The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2005.12 Thailand The Last day
a0013160_1340729.jpg
          自分へのお土産!


最終日は帰るだけ。
飛行機が朝の8時15分出発なので、カオラックは朝5時半出発。
眠い目を擦りながら、車に乗ってプーケット空港を目指しました。
空港では少し時間があったので、余ったバーツを使いきろうと、お土産を物色。
そしたら、東南アジアの海水魚図鑑を発見。日本では最近珍しい写真ではない、手描きの図鑑。
さすが、特徴がわかりやすい。
今回もハプニング続きでしたが、帰路は特に何もなく、無事に帰ってこれました。
一時はどうなることかと思いましたが、無事師匠もダイビングできたし、短い旅行でしたが、いい思い出になりました。
by diver813 | 2005-12-30 13:41 | Diving Log
2005.12 Thailand The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_23565081.jpg
          子育て中かな?


Site シミラン No.8 ビーコンリーフ
Maximum Depth  29.4m
Water Temperature 29℃
Entry 15:22
Exit 16:12
Dive Time 50min.

今日もお昼はカレー。
今回の船のお客さんはほとんど、ドイツの方で、みんなよく食べる。
それを計算して、師匠のために、一番乗りでお昼ごはんをたんまりもらってきました。
その直後には、みんながランチに殺到していて、危うく自分の分が確保できなくなりそうでしたが・・・
そんなこんなで、しっかりエネルギーチャージをしてから二本目。
エントリーするとすぐに、船が沈んでいます。この沈船は、少し前に沈んだクルーズ船。何かにぶつかって、船底に穴が開いたのが原因らしい。
沈没からは一年も経っていないのに、甲板には新しくサンゴが根付いていました
その後は、サンゴの海でのんびりフィッシュウォッチング。シミラン独特のスズメダイやチョウチョウウオ、ギンポなどの写真を、じっくり撮ることができました。
帰った後は、なんとかダイビングもできて、ご機嫌な師匠と現地のスタッフとシーフードを食べに行きました。
新鮮な魚を選んで、調理してもらえます。
そこで選んだハタの大蒜揚げ、うますぎ!
ウシエビは100Bahtとやや高めでしたが、せっかくなので、2匹食べちゃいました
エビのミソと、スパイスが妙にマッチしてて、これもんまかった。
他にもガパオとか食べて、今日も大満足。
せっかく師匠も潜れるようになったし、明日帰らなければいけないのが、本当に残念でした。
by diver813 | 2005-12-27 00:03 | Diving Log
海洋生物学実習Ⅲマガキの解剖学のお知らせ
a0013160_1393916.jpg
*牡蠣オフのお知らせです。当日(1月4日)までこのエントリがトップにくるよう設定しています。
*赤海老エイトのsimarisu10さんから、新製品の爆裂シュリンプをいただきました。今回参加する方は宿題として「爆裂シュリンプの試食レポート」を書いていただきます。

内容詳細
by diver813 | 2005-12-22 01:44 | Study Room
2005.12 Thailand The 3rd day The 1st Dive
a0013160_19514581.jpg
          受験生には嫌な名前の魚です。


Site シミラン エレファントヘッドロック
Maximum Depth  24.4m
Water Temperature 29℃
Entry 10:57
Exit 11:44
Dive Time 47min.

朝、目が覚めると、早起きの師匠は、先に起きていました。
「イテテテテ」
と声が聞こえてきます。
でも、痛かったのは、テーピングを剥がす時に、毛が引っ張られたためで、膝自体は、「4割回復、海の中では問題ない。」
とのこと。信じよう。
で、今日もおいしい朝ごはんを食べて出発。
現地のスタッフは、とっても親切で、膝を痛めた師匠をサポートしてくれました。
日本のショップだったら、きっと
「あきらめてください。」
で終わりだろうな。
で、目指す先はシミラン諸島。
・・・リチリューロックじゃないの?ジンベエ見るんじゃないの?
昨日荒れていたので、参加者には明日はシミランと言ってしまったらしい。
今日の海況はばっちりですが、シミランで客を募ってしまったため、変更が効かないとか・・・
いいんだ、シミランにも色んな魚いるし。うわーん!
で、1本目はエレファントヘッドロック。ヘッドロックと言っても、プロレス技ではなくて、像の頭の形の岩があるため、この名前になっています。
地形がダイナミックなポイントで、ロウニンアジやカスミアジが回遊しています。
で、気になる師匠ですが、陸上ではよちよち歩きだったのに、海に入ると元気そのもの。あっちに行ってはカニを探し、こっちに来ては、ガイドさんに質問。まるで海の生き物です。
今回も、ストロボは使えないままですが、一心不乱に餌を食べてるタイマイや、未記載種のカニに逢えた、そしてなにより師匠と潜れた素敵なダイビングでした。
by diver813 | 2005-12-20 19:55 | Diving Log
#272 スギノキミドリイシ
a0013160_22311611.jpg
【和名】 スギノキミドリイシ
【学名】 Acropora formosa
【分類】 動物界 刺胞動物門 花虫綱 イシサンゴ目 ミドリイシ科
【個体直径】 3mm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
樹枝群体を形成するハードコーラル。枝は長く、鹿角状になり先細りする。体色は淡褐色~褐色、紫など変異に富み、先端部は色が薄い。頂端のポリプは大きい。
【生態】
紀伊半島以南に分布。浅く、波あたりの弱い礁池に生息する。内部共生する褐虫藻から栄養を得るとともに、ポリプでプランクトンを捕食する。
【ひとこと】
枝状という言葉がぴったりのサンゴ。波が穏やか所では細い枝、波あたりの強い場所では、太く短い枝をしています。沖縄でも多く見られたのですが、1998年の海水温上昇による白化で、ほとんど見られなくなってしまいました。
by diver813 | 2005-12-16 22:31 | 海洋生物図鑑
2005.12 Thailand The 2nd day After Dive
a0013160_21401490.jpg
          透明だけど辛い。


