The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2005.02 田子 The 1st Dive
a0013160_9531115.jpg
          あなたは・・・だんだん・・・眠くな~る


Site 田子 沖ノ島
Maximum Depth  34.4m
Water Temperature 13℃
Entry 11:47
Exit 12:18
Dive Time 31min.


久しぶりの伊豆山、しかし、行ってみると船を出してくれる漁師さんから、
「今日はばりばりクローズだよ」
と、言われてしまいました。
船が出ないとどうにもならないので、相談しながら作業をする漁師さんの手元を見ると、可愛らしいヒメセミエビが。あまりの可愛さに、ぜひとも我が家のペットにと、せがんでみると、
「いいけど、もたないよ。」
と、あっさり言われ、最終的には海に帰しました。今度から生体輸送用のバケツとエアーポンプを車に常備することにします。
そんなこんなで、風下の西伊豆まで足を伸ばすことにしました。
風下とはいえ、多少の波はありましたが、海は綺麗で透明度も良く、ダイナミックな田子の地形を堪能できました。
そして、魚影は薄かったのですが、そこかしこにあるイイジマフクロウニに刈り込みが入っていて、ひっくり返ると、これにもこれにもこれにも大きなゼブラガニが付いていました。
浮上前にはボウズコウイカにも会えてご機嫌。
冬の雨の日、雨に打たれながら準備している時は、少しやる気がなくなっていましたが、潜ってみるとやっぱり楽しかったです。
by diver813 | 2006-02-28 01:05 | Diving Log | Trackback | Comments(12)
#295 オオスジイシモチ
a0013160_0235739.jpg

【和名】 オオスジイシモチ
【学名】 Apogon doederleini
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 テンジクダイ科
【体長】 8cm
【撮影地】 伊豆 水深5m
【特徴】
体は長卵形で側扁する。体色は光沢のある淡褐色で、体側に5本の暗褐色縦帯が入る。尾柄部の黒斑は尾鰭にかからない。
【生態】
千葉県以南の西部太平洋に分布。岩礁域、内湾の転石帯に生息する。幼魚は群を成すが、成魚は単独もしくはペアで生活する。主に動物プランクトンを食べる。口内保育を行う。
【ひとこと】
コスジイシモチとよく似ていますが、コスジイシモチは帯の数が8本で、尾柄部の黒斑が尾鰭にかかることで見分けることができます。オオスジイシモチの帯の数は5本ですが、一番下の1本は不明瞭なので、英語では"Fourstriped cardinalfish"と呼ばれています。
by diver813 | 2006-02-26 00:24 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#294 サボテングサ
a0013160_2114983.jpg

【和名】 サボテングサ
【学名】 Halimeda opuntia
【分類】 植物界 緑藻植物門 緑藻綱 イワズタ目 ハゴロモ科
【高さ】 10cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
団扇状の節間が平面的に長く繋がり、枝分かれは少ない。石灰分が多く脆い。体色は白みがかった緑色で根元付近は白くなることがある。大きさや色彩は個体ごとに変異がある。
【生態】
南西諸島に分布。珊瑚礁域の潮下帯に生息し、岩場に付着する。魚の嫌いな二次代謝産物を生成し、捕食を免れる。環境により形状が大きく異なる。
【ひとこと】
サボテングサの仲間は古代海藻の一種で、地球上に現れたのは2億年以上前なのですが、魚が食べにくくなる物質を作り出すなどして、今まで生きのびています。またコノハガニが擬態しているのはサボテングサで、珊瑚礁域ではサボテングサに付いています。特には葉とそっくりな形。
by diver813 | 2006-02-24 02:12 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#293 テンジクイサキ
a0013160_234560.jpg

