The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
#282 マルヅツミドリイシ
a0013160_23114681.jpg
【和名】 マルヅツミドリイシ
【学名】 Acropora elseyi
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
瓶洗ブラシ状(洗矢状)群体を形成するハードコーラル。枝ぶりは強固で三角錐の概形をしており、円い側生ポリプが密生する。群体は淡い黄褐色であることが多く、先端部は白や紫。
【生態】
宮古島以南の中・西部太平洋、インド洋に分布。潮通しのよい礁斜面や礁池に生息する。昼間は共生藻から栄養を摂取し、夜間はポリプを開きプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
サンゴの減少について、オニヒトデや赤土、海水温の上昇などをよく耳にしますが、最近は「サンゴの病気」についての報告も急増しています。病気はウイルスや細菌、菌などの病原菌によるものや、寄生虫によるもの、腫瘍など様々。病気の引き金になるのは、温度、土壌粒子、科学物質など環境の変化によることが多いと言われています。
by diver813 | 2006-01-31 23:16 | 海洋生物図鑑
#281 アオヤガラ
a0013160_2205286.jpg
【和名】 アオヤガラ
【学名】 Fistularia petimba
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 トゲウオ目 ヤガラ科
【体長】 40cm
【撮影地】 奄美 水深5m
【特徴】
体は非常に細長く縦扁し、吻部が長く伸びる。尾柄部の側線鱗に鋭い棘を持たず、尾鰭中央軟条が伸びる。体色は淡緑色~淡褐色で、興奮すると暗色横帯が現れる。
【生態】
本州中部以南の太平洋、インド洋に分布。浅い岩礁域や珊瑚礁域に生息する。単独~数匹で行動し、細長い口で、小魚を吸い込むように捕食する。
【ひとこと】
ヘラヤガラに似ていますが、科が異なり、ヘラヤガラは側扁(体が横に平たい)するのに対して、アオヤガラは縦扁(体が上下に平たい)しています。ちなみに英語でアオヤガラは"Flute mouth"や"Cornetfish"で、ヘラヤガラは"Trumpetfish"。普段は横帯が見られませんが、興奮すると横帯が現れます。アカヤガラによく似ていますが、アカヤガラは尾の付け根に鋭い棘を持ち、おいしいので区別できます。
by diver813 | 2006-01-30 23:07 | 海洋生物図鑑
#280 アカヒメジュズベリヒトデ
a0013160_23385896.jpg
【和名】 アカヒメジュズベリヒトデ
【学名】 Fromia milleporella
【分類】 動物界 棘皮動物門 海星綱 アカヒトデ目 ホウキボシ科
【直径】 4cm
【撮影地】 慶良間 水深5m
【特徴】
体は星型で、5本の腕は先細りし、腕の縁は直線的。体は朱色で、背面には小黒点が散在する。腕の稜板は不明瞭。
【生態】
屋久島以南の西部太平洋、インド洋に分布。珊瑚礁域の浅所に生息し、夜に活発に行動する。
【ひとこと】
浅い場所で見る派手な赤く、とても綺麗な星型は、すぐに目に入ってきます。黒点は皮鰓と呼ばれる呼吸や排出に関係している器官で、弱っている個体や、死んだ個体は黒くなくなります。
by diver813 | 2006-01-28 23:40 | 海洋生物図鑑
#279 ヒメゴンベ
a0013160_064775.jpg
【和名】 ヒメゴンベ
【学名】 Cirrhitichthys oxycephalus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ゴンべ科
【体長】 4cm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
体は側扁し、長卵形で吻部が尖る。体色は地色が白色で、桜色~赤褐色の斑紋が入り、尾鰭に赤色点が入る。
【生態】
琉球列島、小笠原諸島以南の西部太平洋・インド洋、及び東部太平洋に分布。潮通しのよい珊瑚礁の外縁に生息する。雄は縄張りを持ちハーレムを形成する。
【ひとこと】
サラサゴンベに似ていますが、サラサゴンベは斑紋が繋がって横縞っぽくなるので見分けられますし、ミナミゴンベにはさらに似ていますが、ミナミゴンベは斑紋が縦長で尾鰭が無地なのに対し、ヒメゴンベの斑紋は横長で、尾鰭に赤い点が散在することで区別できます。
by diver813 | 2006-01-26 00:09 | 海洋生物図鑑
#278 コンシボリガイ
a0013160_1105493.jpg
【和名】 コンシボリガイ
【学名】 Micromelo undata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭楯目 ミズガイ科
【体長】 2cm
【撮影地】 慶良間 水深10m
【特徴】
貝殻は露出し卵型で、殻表に3本の細い螺帯と、それを垂直に結ぶ弓状の縦帯が入る。外套膜は半透明で白斑が散在し、縁は青色もしくは黄色。
【生態】
西部太平洋、インド洋、大西洋の熱帯域に分布。浅い岩礁域、珊瑚礁域に生息し、春~初夏に岩礁上で見られる。
【ひとこと】
非常に綺麗な、殻を残したウミウシ。殻を残したウミウシの仲間は、アメフラシやタツナミガイなど他にもいますが、ミズガイの仲間は殻がよく見え、巻かれているのがわかりやすく、ウミウシの祖先は巻貝だと実感できます。
by diver813 | 2006-01-24 01:11 | 海洋生物図鑑
#277 イロイザリウオ
a0013160_20295449.jpg
【和名】 イロイザリウオ
【学名】 Antennarius pictus
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 アンコウ目 イザリウオ科
【体長】 20cm
【撮影地】 大島 水深15m
【特徴】
体は丸く、頭部が大きい。吻部上部にエスカ(疑似餌)を備えた誘引突起を持つ。背鰭第2棘はあまり肥厚せず、鰭膜との境界は比較的明瞭。色彩変異が激しい。
【生態】
太平洋・インド洋に分布。沿岸の岩礁域・珊瑚礁域に生息する。足状の胸鰭で海底を這うように移動する。誘引突起先端のエスカで、小魚を誘引捕食する。
【ひとこと】
オオモンイザリウオによく似ていて見分けにくく、図鑑などでは背鰭第2棘が著しく肥厚するのが、オオモンイザリウオとされています。でも、尾鰭に丸い暗色斑が入る場合、暗色斑が2つであればオオモンイザリウオ、3つであればイロイザリウオと区別きます。頭にある釣竿のような誘引突起で、魚をおびき寄せ、大きな口で食べてしまいます。
by diver813 | 2006-01-18 20:31 | 海洋生物図鑑
Lesson10 キンメダイの目はなぜ金色?
a0013160_2148361.jpg
hect_pascalさんHN未定さんから、魚の金色の目について質問がありました。

