The Islets of Langerhans Sea
ランゲルハンス島の海

海洋生物学士のダイビングログと海洋生物図鑑
by diver813
おしらせ
記事に直接関係のないトラックバックは、削除させていただきます。
写真をクリックすると拡大して表示されます。
画像等を転用したい方はコメントでご相談ください。

新しいブログぐり高原の食卓を立ち上げました。
今週のピックアップブロガーに紹介されました。
海洋生物学実習Ⅲ(補講)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅲ(牡蠣オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅱ(水族館オフ)を開催しました。
海洋生物学実習Ⅰ(磯オフ)を開催しました。
日本ブログ大賞2005「海洋生物図鑑部門大賞」受賞しました。
エキサイト社長・山村幸広とお寿司を食べに行ってきました。
Up Date
2006.09.10
#378  クサリミノウミウシ
画像はムカデミノウミウシでした。
2006.04.08
タグ
を追加しました。
2006.03.11
#301  ヒメサツマカサゴ→サツマカサゴ
間違っていました。すみません。
2006.03.09
#001 だいばー
また身長が伸びました。
2006.02.23
#115  シロダイ→タマメイチ
ちょっと違っていました。
2005.08.17
#073  アナハゼ→オビアナハゼ
間違っていました。すみません。
2005.04.17
索引
カテゴリを追加しました。
2005.04.17
海洋生物図鑑
説明文に【分類】を加えました。
2005.03.24
#001 だいばー
身長が伸びました。
#003 ダツの一種→オキザヨリ
種が判明しました。
2004.06.16
#051 イタチウオ→クロアナゴ
間違っていました。すみません。
2004.06.7
#043 トラウツボ
顔で遊んでみました
オススメ
#001 だいばー
こんな人です
#004 ケヤリムシの一種
ゴカイの仲間でも綺麗
#007 カクレクマノミ
かわいい動画あります
#009 ギンガメアジ
まるで竜巻のよう
#040 ミゾレウミウシ
とてもきれいなウミウシ
#043 トラウツボ
お遊び画像もあります
#060 アサヒガニ
逃げる様子がとってもらぶりー
#107 クマノミ(卵)
眼が見えています
#109 イソマグロ
これぞ近海マグロ
#121 ガラスハゼ
名前の通り透明なハゼ
#144 イソギンチャクエビ
抜け殻より本体の方が透明
#197 オニイトマキエイ
世界最大のエイ、マンタ
#200 スナホリガニ
鋏を持たない可愛いカニ
#238 ウンモンフクロムシ
こんな生き物もいるんです
#244 オオアカホシサンゴガニ
卵を抱いています。
#248 ユキミノガイ
泳ぐ動画があります
#250 アカシマシラヒゲエビ
おめでたいカラーの綺麗なエビ
#269 クジャクスズメダイ
クジャクよりも綺麗かも
Lesson9 ウミガメの見分け方
ウミガメ見分けられますか
#273 オオセ
おとなしい、癒し系のサメ
#275 ホウセキキントキ
目からビーム

日本海洋学会
<   2005年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2005.09 Amami The 3rd day The 3rd Dive
a0013160_2354566.jpg
          目からビーム!


Site 奄美大島 3.5丁目
Maximum Depth  17.4m
Water Temperature 28℃
Entry 13:28
Exit 14:08
Dive Time 40min.

遠征最後のダイビングは、浅場でのんびり。
こんな時にやることと言えば、まだ撮っていない魚を撮る。
マイナーな魚ばかり追いかけていたら、さすがのガイドさんも、「何を撮っているのかわからなかった」らしい。
by diver813 | 2005-09-30 23:57 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day The Surface Time
a0013160_1238100.jpg
          づしっ、づしっ


Site 奄美大島 崎原

今日もOkiさんがサンゴのモニタリング調査をしている横で、のんびりシュノーケリング。
こんな何気ないシュノーケリングでも、カメに会えたりするのでやめられません。
by diver813 | 2005-09-30 01:25 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day The 2nd Dive
a0013160_2042362.jpg
          みなさんどちらへお急ぎですか?


Site 奄美大島 三ツ瀬
Maximum Depth  45.0m
Water Temperature 28℃
Entry 13:28
Exit 14:08
Dive Time 40min.

