The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
#307 シビレエイ
a0013160_2138327.jpg

【和名】 シビレエイ
【学名】 Narke japonica
【分類】 動物界 脊索動物門 軟骨魚綱 エイ目 シビレエイ科
【体長】 40cm
【撮影地】 伊豆 水深20m
【特徴】
体は縦扁し、円盤型。腹鰭全部は体盤に重なり隠れる。体色は赤茶褐色~黒褐色で、腹面も同色。口の周囲は白色。背面に小黒点が入る個体が多い。
【生態】
本州中部~中国、フィリピンに分布。水深50m以浅の砂底に生息する。胸鰭には発電器官があり、ここで発電した50~60Vの電気で小魚や底生動物を麻痺させ捕食する。
【ひとこと】
餌を捕る時意外は砂に潜っているため、見つけるのがなかなか難しいエイです。名前の通り電気を出すため、触るとビリッとくることがあります。発電で有名なデンキウナギの800Vと比べると電圧は弱いのですが、電流は20A程度と高め。この電気は、餌を捕るだけではなく、餌を探すのにも使われています。
by diver813 | 2006-03-30 21:39 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
2005.03 伊豆山 The 2nd Dive
a0013160_23584190.jpg
          に゛ゃー


Site 伊豆山 沖根
Maximum Depth  20.7m
Water Temperature 15℃
Entry 12:31
Exit 13:24
Dive Time 53min.


2本目は定置網に入る予定でしたが、漁師さんに聞くと
「今日は入ってないよ」
とのことで、結局沖根で潜りました。
そこそこの水深にたっぷり50分も潜ったため、ロクハンとはいえ、さすがに寒かったです。
そして、今回はたっぷり曇り止めをつけたマスク、やっぱり曇りました。
洗剤をつけてしっかり洗わないとだめらしい。
マスクのせいかわかりませんが、このダイビングで大事な器材を落としてしまいました。
むむむ。
でも、潜った後のお昼ご飯に、エゾジカのスモークを食べたら、もうご機嫌。
柔らかくて、ほんのりスモークの香りか香って、臭みとか感じなくて・・・
そして、漁師さんに海の幸のお土産もいただいてさらにご機嫌。
伊豆山はやっぱり楽しい!
by diver813 | 2006-03-29 00:00 | Diving Log | Trackback | Comments(7)
2005.03 伊豆山 The 1st Dive
a0013160_136513.jpg
          でっかいヒラメ!


Site 伊豆山 新根
Maximum Depth  27.0m
Water Temperature 15℃
Entry 10:05
Exit 10:42
Dive Time 37min.


久しぶりの伊豆山。
春にごりが始まっていて、海の色は緑色でした。
今回は、10年ほど使っていたゴーグルとフィンを新調、シェイクダウンも兼ねたダイビングです。
フィンは少し長く、少し硬くなりましたが、相性は悪くないかんじ。なじむとなかなかよさそうです。
しかしマスク。新品だからと言って、手入れをせずに使おうとしたら、曇る曇る。
せっかくの海の中の世界も、マスクが曇って見えないと、楽しさは半減してしまいます。
そして、見つけられたはずの生物も見逃しているはず。
マスクはダイビングで最も重要な機材。油断は禁物ですね。
by diver813 | 2006-03-28 01:37 | Diving Log | Trackback | Comments(6)
#306 セスジミノウミウシ
a0013160_123566.jpg
【和名】 セスジミノウミウシ
【学名】 Flabellina rubrolineata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 裸鰓目 サキシマミノウミウシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 フィリピン 水深15m
【特徴】
体は細長く、背側突起の長さ、形状には変異がある。体色は薄紫色~白色。背面の正中線及び左右の辺縁に細い紫色縦線が入る。
【生態】
房総半島以南の太平洋・インド洋に分布。岩礁域、サンゴ礁域に生息する。ハネガヤ類などヒドロ虫を食べる。
【ひとこと】
背中のミノの形や色、数はさまざまなので、見分けるポイントは背中に走る紫色の細い線です。餌のヒドロ虫を食べることで、ヒドロ虫が持つ刺胞(毒がある棘を持つ細胞)を取り込み、背中のミノに貯めることで身を守っています。他の生物の細胞を、自分の体内で生かしておけるなんて不思議ですね。ヒドロ虫が食べられる時に刺を発射しないのも不思議。
by diver813 | 2006-03-24 01:20 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
2005.03 宇佐美 The 2nd Dive
a0013160_23335994.jpg
          放サナイゾ


Site 宇佐美 ビーチ
Maximum Depth  8.6m
Water Temperature 15℃
Entry 11:46
Exit 12:46
Dive Time 60min.


