The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
#319 クロハコフグ(幼魚)
a0013160_0414310.jpg
【和名】 クロハコフグ(幼魚)
【学名】 Ostracion meleagris meleagris (yg)
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 ハコフグ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は箱型で骨板で覆われる。体の横断面は4角形。幼魚の体色は暗褐色で、白色点が散在する。雌の成魚の体色は幼魚とほぼ同じだが、雄は体側が青くなる。
【生態】
紀伊半島以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁域の礁縁付近や転石帯に生息する。皮膚に粘液毒のパフトキシンを持つ。繁殖期は夏で雄はハーレムを形成する。
【ひとこと】
ミナミハコフグと色違い。姿だけでなく、泳ぐ姿もキュートですが、鰭だけを使って泳ぐのは、骨盤で覆われているため、体を曲げることができないから。やっぱり死ぬときは毒を出して、周りを道連れにしてしますので、飼育する時には注意が必要です。
正面顔
横から見た姿
by diver813 | 2006-04-28 00:44 | 海洋生物図鑑 | Comments(10)
東海大学海洋科学博物館 オフ会
a0013160_1242677.jpg
          鼻をつく臭いには懐かしさを感じます。


水族館フリークのオフ会最後の地は東海大学海洋科学博物館。
ここでもやはりバックヤードツアーがメイン。
まずは、展示水槽の裏側を見学。
「夏場はパイプが結露して水滴が落ち、塩分濃度が下がってしまうのでカバーを被せてあります」
など、興味深い話に耳を傾けながら、上から見る展示水槽や飼育用具に夢中。
続いて、地下に潜りろ過・循環システムの説明。
走るパイプ、うなるモーター、そびえるタンク点滅するパネル・・・
かっこよすぎ。
自分のいる位置がわからなくなりながら、次は標本小屋。
ここの目と喉と鼻と突く、くらくらする臭い、怒りさえ覚えるこの臭い、大学時代を思い出させます。
臭いの原因の1階にある大きな水槽には、深海のサメが変な脂を出しながらたっぷりホルマリン浴してました。
さらには公開前のメガマウスザメの脳とか、胃袋とかなかなか見られないものをみせてもらいました。
また、二階がすごい。標本瓶がずらっと並び甲殻類の骨格標本もずらり。
ここだけで1日は楽しめます。
その後は地下海水くみ上げ小屋とか、研究小屋とかを見せてもらってバックヤードツアー終了。
非常に面白いツアーでした。

参加メンバーは
水族館フリークのargon-lさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
どうぶつのおうちのサイトヲ。さん
PDXさん
Blue Crescent and CAT☆★☆のよしみさん
一獣三菜のくりかわさん

自分を合わせて8人でした。

今回argon-lさんは写真を撮ることもせず、一行の様子をイロイザリウオのように、じっと見守っていました。
>argon-lさん、素晴らしいオフ会でした。本当に楽しかったです。またお誘いくださいね。

ビルバインさんはイセエビのように、あっちでゴソゴソ、こっちでゴソゴソしては、歓喜の声を上げていました。
>ビルバインさん、バックヤードでもアメフラシに夢中になってしまうほどのウミウシ好き、感服いたしました。

frappucciさんは寝ても食べる。移動中も食べる。アデヤカバイカナマコのようにつねにもりもり食べていました。
>frappucciさん、体調悪かったということ、後で知りましたが、そんな様子見えませんでしたよ。

hect_pascalさんはツノハタタテダイのように、微妙な間合いを取りながら、つかず離れず、集団についてきていました。
>hect_pascalさん、二日目はちょっと残念でしたね。ウォットの写生大会、作品楽しみにしていますね。

サイトヲ。さんはニチリンダテハゼのように背筋を伸ばし、オフ会の風紀を正していました。
>サイトヲ。さん、茹でたアサヒガニの塩加減も、朝ごはんのハマグリの酒蒸しもばっちりでした。ご馳走様でした。そして、雑魚寝トークも楽しかったですね。

PDXさんはサツマカサゴのような貫禄で、時折深い話題を盛り上げてくれました。
>PDXさん、幅広いジャンルのディープなお話、とても興味深かったです。ぜひまた語り明かしましょう。

よしみさんはテングハギモドキのようににぎやかに、あっちに行ったり、こっちに行ったり元気いっぱいでした。
>よしみさん
パン、ご馳走様でした。あのタイミングでパンがあるとないだと、大違いですよね。

てとさんは可愛らしい雰囲気を持ちつつ、お酒が入ると急に棘が出る、メイタイシガキフグのような方でした。
>てとさん、もっと酔ったてとさんと絡んでみたかったのですが、寒かったので早々にコテージへ入ってしまいました。今度は車、とりかえっこしましょうね。

くりかわさんは、あっちにいると思ったら、こっちにいる、イソギンチャクモエビのように瞬間移動しまくってました。
>くりかわさん、よくあんなに寝ないであのテンションを保てますね。そのタフさ、分けてもらいたいです。