コメントでも解説していますが、最初にホウセキキントキの目で見える景色について。

ごく浅い水深に生息する魚には、色を感じることができる種類もいますが、Lesson2 海はなぜ青い?にあるように、水中では赤→黄→青の順に色が吸収されてしまいます。なので、深い場所に住んでいる魚に、あまり色は意味を持ちません。

目には「明るさ」を感じる桿体細胞と、「色」を感じる錐体細胞がありますが、「色」を感じる錐体細胞は弱い光を捉えることができません。
なので、深場に住んでいる魚や、夜行性の魚は「明るさ」を感じる桿体細胞が多く、「色」を感じる錐体細胞はほとんどありません。
従ってホウセキキントキの目で見える景色はモノクロであると考えられます。

また、人間の目は前を向いて付いていますが、魚の目は左右を向いてついているため、ほぼ360度見ることができ、死角は真上、真下、真後ろだけです。

まとめるとホウセキキントキ魚眼レンズをつけた暗視カメラに映るような景色が見えているのです。

次にキンメダイの目について。

深場に住むキンメダイや、夜行性のホウセキキントキやアカマツカサなどは、暗い環境でも見えるように、わずかな光を捉える目を持っています。

人間の目だと

光 ⇒ │
光 ⇒ │
光 ⇒ │
    網膜

と、入ってきた光だけが網膜に映りますが、
キンメダイなどはタペータムという、光を反射する組織が網膜の下にあり、

光 ⇒ │ ⇔ ┃
光 ⇒ │ ⇔ ┃
光 ⇒ │ ⇔ ┃
    網膜  タペータム

と、入ってきた光は網膜を透過し、タペータムで反射され、もう一度網膜に映ります。
つまり、入ってきた光だけでなく反射光も加わり、網膜により明るい映像が映るのです。

そして、このタペータムという組織が光を反射するため、目が金色に見えるのです。
ちなみにタペータムはネコ科の動物なども持っていて、イエネコの目が光って見えるのもタペータムが光を反射しているからです。
by diver813 | 2006-01-17 21:49 | Study Room
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学(補講)のお知らせ
*牡蠣オフ(第二回)のお知らせです。当日(2月11日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*今回も赤海老エイトのsimarisu10さんから、素敵なエビをいただいています。
*いよいよ本日開催です。

内容詳細
by diver813 | 2006-01-16 21:44 | Study Room
#276 ソリハシコモンエビ
a0013160_2193063.jpg
【和名】 ソリハシコモンエビ
【学名】 Urocaridella sp.
【分類】 動物界 節足動物門 軟甲綱 十脚目 テナガエビ科
【体長】 1.5cm
【撮影地】 慶良間 水深20m
【特徴】
第1、第2胸脚に鋏足を持つ。第2胸脚の腕節は分節しない。体は透明で、細かい白色、赤色の斑紋が散在する。鋏脚は白く、長節の末端は赤色。
【生態】
八丈島以南の西部太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁域、岩礁域に生息する。昼間は岩穴や洞窟に隠れ、夜間は珊瑚礁を徘徊し、寝ている魚をクリーニングする
【ひとこと】
透明な体に紅白模様の、線が細く美しいエビです。クリーナー独特の腰を振るダンスを、洞窟内で一斉に踊っている姿は見ていてあきません。ホバリングしていることが多い上に透明なため、写真を撮ろうとしても、なかなか上手くピントが合いません。クリーニングステーションになっている岩穴は、近づくと魚が逃げ出してくるので、見つけることができます。
by diver813 | 2006-01-14 02:23 | 海洋生物図鑑
#275 ホウセキキントキ
a0013160_022426.jpg
【和名】 ホウセキキントキ
【学名】 Priacanthus hamrur
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 キントキダイ科
【体長】 25cm
【撮影地】 奄美 水深15m
【特徴】
体は卵型で強く側片し、体長は体高の2倍以上。目が大きく受け口で、尾鰭が湾入する。体色は赤色のものが多いが、淡色のものや、暗色横帯が入る個体もある。
【生態】
伊豆半島以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。浅い岩礁域、珊瑚礁域に多いが、水深250m以上浅にも生息する。夜行性で昼間は岩穴などに隠れる。
【ひとこと】
体色は縞模様が出たり銀色だったり様々ですが、尾鰭が湾入すること、各鰭に斑紋がないことで見分けることができます。通常は単独~数匹で行動していますが、場所によっては大群を作ります。あまり市場に出回りませんが食用で、刺身、塩焼き、煮付けなど何でも美味しい良質の白身魚。ビームを出しそうな光る目が名前の由来です。
目が光る理由
by diver813 | 2006-01-12 00:06 | 海洋生物図鑑