2本目は浅場でガサゴソ。
カジメをかきわけ、石をひっくり返して、ユキミノガイが泳ぐ姿を眺めたり、小さいカニを追い掛け回したり・・・
水没したドライスーツは直していないのでロクハンでしたが、1時間たっぷり潜っても寒さが気にならないぐらい楽しめました。
これだけたっぷり遊んだおかげで、帰りに食べたお昼の支那そばが余計にんまかったです。
by diver813 | 2006-03-22 23:36 | Diving Log | Trackback | Comments(2)
2005.03 宇佐美 The 1st Dive
a0013160_0344982.jpg
          でっかいサザエ!


Site 宇佐美 ビーチ
Maximum Depth  16.2m
Water Temperature 14℃
Entry 9:49
Exit 10:42
Dive Time 53min.


宇佐美、有名なポイントなのですが、じつは初めてやってきました。
岩場はワカメやカジメなどの海藻であふれて緑色。
餌が豊富なので、サザエやアワビもごろごろ。
その先の砂地ではシビレエイと戯れたり、ダイナンウミヘビを巣穴から追い出そうとしたり、じっくりたっぷり遊びました。
かなり長距離を移動したおかげで、かなりエアを消費、久しぶりにタンク1本を完食ました。
by diver813 | 2006-03-21 00:35 | Diving Log | Trackback | Comments(9)
#305 セホシサンカクハゼ
a0013160_1185025.jpg
【和名】 セホシサンカクハゼ
【学名】 Fusigobius duospilus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハゼ科
【体長】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
体は円筒形で。体色は半透明で、淡褐色や白色の小班が散在する。尾柄部の黒斑は三角形。第一背鰭の前部に黒色垂線、後部に黒色眼状斑が入る。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋、東アフリカ沿岸に分布、サンゴ礁域・岩礁域の砂底に生息する。単独で行動する。
【ひとこと】
よく見ると綺麗なのですが、気にしていないとなかなか目に入ってきません。尾鰭付け根の黒い三角模様と、背鰭の黒い線と点が見分けるポイントですが、特に背鰭の黒点は背景の砂などと混じって見えにくいです。真横から見れば、少しは見やすいかも。
by diver813 | 2006-03-17 01:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#304 ダイダイイソカイメン
a0013160_1231547.jpg
【和名】 ダイダイイソカイメン
【学名】 Halichondria japonica
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿網 磯海綿目 イソカイメン科
【高さ】 1cm
【撮影地】 伊豆 水深10m
【特徴】
体は平板状で、不規則に広がる。質は密で弾力がある。表面には突起が散在し、先端に出水口が開く。体色は赤橙色。
【生態】
本州中部以南に分布。潮間帯など浅い岩礁域の岩棚や転石の影に着生する。日本全域、世界各地に分布する。海水から有機物をこし取る。
【ひとこと】
japonicaの学名がつくほど、日本の磯でよく見かけるカイメンです。色も派手なので、よく目に入ってきます。しかし、珍しくないからといって、無関心でいるとイロイザリウオなど、擬態している生物を見逃してしまいます。
by diver813 | 2006-03-16 01:23 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#303 ヒメフエダイ
a0013160_1192071.jpg

【和名】 ヒメフエダイ
【学名】 Lutjanus gibbus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエダイ科
【体長】 30cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は側扁し、体高が高い。前鰓蓋骨に明確な欠刻がある。眼前部はやや凹み、尾鰭の端は丸い。体色は赤色で、変異が激しく、鰭は特に濃色。
【生態】
本州以南の中部太平洋・インド洋に分布。沿岸の岩礁域に生息する。稚魚はタイドプールや浅所でガンガゼの棘の間に隠れる。肉食性。
【ひとこと】
バラフエダイなどに似ていますが、鰓蓋の下部から眼に向けて、切れ込みが入っていることがヒメフエダイの特徴です。白身の美味しい魚で、西日本では食用にされていて、パラオではもっとも流通量の多い魚です。
by diver813 | 2006-03-15 01:20 | 海洋生物図鑑 | Comments(4)
#302 ニセツノヒラムシの一種
a0013160_124627.jpg

【和名】 ニセツノヒラムシの一種
【学名】 Pseudoceros sp.
【分類】 動物界 扁形動物門 渦虫鋼 多岐腸目 ニセツノヒラムシ科
【体長】 4cm
【撮影地】 奄美 水深20m
【特徴】
体は扁平で楕円形。頭部の縁が触角状に捲れる。体色は黒色で、橙色に縁取られ、その内側は白色。背面に2本の白色縦帯が入る。
【生態】
西部太平洋に分布。珊瑚礁域に生息し、岩の上を這う。体をくねらせて泳ぐこともできる。昼間は石の裏などに隠れ、夜間に活発に活動し、光に集まる。肉食性。
【ひとこと】
ヒラムシはウミウシの仲間と非常によく似ていますが、ヒラムシは扁形動物門、ウミウシは軟体動物門と、全く違う生物です。実際、ウミウシとカニより、ウミウシとヒラムシの方が遠い関係だったりします。
by diver813 | 2006-03-14 01:04 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)