みなさん、お疲れ様でした。
またお会いできる機会をたのしみにしています。

メンバーのオフ会レポート
argon-lさん 東海大学海洋科学博物館へ行ってきました。
くりかわさん 東海大学海洋科学博物館
by diver813 | 2006-04-27 01:32 | Trackback | Trackback(1) | Comments(14)
掛川 「ならここの里」バーベキュー オフ会
a0013160_1294228.jpg
          海洋生物学実習もやっちゃった。


水族館フリークのオフ会はまだまだ続きます。
浜松市中央卸売市場で仕入れた食材、そして毎度おなじみ赤海老エイトの木枯らし課長からのエビ、そしてかんちょ独自ルートで仕入れたコシオリエビ、アカザエビ、さらにはヤドカリまで、そしてウォットのまさとさんとウォット餌係★さんからもアミの塩辛などの差し入れと、海の幸満載のバーベキューを掛川にある「ならここの里」で楽しみました。
せっかくということで、キンメダイをさばきつつ、金色の目の理由や、鱗と魚の年齢など、ちょっとした海洋生物学講座の講師なども勤めさせていただきました。
ほとんどの食材は美味しかったのですが、自分から食べようと提案しておいてなんですが、ヤドカリの壷焼は不味かった。
アサヒガニの直後に食べたから、よけいに不味かった。
お腹の部分を食べるのですが、「ぶつん」という感触の後、とろーっとミソが流れ出てきます。
一瞬美味しい味噌の味がしたと思うのもつかの間、臭みと苦味が口一杯に広がります。
以前食べた時はここまで不味いと思わなかったんだけどな。舌が肥えたか?
市場に出回らないということは、やっぱりそれなりの理由があるんですね。
そんなこんなで呑んで食べてお話して、非常に楽しい夜でした。

つづく。

参加メンバーは
水族館フリークのargon-lさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
ブログ:ヘクトパスカルのhect_pascalさん
どうぶつのおうちのサイトヲ。さん
PDXさん
Blue Crescent and CAT☆★☆のよしみさん
てとさん
一獣三菜のくりかわさん
ウォットのまさとさん
ウォット餌係★さん

自分を合わせて12人でした。

メンバーのオフ会レポート
サイトヲ。さん 合宿所
ビルバインさん 浜松の熱い夜は清水に向かう~浜松オフに行ってきました~その2
by diver813 | 2006-04-26 01:33 | Trackback | Trackback | Comments(6)
浜松市中央卸売市場・浜名湖体験学習施設 ウォット オフ会
a0013160_23222897.jpg

          裏方をがっつり見てきました。


水族館フリークのargon-lさん主催のオフ会に参加してきました。
朝8:30に浜松市中央卸売市場へ集合。
市場の魚介類を観察しつつ、夜にするバーベキュー用の食材を仕入れました。
ならんだブリの頭に、ブリの可愛らしさを気づかされたりしながら、オーストラリア産の活アサヒガニをはじめとした魚介類を購入。
購入が終わったところで、浜名湖体験学習施設 ウォットへ急ぎます。
ウォットでは浜名湖の水族についての解説を聞きながら各水槽を観察。
そのままバックヤードでばかでかいモヨウフグ提灯を見せてもらったり、実験水槽を見せてもらったり、貴重な体験をさせていただきました。
段取りも完璧で、バックヤードのあとは、給餌タイム。
がつがつ、ばくばく、つくつく、ごっくん、わしわし、ばっつん・・・
いろいろな生き物の捕食シーンを見ることができました。
ウォットの職員さん、楽しい解説とわかりやすい案内、ありがとうございました。

つづく。

参加メンバーは
水族館フリークのargon-lさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
ブログ:ヘクトパスカルのhect_pascalさん
どうぶつのおうちのサイトヲ。さん
PDXさん
Blue Crescent and CAT☆★☆のよしみさん
てとさん
一獣三菜のくりかわさん
自分を合わせて10人でした。

