沿岸に分布。珊瑚礁域の砂泥底に生息する。着底して生活し、底生生物を捕食する。
【ひとこと】
尾鰭が黒いからオグロトラギス。ワヌケトラギスと似ていますが、オグロトラギスは体側の点が細かいこと、尾鰭の黒斑の後ろに白斑が入らないことで区別できます。食べれないことはないのですが、あまり食用にしません。近づいてもあまり逃げないので、写真の練習にはいい被写体です。でも、調子に乗って近づきすぎると岩の下に隠れてしまいます。
by diver813 | 2006-08-11 01:25 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
Lesson11 硬いの?柔らかいの?ナマコのキャッチ結合組織
a0013160_23422436.jpg

シカクナマコで「別の機会に」と言ったお話、早速説明しちゃいます。

ナマコっていろいろな形に曲がっていたり、細い岩の隙間に入り込んでいたりしますよね。
そして、さわってみると「ぷにっ」とするのに、いざ、岩の隙間から引き出そうとすると、抜けないどころか、体が硬くなったりします。
ナマコは体の硬さを自在に変えることができるんです。

この体の硬さを変えているのは、中華で食べたり、ポン酢で食べたりする肉の部分、真皮の部分です。

真皮の部分には骨片と呼ばれる小さな骨がたくさん入っています。
そして、骨がたくさんあるから、関節もたくさんあります。

人間の腕には肘の関節しかありませんから、腕は肘の部分でしか曲がりません。でも、背骨は24個の骨からできているので、かなり自由に曲がります。

この関節が、ナマコには体中に、無数にあるのです。
なので、形は自由自在。
そして、その関節を硬くするとカチコチに、緩めるとフニャフニャになるというという仕組みになっているのです。

でも、人間の場合、関節を硬く保とうとしても、筋肉を使うので疲れてしまいます。
しかし、ナマコの関節には「キャッチアパレータス」と呼ばれる、掛け金みたいなものが付いていて、この掛け金のロックがかかると、関節が動かなくなるようになっています。
なので、長時間でも硬く関節を保つことが出来るのです。

この仕組みを担う、骨と骨をつないでいる関節の組織を「キャッチ結合組織」と言います。

この「キャッチ結合組織」はナマコをはじめ、ヒトデ、ウニなど棘皮動物が持つ組織ですが、種類によって、柔らかくなったり硬くなったりする度合いは異なります。

特に変化の度合いが大きいのが先に紹介したシカクナマコ
どれくらいすごいかと言うと、
グニグニ揉むと最初は硬いのですが、
次第に皮膚の部分から結合が弱くなり
最後にはドロドロにとろけてしまいます。
■でも水に戻すと元通り

なんでこんなにとろけるまで柔らかくなるかというと、攻撃された部分をとろけさせて、あえて捕食者に食べさせることで本体は逃げるという、トカゲの尻尾切りのようなものではないかと考えられています。

ちなみに、ここまでいじめると、最後には自ら内臓を放出してしまいます(捕食者が喜んで食べるから)。
しかし、腸を失ったぐらいでは、ナマコは死にません。ちゃんと再生できるのです。

このように、ナマコは硬く柔らかい不思議な体と、強い生命力を持っています。
しかし、さすがのナマコでも、いじめられ続けると弱って死んでしまいます。

ウォットのマサトさんも
>実はこのシカクナマコのせいで本当に困っています。
>子供たちがNHKの放送を見ていたらしく,うちのナマコをこするこする!!
>みんなへたって死んでしまいます(涙)。
>シカクナマコ自体は大好きなのですが,子供に区別をさせるには難しいようです。
と困っています。

ナマコならばどれでも解けるわけではありませんし、タッチプールのナマコに溶けるナマコはまずいません。
そんなナマコを入れておくと、排水口が詰まっちゃいますから。

ナマコが溶けるって、興味深いお話なのですが、手当たりしだいナマコを揉むようなことはせず、どうしても見たい場合は、ちゃんとした自然教室などに参加するようにしてください。
by diver813 | 2006-08-09 00:05 | Study Room | Trackback | Comments(19)