The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
#326 コシオリエビ科の一種
a0013160_0215955.jpg

【和名】 コシオリエビ科の一種
【学名】 Galathea sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 コシオリエビ科
【甲長】 1cm
【撮影地】 奄美 水深30m
【特徴】
甲は縦長で扁平。腹部、尾部は背甲の下にたたみ込まれる。眼が大きい。鋏脚は大きく、腕節に棘を持つ。
【生態】
潮通しのよい珊瑚礁域の砂礫底に生息する。転石の下に隠れる。大きな鋏脚は前方に伸ばしていることが多い。
【ひとこと】
腰が折れているものの、カニのふんどしほどきちんと折りたたまれていない、エビとカニの中間の姿。でも、近いのはヤドカリというのがコシオリエビ。このコシオリエビはアマミコシオリエビとよく似ていますが、甲に橙色斑や青色横縞が見られないので、別種としました。もしかしたら新種なのかもしれません。何コシオリエビかわかった人は、ぜひ教えてください。
by diver813 | 2006-06-29 00:22 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
#325 ホソカマス
a0013160_1121476.jpg

【和名】 ホソカマス
【学名】 Sphyraena novaehollandiae
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 カマス科
【体長】 50cm
【撮影地】 粟国 水深15m
【特徴】
体は細長い円筒形。鱗は細かく顎に鋭い歯を持つ。上顎後端は鼻腔直下に達さない。背鰭は2基で離れる。体側に明瞭な2本の黄色縦帯が入る。
【生態】
琉球列島、ハワイ諸島、南シナ海、オーストラリア、ラッカディブ諸島、南アフリカに分布。珊瑚礁域沿岸の浅所に生息し、垂直に広がる群れを形成する。
【ひとこと】
きらきら輝く鋭い姿が、密な群れを作っている姿は、なんとも涼しげです。細い体の方向とは逆に、上下に広がる群れは、まるでひとつの生き物のようです。塩焼き、干物など、食べても美味しく、定置網や刺し網などで漁獲されています。
by diver813 | 2006-06-28 01:14 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#324 キスジカンテンウミウシ
a0013160_012124.jpg
【和名】 キスジカンテンウミウシ
【学名】 Halgerda diaphana
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 ドーリス科
【体長】 7cm
【撮影地】 慶良間 水深15m
【特徴】
背面には数個の大きな隆起があり、隆起は明瞭な稜線に結ばれる。体色は半透明の白色で、稜線は橙黄色、触覚と二次鰓には暗褐色の小斑が密に入る。
【生態】
八丈島、小笠原諸島、琉球列島に分布。潮通しのよい珊瑚礁に生息する。冬~初夏にかけて見られる。
【ひとこと】
なんともおいしそうな、美しい半透明の姿は、腕の良い和菓子職人が創り出したようです。学名も半透明を表すギリシャ語"diaphanes"に由来しています。内臓もうっすら透けて見えますが、それがまた、水饅頭の餡を想像させます。
by diver813 | 2006-06-22 00:01 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#323 コウワンテグリ
a0013160_9101116.jpg
【和名】 コウワンテグリ
【学名】 Neosynchiropus ocellatus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ネズッポ科
【体長】 3cm
【撮影地】 沖縄 水深0.5m
【特徴】
体は円筒形で、眼が大きく、吻部が下方に突出する。雄の第1背鰭は大きく、4個の眼状斑が入る。臀鰭軟条は第1軟条以外の全てが先端で分岐する。
【生態】
南日本の太平洋側、西部太平洋、インド洋に分布。岩礁や珊瑚礁の浅所に生息し、礫底や礁上に着底する。肉食性で底生動物を捕食する。
【ひとこと】
浅場に生息し、タイドプールなどでも観察することができます。周囲に合わせて体色を変えるため、地味でなかなか目に入ってきませんが、よく見ると、大きな目とおちょぼ口のなかなか愛嬌のある顔をしています。
by diver813 | 2006-06-21 09:10 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
2006.04-05 Okinawa The Last Day
a0013160_052475.jpg
          やっぱりA&W♪



Model B747-400
Ship No. JA8956
Altitude  33,000ft
Temperature 19℃
FLT Time 2h03min


沖縄旅行最終日、今回は始発の便で帰ったので、空弁は空港のエンダーをテイクアウト。
乗った飛行機はポケモン満載のPOKEMON JETで名前が「お花ジャンボ」。
この手のスペシャルマーキング、クジラの絵のマリンジャンボが最初だったっけ。
それにJALが野鳥の絵を描いたMD-11のJ-Birdで対抗したんだよね。
その中に確かヤンバルクイナがあったんだけど、ヤンバルクイナって、飛べないよ。
by diver813 | 2006-06-18 00:57 | Diving Log | Trackback | Comments(4)
#322 ウミウサギガイ
a0013160_024275.jpg

