The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
#336 ミナミウメボシイソギンチャク
a0013160_0345475.jpg

【和名】 ミナミウメボシイソギンチャク
【学名】 Anamonia erythraea
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目 ウメボシイソギンチャク科
【直径】 3cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体壁はなめらかで、突起などはい。体壁上端は襟状で、上端に乳白色の周辺球を持つが、その数は多くない。。触手は100~200本で先細り先端が尖る。体色に変異がある。
【生態】
本州中部以南に分布。潮間帯~10m以浅の浅所に生息する。餌が少ない状態では縦分裂による無性生殖を行い、餌が豊富な状態では有性生殖を行う。
【ひとこと】
このイソギンチャクは、餌が少ない時には縦に裂けるように分裂し増える無性生殖を、餌が豊富な時には有性生殖を行います。教科書などでは無性生殖の例えにヒドラが出てきますが、ヒドラの場合は、環境の良い時には無性生殖を、環境の悪い時に有性生殖を行います。「環境の悪い時にこそ新しい個体を作る」戦略と、「環境の良いときに新しい個体を作っておく」という間逆の戦略が出ている面白い違いですが、大きな2個体に分裂するイソギンチャクと、小さな個体を出芽で放出するヒドラの無性生殖後の大きさの違いが原因かもしれません。
by diver813 | 2006-07-27 00:35 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#335 スミツキカノコ
a0013160_0303943.jpg

【和名】 スミツキカノコ
【学名】 Sargocentron melanospilos
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 20cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
体は側扁し硬く大きな鱗を持つ。上唇先端が前方に突出する。頭部は赤く、胴体は黄みがかる。背鰭後端基部、尾鰭・臀鰭基部に大きなこ黒斑が入る。
【生態】
土佐湾以南の西部太平洋、インド洋に分布。夜行性で、昼間は珊瑚礁域や岩礁域の岩陰に身を潜める。肉食性で甲殻類や魚類を食べる。
【ひとこと】
似たような姿をしている種類が多いイットウダイの仲間ですが、スミツキカノコは、背鰭後端のつけねに、大きな黒斑があるので、すぐに見分けることができます。また、上唇が前に出っ張っているのも特徴。横から見るとよくわかります。
by diver813 | 2006-07-26 00:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#334 ヒメサンゴガニ属の一種
a0013160_1582627.jpg
【和名】 ヒメサンゴガニ属の一種
【学名】 Tetralia sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サンゴガニ科
【甲幅】 1cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
甲は平たく滑らかで丸みがあり。額の幅が広い。体色は乳白色で、甲や間接の縁に暗褐色の縁取りが入り、鋏足指節は褐色。
【生態】
サンゴ礁の礁原や礁斜面で、樹状の群体を形成するイシサンゴ類を宿主とする。宿主に対する依存度は非常に高く、枝の間に隠れて生活する。
【ひとこと】
サンゴガニの仲間の多くは、枝サンゴの枝の隙間に住んでいるので、オートフォーカスでは、ピントが合いにくく、苦労します。そんな時は、手前のサンゴでピントを固定して、そこからサンゴガニが隠れている分だけ近づけば、うまくピントを合わせることが出来ます。
※この子、完全に同定ができませんでした。ご存知の方は、ぜひ教えてください。
by diver813 | 2006-07-24 01:59 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#333 ミノカサゴ
a0013160_0474010.jpg
【和名】 ミノカサゴ
【学名】 Pterois lunulata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 カサゴ目 フサカサゴ科
【体長】 30cm
【撮影地】 伊豆 水深15m
【特徴】
胸鰭が大きく、棘条は分岐しない。白色の地に、暗褐色の横縞が入り、横縞は腹部に達さない。眼上皮弁は短く、尾鰭に顕著な斑紋は入らない。
【生態】
北海道南部以南の西部太平洋、インド洋に分布。沿岸の岩礁域に生息する。背鰭と胸鰭に毒を持つ。胸鰭で小魚を囲い、海水ごと吸い込んで捕食する。卵は寒天質の卵嚢に包まれる。
【ひとこと】
ハナミノカサゴとよく似ていますが、尾鰭に明瞭な水玉模様が入らないこと、お腹に横縞が入らないこと、眼上皮弁が短いことで区別することができます。綺麗ですが、棘に毒を持つので、不用意に触らないようにしましょう。棘の毒は不安定な蛋白質でできていますが、詳しいことは解っていません。蛋白毒なので、刺された場合は、患部を我慢できるぎりぎりの熱いお湯に数十分漬けると痛みを和らげることができます。観賞魚としても人気がありますが、食べても美味しい。
by diver813 | 2006-07-20 00:48 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#332 クロヘリアメフラシ
a0013160_0372666.jpg