メンバーのオフ会レポート
argon-lさん ありがとうございました。
ビルバインさん 浜松の謎ならここに~浜松オフに行ってきた~その1~
hect_pascalさん 浜松オフ
よしみさん ようやくオフレポ始めるよぉ~~
by diver813 | 2006-04-24 23:27 | Trackback | Trackback(4) | Comments(6)
#318 バテイラ
a0013160_1322118.jpg
【和名】 バテイラ
【学名】 Omphalius pfeifferi pfeifferi
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 古腹足目 ニシキウズガイ科
【殻高/殻径】 3cm/3cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
殻は整った円錐形。殻底の周囲には鋭い角が立つ。石灰質の堅い蓋を持ち、へそ孔がある。殻は明褐色だが、付着藻類などに覆われ、通常は殻表は見えない。
【生態】
北海道南部~九州に分布。藻類の茂る岩礁域に生息する。カジメなどの大型藻類に取り付き摂餌する。
【ひとこと】
大きさは小さいのですが、塩茹でや醤油煮が美味しく、シッタカ(尻高)の名前で知られています。巻貝類は歯舌(しぜつ)という歯の役割をする器官を持っていて、この歯舌の形は餌の種類によって変わるため、分類のポイントにもなっています。ちなみにバテイラは海藻の表面を削り、舐めとるのに適した、やすりのような歯舌を持っています。
by diver813 | 2006-04-21 01:33 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#317 マトウダイ
a0013160_23515356.jpg
【和名】 マトウダイ
【学名】 Zeus faber
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 マトウダイ目 マトウダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は楕円形で強く側扁する。口は大きく斜め上方を向いており、前方に突出させることができる。背鰭が糸状に伸長する。体は銀灰色で、体側に白く縁取られた黒色円紋が入る。
【生態】
青森県以南の太平洋、インド洋、大西洋に分布。水深100~200mの貝殻交じりの砂泥底に生息し、底生生物を捕食する。
【ひとこと】
体側の円紋を的に見立てて的鯛。この円紋は危険を感じたり、興奮した時に現れます。海外ではこの円紋を、十二使徒のリーダー聖ペテロが奇跡を起こした時の指の跡であるとして、サン・ピエールとかサン・ピエトロとか呼ばれたりもします。学名もZeusだし神聖なイメージがありますが、食べても美味しい魚です。旬は春で、桜色の身はもちろん、肝も美味しい。
by diver813 | 2006-04-19 23:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(3)
#316 アミメサンゴガニ
a0013160_0554713.jpg
【和名】 アミメサンゴガニ
【学名】 Trapezia septata
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 サンゴガニ科
【甲幅】 3cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
甲は平たく、額に弱い波状の4歯がある。甲は前側縁がやや後方に広がり、後側縁との境に棘状の1歯がある。体色は橙色で、甲や鋏脚に赤い網目模様が入る。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋、ハワイに分布。サンゴ礁の礁原や礁斜面の、ミドリイシサンゴやハナヤサイサンゴなど枝状の群体を形成するサンゴの枝上に住む。
【ひとこと】
オオアカホシサンゴガニと同じように枝サンゴの奥に隠れ住んでいます。体が派手なので、見つかることは見つかるのですが、写真を撮ろうとしても、なかなかいい位置に出てきてくれません。網目の大きさは大きい個体も小さい個体もほぼ同じなので、小さい個体の方が網目が粗く見えます。
by diver813 | 2006-04-18 00:56 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#315 フタイロカエルウオ
a0013160_1291034.jpg
【和名】 フタイロカエルウオ
【学名】 Ecsenius bicolor
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イソギンポ科
【体長】 5cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
身体は細長く、頭部が大きい。鱗は皮下に埋没し、前鼻孔の前・後縁に2本の皮弁がある。体色は前半が暗色で、後半は淡色になる個体が多いが、色彩変異がある。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋・インド洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁の礁縁付近や、浅い礁湖に生息する。管住性ゴカイ類の開けた穴を巣穴にし、雑食性で藻類や底生動物を食べる。
【ひとこと】
名前の通り体の前半と後半で、はっきり2色に分かれているので見分けやすいのですが、巣穴に入っている時には頭しか見えないので、「フタイロ」が見えません。また、フタイロの個体が多いのですが、全身が一様に暗褐色の個体や、体側に黒と白の縦帯が入る個体もいます。
by diver813 | 2006-04-17 01:29 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#314 マダライロウミウシ
a0013160_23492476.jpg

【和名】 マダライロウミウシ
【学名】 Risbecia tryoni
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 イロウミウシ科
【体長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は楕円形で厚みがある。体色は薄茶褐色で、白く縁取られた青紫斑が散在する。外套膜周辺は紫色に縁取られる。触角は紫色で、二次鰓は白く、褐色で縁取られる。
【生態】
西部太平洋の熱帯域に分布。岩礁域やサンゴ礁域の浅所に生息する。2個体での追尾行動を行い、追いつくことで交接が行われる。
【ひとこと】
オトヒメウミウシや、ヒョウモンウミウシとよく似ていますが、本種は厚みがあるのに対し、オトヒメウミウシはやや平たく、体が黄色いこと、ヒョウモンウミウシは斑紋がリング状になることで見分けられます。チータウミウシという新参異名でも知られています。求愛の儀式は追いかけっこ。
by diver813 | 2006-04-11 23:52 | 海洋生物図鑑 | Comments(6)
#313 コバンザメ
a0013160_1301291.jpg

【和名】 コバンザメ
【学名】 Echeneis naucrates
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 コバンザメ科
【体長】 60cm
【撮影地】 八重山 水深10m
【特徴】
体は細長く、頭部に第1背鰭が変形した小判形の吸盤を持つ。体色は灰色で、体側に太い黒色縦帯が入る。
【生態】
太平洋東部・大西洋西部を除く全世界の温帯~熱帯に分布。サメやウミガメなど大型の遊泳生物に吸着生活する。他のコバンザメ類と比べ自由遊泳することが多い。魚類を食べる。
【ひとこと】
サメという名前がついていますが、硬骨魚類だし、くっついているだけで、全然別の種類です。体側の黒帯が特徴ですが、かなり薄い個体もいます。吸盤でくっつくため、背中側でくっつく時はひっくり返ります。ダイバーにもくっつくことがあるのですが、残念ながらまだくっつかれたことがありません。砂地に着底することもあるらしい。
by diver813 | 2006-04-11 01:36 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)