【和名】 ウミウサギガイ
【学名】 Micromelo undata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 中腹足目 ウミウサギガイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
卵形で光沢がある白色の貝殻を黒色の外套膜が覆う。貝殻は肉厚で滑らか。貝殻の内部は茶色。
【生態】
紀伊半島以南に分布。10m以浅の珊瑚礁に生息する。ウミキノコ類を食べる。雌雄異体で産卵期は4~5月。
【ひとこと】
ぱっと見、黒い塊ですが、ツンっとつつくと、真っ白な貝殻が現れます。貝殻は土産屋でよく見かけますが、生きている姿を見ようとすると、なぜか目に付かないのが不思議です、結構大きいのに。八重山ではこの白い貝殻を、獲った卵のかわりに、鶏に抱かせていたという話もあります。
by diver813 | 2006-06-16 00:09 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
2006.04-05 Okinawa The 8th Day
a0013160_23403950.jpg
         早朝は特に注意してね


沖縄旅行7日目はひたすらドライブ。
大学時代に走りこんだ道をレンタカーで楽しみました。
那覇から出てまず寄ったのは嘉数高台。普天間のヘリ基地を見渡すことができます
続いて、嘉手納基地。たまたまA-10が現れたのには興奮しました。
基地を堪能した後には、そのまま北上し名護でお昼ご飯。
大きく、綺麗になってしまったお店に、複雑な思いを抱きながら我部祖河食堂で肉そばを食べました。
そのあとはのんびり山原を一周ドライブ。
心地よい潮風と希少生物がいる場所ならではの看板を楽しみながら昔を思い出していました。
あ、美ら海水族館行くの忘れた・・・
by diver813 | 2006-06-13 23:50 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
#321 トガリエビス
a0013160_1224491.jpg
【和名】 トガリエビス
【学名】 Sargocentron spiniferum
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 キンメダイ目 イットウダイ科
【体長】 25cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
体は側扁し体高が高く、吻部がやや突出し、鰓蓋下部に鋭い棘を持つ。体色は赤く、背鰭棘条部は深赤色で、胸鰭、腹鰭、尾鰭は黄色。
【生態】
紀伊半島以南に分布。浅い岩礁域や珊瑚礁域に生息し、夜行性で昼間は岩穴や珊瑚の影に身を潜める。単独でいることが多いが、数匹~10匹程度の群れを作ることもある。
【ひとこと】
イットウダイの仲間は似たものが多く、見分けにくいのですが、トガリエビスは大きく、口が突出しているので、比較的簡単に見分けることができます。ミクロネシアでは食用にされるようですが、日本での漁獲量は少ないため、市場に出ることはあまりなく、練り製品に利用される程度のようです。
by diver813 | 2006-06-13 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(0)
2006.04-05 Okinawa The 7th Day Oujima
a0013160_23454055.jpg
         1個45円


ランチを食べた後、那覇ハーリーを見に行こうと思ったのですが、あまりの渋滞に断念。そのままスルーして、南部にある奥武島までてんぷらを食べに行きました。
ここのてんぷらは1個45円。
イカアオサ、そしてもずく
海辺で食べるほどよい塩味はなんとも美味しい。ビールを呑めたら、どんなに素敵だったろう。
ちょっとのんびりした後は、また磯散策。
ヤドカリとか、ウミウシとか、カニを追い回しているうちに、毎日のように、あたりまえのように海で遊んでいた大学時代が思い出され、なんて贅沢な時間だったんだろうと、思わず遠くを見つめてしまいました。
by diver813 | 2006-06-08 23:53 | Diving Log | Trackback | Comments(5)
2006.04-05 Okinawa The 7th Day The Taco-rice
a0013160_072124.jpg
          他のタコライスはタコライスじゃない!


ジンベエザメと遊んだあとは、キングターコス、通称キンタコに直行。
最近は東京でもタコライスを出す店がありますが、あれはタコライスではありません(不味くはないものもあるけど)。
本当のタコライスは、ここのタコライスチーズ野菜(そもそも、タコライスといえば「タコ」と「ライス」だけで、野菜とチーズは載っていないのですよ)。
形を失うほどにグズグズになったひき肉でできたタコと、やたら旨いチリソースが最高のB級ハーモニーを奏でます。
今回は、メニューの中からタコチキンピラフを選択。
大好きなチリソースをたっぷりかけて頂きました。
かなりボリュームがあるのですが、ぺろりと完食。
ああ、東京でタコライスモドキを作っている人に、ここのタコライスを食べさせてやりたい。
by diver813 | 2006-06-08 00:13 | Diving Log | Trackback | Comments(3)