【和名】 クロヘリアメフラシ
【学名】 Aplysia parvula
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 アメフラシ目 アメフラシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 三浦 水深1m
【特徴】
体は洋梨型形で、頭部に4本の触覚が生え、比較的大きな貝殻を持つ。頗る特徴的な色彩を有し、体色は赤褐色~暗褐色で、外套膜は体に比較し大きく周縁が黒く縁取られる。
【生態】
本州以南、世界中の温帯・熱帯域に分布。磯などの浅所に生息する。紫汁腺を持ち、刺激を与えると紫色の汁を出す。海藻を食べる。
【ひとこと】
春から夏にかけて、磯で見ることができる小型のアメフラシです。普通に見かけるのは3cm以下の小さなかわいらしい個体ですが、大きいものは10cm以上まで成長するらしい。アメフラシをそのまま小さくしたような姿なのですが、なぜかアメフラシより人気があります。小さいものはみな可愛く見えるのでしょうね。相模湾産後鰓類図譜にも載っています
by diver813 | 2006-07-19 00:40 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
#331 モヨウハタ
a0013160_23163351.jpg
【和名】 モヨウハタ
【学名】 Epinephelus quoyanus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 30cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は長卵形でやや側扁し、尾鰭は截形で先端はやや丸みを帯び、胸鰭がやや大きい。乳白色の地に茶褐色の斑紋が密に入り、斑紋は多角形や円形でいびつ。
【生態】
南日本~オーストラリアにかけての西部太平洋、インド洋、アンダマン海に分布。内湾など穏やかな岩礁域に生息する。
【ひとこと】
カンモンハタとよく似ていますが、モヨウハタは各斑紋が繋がらず、独立していることで区別できます。オオモンハタやホウセキハタにも似ていますが、オオモンハタが尾鰭の後端が白く縁取られること、ホウセキハタはやや黄みがかり、網目模様が細かく規則的なので見分けることができます。
by diver813 | 2006-07-14 23:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#330 ベニボヤ
a0013160_0364481.jpg
【和名】 ベニボヤ
【学名】 Herdmania momus
【分類】 動物界 脊索動物門 海鞘綱 側性ホヤ目 マボヤ科
【体高】 5cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
丸い樽型の被嚢から、円筒状の大きな入水口と出水口が生える。被嚢の厚みは個体により変異が激しく、薄い固体では、赤い内部が透けて見える。炭酸カルシウムの針状骨片を持つ。
【生態】
能登半島以南の日本海、相模湾以内の太平洋に分布。浅所の岩の側面や裏、転石の下に生息する。水中を漂う有機物を濾しとって食べる。
【ひとこと】
岩にへばりついて動かず、動物かどうかも疑わしいような姿をしていますが、我々脊椎動物にとても近い仲間で、幼生は脊索という背骨のような器官を持つ、オタマジャクシのような姿をしています。イカ・タコやエビ・カニなどより、よっぽど人間と近い生物なのです。
by diver813 | 2006-07-14 00:37 | 海洋生物図鑑 | Comments(9)
2005.06 大瀬崎 The 2nd Dive
a0013160_0481230.jpg
          喰ッテヤロウカ?


Site 大瀬崎 先端
Maximum Depth  23.6m
Water Temperature 15℃
Entry 13:56
Exit 14:38
Dive Time 42min.


2本目は先端。
すっこーんと抜ける透明度を期待していたのに、かなり濁り気味でした。
なので、ガサゴソダイビングに変更。
石をひっくり返してはフワフワのウミウシの卵にうっとりしたり、ゴカイ類を撮ってみたり、ユキミノガイと戯れてみたりしていました。
上がる直前にはなぞの白骨死体と遭遇。
猫っぽいけど、長すぎる気もするし・・・
何だろう、気になる。
by diver813 | 2006-07-12 00:57 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
#329 ブチススキベラ(幼魚)
a0013160_1565016.jpg

【和名】 ブチススキベラ(幼魚)
【学名】 Anampses caeruleopunctatus (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ベラ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深5m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。幼魚の体色は黄褐色で、成魚の雄は青色、雌は黄色の地に縦に並んだ青色斑が入る。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋・紅海に分布。幼魚は浅瀬の海底近くを漂うように泳ぎ、海藻片に擬態する。
【ひとこと】
体だけでなく、泳ぎ方まで漂う海藻に似せているという、擬態の名手。ぱっと見は、ゴミが漂っているようにしか見えないのですが、揺れるタイミング、進む方向など、周りのゴミとちょっと違う動きをします。、その「異質さ」に気づければ見つけることができます。
動画意思を持っているゴミはこんな動きをします。
by diver813 | 2006-07-10 01:57 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
2005.06 大瀬崎 The 1st Dive
a0013160_1553150.jpg
          すごすご


Site 大瀬崎 門下
Maximum Depth  26.4m
Water Temperature 14℃
Entry 10:42
Exit 11:29
Dive Time 47min.


12年ぶりの大瀬崎、前にここで潜った時はDMの講習でした。
もしかして、大瀬崎でファンダイビングってはじめてかも。
水温は低めでしたが、透明度はなかなか。
ソフトコーラルの林をで写真を撮りながら、いろいろな生き物を観察。
ちょっと寒かったけど、じっくり、のんびり楽しみました。
でも、上がってきたら自作のナイフケースがバラバラに・・・
前日にほんの少し欠けてしまったのが、致命傷になったらしい。
そりゃあ、10年以上使っているんだからしかたないけれど。
壊れないようにしっかり直さなきゃ。
by diver813 | 2006-07-09 01:55 | Diving Log | Trackback | Comments(4)