ダイビングの後、ホテルでシャワーを浴びてひと休み。
ベットの上で痛めた膝をテーピングする師匠に、海の様子を報告。
それを聞いた師匠、明日潜る気まんまんで、
「昨日の痛みを8.5とすると、今は7.5。明日は多分大丈夫」
と言っていますが、本当に大丈夫か?
7ではなく7.5と言ってしまうところあたり、かなり痛そうなんだけど・・・
で、今日は現地のショップのスタッフと夜ご飯。
美味しいお店、美味しいメニューをコーディネートしていただきました。
写真の透明なスープのトムヤンクン、エビの食べれない師匠のためにトムヤンプラー(こちらはノーマルスープ)、それからイカ軟骨の大蒜揚げとか・・・
んまい!
そんなビールがすすむメニューに舌鼓を打ちながら花が咲くのは、ダイビング業界の裏話。だって、みんなスタッフだもの。
意外な共通の知人の存在や、その知人のあんなこととか、そんなこととか・・・
ダイビング業界は、けっこう狭いんです。怖いなぁ。
盛り上がってきた所で、
「死ぬほど辛いものが食べたい」
と師匠がわがままを言い出しました。
そこで、すごく辛いグリーンカレーをオーダー。
出てきたカレー、確かに辛いのですが、マイルド。コックさんは全体の統一感を大事にしているらしく、辛くなった分、マイルドさも増していました。辛いというより正直うまい!
しかし、辛さに満足していない師匠を目の当たりにした、現地のスタッフさん、
「絶対ヒーヒー言わせてやるんだから!」
とエスカレートしてきました。で、サラダや炒め物などでリベンジしましたが、やっぱり味がまとまっている。んまい。
そんなこんなで、結局ヒーヒー言うような料理は出てこず、頑張っていたスタッフさんは、ちょっと悔しそうでしたが、個人的には辛ウマな料理が色々食べれて大満足。
で、今日も寝る前にマッサージ。今回はタイマッサージ(250Bah)にしましたが、半分以上寝ていて、あまり記憶がありません。
なのに、部屋に戻ると、師匠のことが気になるのと、ジンベエザメに逢えるかもという期待と、大音量の師匠のいびきで、なかなか寝つけませんでした。
師匠、今日は一歩も部屋から出ていない(昼食にさえ出れなかった)と言っていましたが、明日、本当に潜れるのだろうか?
by diver813 | 2005-12-15 21:45 | Diving Log
#271 イロブダイ(幼魚)
a0013160_235056.jpg
【和名】 イロブダイ(幼魚)
【学名】 Bolbometopon bicolor (yg) 
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ブダイ科
【体長】 3cm
【撮影地】 シミラン 水深10m
【特徴】
体は長円形で側扁する。体色は白色で、頭部に目を通る橙色横帯が入る。背鰭前方は白く、後方は透明で、前方には橙色で縁取られた黒色斑が入る。
【生態】
和歌山県以南の太平洋、インド洋、紅海に分布。珊瑚礁の礁斜面など、礁縁に生息し、幼魚は単独で生活する。小型藻類を食べる。
【ひとこと】
親は不細工ですが、子供は姿も仕草も可愛く、鑑賞用としても人気があります。しかし、食用に乱獲されてしまったため、日本ではあまり見られません。幼魚は本州沿岸でも見かけることがありますが、成魚が見られるのは奄美大島以南です。
by diver813 | 2005-12-15 02:35 | 海洋生物図鑑
2005.12 Thailand The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_2294014.jpg
          あ、マンタだ。


Site ボン島 ウエストリッジ
Maximum Depth  21.2m
Water Temperature 29℃
Entry 13:15
Exit 14:07
Dive Time 52min.