【和名】 テンジクイサキ
【学名】 Kyphosus cinerascens
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イスズミ科
【体長】 20cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は楕円形で体高が高く側扁する。背鰭、尻鰭の後縁が大きい。口が下方に向かって突出する。体色は褐色を帯びる個体が多いが、青みを帯びる個体もある。
【生態】
本州中部以南の西部太平洋、インド洋に分布。幼魚は流れ藻に付き、甲殻類を主食にするが、成長すると岩礁域に定着し、藻類や底生動物を食べる雑食性になる。
【ひとこと】
口が下を向いていて、鼻の下が伸びているようなユーモラスな顔をしています。イスズミと似ていますが、テンジクイサキは背鰭と尻鰭の後縁が大きいので見分けられます。釣魚としても有名で食用ですが、夏場は磯臭くて不味いらしい。
by diver813 | 2006-02-22 23:05 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#292 ナデシコカクレエビ
a0013160_0525061.jpg
【和名】 ナデシコカクレエビ
【学名】 Periclimenes sarasvati
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 フィリピン 水深30m
【特徴】
体はわずかに赤みがかった透明で、白と赤紫からなる小斑が散在する。第三腹節にV字型の赤紫斑が入る。鋏脚の各節は白く、関節部が赤紫。第二触角は白い。
【生態】
琉球列島以南の西部太平洋、インド洋に分布。礁原や礁斜面のナガレハナサンゴなどに共生する。ひとつの宿主にペアで生息することが多い。魚の寄生虫などを食べる。
【ひとこと】
この個体が宿主にしているのはミズタマサンゴニセアカホシカクレエビとよく似ています。どの図鑑やガイドブックでも、斑紋パターンによる難しい見分け方しか書いていなく、この見分け方は記載されていませんが、髭が白ければナデシコカクレエビ、透明ならニセアカホシカクレエビと、髭の色で見分けられるはず。たぶん。
by diver813 | 2006-02-22 00:54 | 海洋生物図鑑 | Comments(5)
#291 ヨコシマクロダイ
a0013160_22541275.jpg

【和名】 ヨコシマクロダイ
【学名】 Monotaxis grandoculis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 フエフキダイ科
【体長】 25cm
【撮影地】 シミラン 水深20m
【特徴】
体は楕円形で側扁する。口は突出せず両顎の奥に巨大な臼歯を持つ。若魚は白黒の横縞で、尾鰭が黄色いが、成長するにつれて模様は薄れ、銀灰色一色になる。
【生態】
伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域周辺の低層に生息する。強い顎を持ち、甲殻類やウニなどの底生動物を殻ごと食べる。
【ひとこと】
幼魚はサンゴの周りなどに生息し、見た目も可愛らしく、スズメダイと見間違えてしまいそうですが、成長すると模様もなくなりブサイクになります。 食用とされていますが、シガテラ毒を持つことがあるそうなので、食べない方が無難。
by diver813 | 2006-02-20 22:56 | 海洋生物図鑑 | Comments(2)
#290 ムラサキカイメン
a0013160_0374471.jpg

【和名】 ムラサキカイメン
【学名】 Haliclona permollis
【分類】 動物界 海綿動物門 尋常海綿網 単骨海綿目 カワナシカイメン科
【高さ】 2cm
【撮影地】 神津島 水深15m
【特徴】
直径2cmほど半球状の塊が連なり、体の形や大きさは不規則。骨格はガラス質で、若い個体は硬く、鮮紫色の体色をしており、老成すると柔らかくなり、体色も淡くなる。
【生態】
日本全域、世界各地に分布する。体表の微細な穴より海水を吸い込み、開口部より吐き出す。その過程で、海水から有機物を濾し取り栄養を得る。
【ひとこと】
この個体はひとかたまりですが、大きな個体ではこれがいくつも繋がったような、不規則な形をしています。海綿は最初の多細胞生物と言われていて、細胞同士の結びつきが非常に弱く、水の中で揉むとばらばらになります。しかし、細胞単位になっても生きていられるばかりか、しばらくすると細胞が集まって再生することができます。また、2種類のバラバラになった海綿を混ぜても、混じりあうことがなく、ちゃんと2つの海綿に戻ります。
by diver813 | 2006-02-17 00:38 | 海洋生物図鑑 | Comments(8)
#289 アカモンガラ
a0013160_0414397.jpg

【和名】 アカモンガラ
【学名】 Odonus niger
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 フグ目 モンガラカワハギ科
【体長】 50cm
【撮影地】 奄美 水深10m
【特徴】
体は長卵形で側扁し、尾鰭の上下が糸状に伸長する。体色は青みがかった黒色で、頭部は緑がかる。上顎の2本の赤い歯が突出する。
【生態】
相模湾以南の西部太平洋・インド洋に分布。珊瑚礁の水深50m以浅に生息し、珊瑚礁外縁で大きな群を作ることがある。動物プランクトンを食べる。繁殖期は夏。
【ひとこと】
ドラキュラのように歯が赤いから(この写真では白く見えますが)アカハモンガラという名前だったのですが、間違えてこの名前になってしまったそうです。臆病で、近づくとすぐ海底に逃げて行き、岩穴や割れ目に隠れます。でも、たいてい頭かくして尻隠さずになってしまいます。そういえば学名もニゲル。
by diver813 | 2006-02-16 00:45 | 海洋生物図鑑 | Comments(11)
#288 ヒョウモンダコ
a0013160_22165255.jpg