お昼は船の上でグリーンカレー。ちゃんとご飯とカレーが別々でした。
美味しくいただきましたが、2本目のダイビング中、たまに胃から香ってきます。
その2本目も1本目と同じウエストリッジ。
1本目、外部ストロボが不調で使えなかったのですが、2本目でもやはり使えない。本格的に壊れてしまったようです。師匠の呪いかもしれません。
なので、せっかくバブルコーラルシュリンプがいても、スーパーマクロモードでフラッシュが使えない!
それでも頑張ってマクロを狙っていたら、タンクバンカーのカン!カン!カン!という音が・・・
振り返るとそこにはマンタ
実はウエストリッジは、マンタ狙いのポイントだそうです。でも、予習をしていなかったので、心構えがまるでありませんでした。
周りには始めて見るインド洋の生き物、上にはマンタ。どっちを撮るか悩みます。
ちょっと悩んで、数枚マンタを撮影したら、マンタの側を船が通過してしまい、マンタはちょっとびっくりして、離れてしまいました。
びっくりしたときのマンタ、速かった~。素早い動きもできるんだね。
で、遠退いたマンタを背に、ガリゴリ齧るゴマモンガラクロハコフグの幼魚を激写。
そんなことをしていたら、上がった後に
「あまりマンタ撮っていませんでしたね」
とガイドさんに突っ込まれてしまいました。
だって、みんなのエアが邪魔で撮り難かったし、ちょっと遠かったし・・・
今日のダイビングはこれでおしまい。
ショップに戻ってから師匠にマンタの報告をすると、
「ひもが付いてたんじゃない?」
と、偽者を見たと主張。見れなかったことがかなり悔しいらしい。
マンタより、イヤースポットブレニーに興奮するの、ちょっとおかしいかな?
by diver813 | 2005-12-13 02:33 | Diving Log
厚岸の牡蠣
a0013160_15202444.jpg
          生でも、焼いても、蒸しても、んまい!


ベスト1は厚岸の牡蠣。
ある人のコネで、毎年、厚岸の漁師から直接牡蠣をお取り寄せしています。普通、牡蠣は滅菌のために水揚げから2~3日、殺菌された海水の水槽で断食させられます。なので、ちょっと痩せてしまいます。
しかし、このお取り寄せは、朝揚がった牡蠣がその日のうちに届くので、旨みたっぷり。滅菌されていませんが、水揚げからの経過時間が短いので、菌が繁殖しておらず、安全・・・らしい。
今まで何度も大量に食べていますが、中ったことはないので、本当に大丈夫なのでしょう。
そして、値段。なんと1個100円程度なのです。以前オイスターバーで厚岸の牡蠣の値段を見たら、1個800円ですから、いかにお得かわかります。
生はもちろんですが、個人的なおすすめはオーブン焼き。牡蠣をオーブンに放り込んで、余熱なしの200度20分で完成。火が入ると蓋も簡単に取れるので、開けにくい牡蠣はオーブン行き。
ベスト2はKenwood Yulupa Cuvee Brut
シャンパンじゃありません。カバでもスプマンテでもありません。カリフォルニアのスパークリングワインです。2000円しない普段呑みできる価格なのに、Veuve Clicquot(黄)と同じぐらい美味しい!オーディオみたいな名前からは想像できない味です。
ベスト3は成体イグアナフード(お徳用)
普通のペットショップでは売っていないし、売っているペットショップでも、結構値が張ります。でも、お取り寄せなら安い(約半額)し、持って帰る手間もないので大助かり。栄養バランスもある程度しっかりしているので、なかなか便利です。しかし、うちのイグアナは栄養バランスの悪い九官鳥の餌の方が好きなようです。

私の「お取り寄せ」ベスト3!
by diver813 | 2005-12-10 15:40 | Trackback
#270 アオフチキセワタ
a0013160_12551891.jpg
【和名】 アオフチキセワタ
【学名】 Philinopsis gardineri
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 頭縦目 カノコキセワタ科
【体長】 2cm
【撮影地】 シミラン 水深15m
【特徴】
体は細長く、頭部は頭楯を形成し、触角を欠く。体は黒色で、頭楯、側足が青く縁取られる。体の中央に細い白色横帯が入る個体もある。
【生態】
西部太平洋、インド洋の熱帯域に分布。微泥が混じる砂礫底を活発に這い回る。南西諸島では初夏に見られる。砂に潜る習性がある。肉食。
【ひとこと】
遠目では、黒いゴミに見えますが、近づくと綺麗な青いラインが目に入ってきます。動きは速いのですが、バランスが悪いのか、よく転んだりします。移動する時に腹足が波打たないので、滑るような不思議な動きをします。日本では稀な種類。ちなみに頭は右側です。
by diver813 | 2005-12-10 12:57 | 海洋生物図鑑