【和名】 ヒョウモンダコ
【学名】 Hapalochlaena maculosa
【分類】 動物界 軟体動物門 頭足綱 八腕形目 マダコ科
【胴長】 5cm
【撮影地】 フィリピン 水深10m
【特徴】
体は乳白色、茶色、黄色と変異に富む。興奮すると鮮青色の輪紋が浮かび上がる。唾液腺に毒腺を持ち、墨袋を持たない。毒の主成分は神経毒のテトロドトキシン。
【生態】
相模湾以南~オーストラリアにかけての太平洋、インド洋に分布。岩礁域、珊瑚礁域の浅所に生息する。エビやカニなど、甲殻類や魚類を捕食する。
【ひとこと】
代表的な海の危険生物。綺麗なので、つい触りたくなりますが、強い毒(テトロドトキシンはフグ毒)を持っているので、触らずに観察しましょう。噛まれても、痛みを感じないことがあるので厄介です。噛まれるとマヒや呼吸困難になり、最悪の場合死に至ります。万が一噛まれた場合は、傷口から血を絞り出し、傷口の上方(心臓に近い方)を縛って、救急車を呼び、すぐに病院へ行ってください。模様が出ていない時は岩と見分けにくいのもたちが悪い。
by diver813 | 2006-02-14 22:19 | 海洋生物図鑑 | Comments(7)
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
a0013160_2102865.jpg
          いくつたべてもんまい。


再び厚岸の牡蠣をお取り寄せして、学んで、食べて、呑みました。

参加メンバーは
たけさん
歩いたり立ち止まったりしながらのまっくさん
a TraceのSachieさん
フラプッチ~のダイビング日記。のfrappucciさん
しゃちのつぶやきのビルバインさん
一獣三菜のkuricawaさん
じぶんの日記の55aiaiさん
自分を合わせて8人でした。
前回同様、牡蠣は美味しいのか、どうすれば簡単に開けられるか、ということを解剖しながら学び、今回はさらに牡蠣の心臓を観察したりしました。
その後、牡蠣は生で、天ぷらで、スープで、オーブン焼で、うどんで美味しくいただきました。
でも、生牡蠣用のレモン、出し忘れた!終わった後、冷蔵庫にてんこもりになったレモンを見て気付きました。参加者のみなさん、ごめんなさい。
そして、今回は赤海老エイトのsimarisu10さんから、特大のボタンエビと、新種のボタンエビ(一般に言うボタンエビはタラバエビ属の一部のエビの総称。ちゃんと和名がボタンエビというエビもいます)を各1kgをいただきました。特大のボタンエビはお刺身、新種のボタンエビは天ぷらにしていただきました。生でも火が通ってても、ねっとりしていて旨い。こういうエビを食べると、保水剤でプリプリにしてあるエビが嘘だとわかります。
simarisu10さん、どうもありがとうございました。

>たけさん
準備を手伝ってくれてありがとう。今度は姉も参加するそうです。
>まっくさん
天ぷら、うどん担当ありがとうございました。こうちさんも交えてまたやりましょう。
>Sachieさん
声が出ないとのことで、あまりお話ができなかったのが心残りです。次回はいっぱいお話しましょうね。それから、お孫さんがかわいかったです。
>frappucciさん
次は海で会いましょう、手足チャック付きのロクハン楽しみにしています。チョコレートケーキありがとう。
>ビルバインさん
やはり牡蠣は二個が限界なのですね。でも、今回は貴重なエビあったからよかったかな?チョコレートケーキありがとう。
>kurikawaさん
イグアナをめちゃめちゃ撫でていましたね。イグアナをあんな撫で方する人ははじめてです。それからパウンドケーキありがとうございました。
>55aiaiさん
あの牡蠣をaiさんならどう写すか、すごく興味があったんです。そしたら、オーブン焼きをあんなに美味しそうに撮っていただいて・・・嬉しかったです。それから、お土産のクリームチーズと豆乳のブランマンジェ、美味しい裏メニューという貴重な品をありがとうございました。
>母
今回もありがとう、感謝しています。

みなさん、ご参加ありがとうございました。

メンバーの実習レポート
kurikawaさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)
ビルバインさん 海洋生物実習Ⅲ【マガキの解剖学】補講
Sachieさん 牡蠣オフ会
55aiaiさん 海洋生物学実習Ⅲ マガキの解剖学(補講)で牡蠣三昧
frappucciさん 海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)に参加してきました
by diver813 | 2006-02-13 21:06 | Study Room | Trackback(3) | Comments(7)