エントリーから即潜降。根を回りつつ、ナポレオンがいると誘われ水深45mへ。
長居すると体に悪いので、、挨拶程度に写真を撮って、浅場で根待ち。
潮止まり流れは殆どありませんでしたが、イソマグロも登場。
のんびり眺めながら、ゆっくり窒素を抜きました。
by diver813 | 2005-09-29 20:44 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day The 1st Dive
a0013160_09484.jpg
          一体何を食べたんだろう?


Site 奄美大島 御瀬
Maximum Depth  24.4m
Water Temperature 29℃
Entry 10:24
Exit 11:10
Dive Time 46min.

潜る前に、海へ落ちる滝(篠穂の滝)へ寄り道。
一気に外洋のポイントへ向かいました。
エントリーしてすぐに出てきたウミヘビは、おなかがボコボコ。何を食べたのか気になります。
期待していた大物は出てきませんでしたが、魚影は濃かったので、色々な魚の写真を撮ることができました。
by diver813 | 2005-09-29 00:11 | Diving Log
2005.09 Amami The 3rd day Befor Dive
a0013160_22291084.jpg
          早朝の砂浜をひとりじめ。


遠征ツアー2日目。加計呂麻に泊って、朝からビーチ散策。
帰宅前のツノメガニを発見、追いまわして遊んでいました。
さーて、今日も潜るぞ!
by diver813 | 2005-09-28 22:31 | Diving Log
2005.09 Amami The 2nd day The 2nd Dive
a0013160_111203.jpg
          ねばねばが怖くてナマコを撮れるか!


Site 奄美大島 安脚場
Maximum Depth  12.5m
Water Temperature 28℃
Entry 16:29
Exit 17:08
Dive Time 39min.

浅くて穏やかな内湾のポイント。砂地にある転石を裏返すと、色々な生き物が出てきます。でも、地雷があるので、注意が必要。
岩場のイソギンチャクについているカクレクマノミを撮ろうとしたものの、ブレブレ
馬鹿にする気配があったので、振り返ると、えらそうなオヤビッチャでした。
久しぶりの夕方の涼しげなダイビング。
ナマコマルガザミを撮っている最中に、キュビエ器官で手袋がベトベトになりましたが、そんなことも気にならないくらいの爽快感がありました。
淡い光の中で潜る海もいいもんです。
by diver813 | 2005-09-28 01:16 | Diving Log
2005.09 Amami The 2nd day The Surface Time
a0013160_2233880.jpg
          青い海、青い魚


Site 奄美大島 デリキョンマ

Okiさんがサンゴのモニタリング調査をしている間、のんびりシュノーケリング。
奄美大島南部は、かなりサンゴが少なくなっているのですが、ここは綺麗なサンゴが残っていました。
by diver813 | 2005-09-27 22:33 | Diving Log
2005.09 Amami The 2nd day The 1st Dive
a0013160_23183494.jpg
          ダイナミックな縦穴が目玉です。


Site 奄美大島 奄美ホール
Maximum Depth  33.5m
Water Temperature 28℃
Entry 13:12
Exit 13:49
Dive Time 38min.

Okiさんのサンゴのモニタリング調査のため、2日間の遠征に行きました。
奄美空港近くの奄美大島北東の港から、一気に奄美大島南西の海へ。
加計呂麻島の南西にある、縦穴とアーチが有名なポイントに潜りました。
吸い込まれるようにドロップオフを下っていくと、小さな横穴が開いています。
真っ暗で先が見えない横穴にを進むと、縦穴に続いています。
縦穴から見上げると、巨大なアーチがあり、その巨大な影と海面の青さに、思わず息を呑んでしまいました。
by diver813 | 2005-09-26 23:20 | Diving Log
2005.09 Amami The 1st day The 1st Dive
a0013160_21561266.jpg
          泳ぐウニ?


Site 奄美大島 丸瀬北
Maximum Depth  12.9m
Water Temperature 28℃
Entry 14:19
Exit 14:57
Dive Time 38min.

砂紋が綺麗な白い砂地に、サンゴの根があるポイント。
少しうねりがあったため、砂が舞ってしまい、透明度はいまひとつ(と言っても15mは見えます)。
実はこのダイビング、舞い上がっていたのは砂だけではありません。
Okiさんと一緒に潜れるというだけで、写真もあまり撮っていないし、生き物や海の記憶もあまりないんです。
こんなに緊張したダイビングは久しぶりでした。
by diver813 | 2005-09-24 21:59 | Diving Log
2005.09 Amami The 1st day Befor Dive
a0013160_046443.jpg
          憧れの海へ、あの人と潜るために。


憧れの奄美大島へ行ってきました。
空港に到着したのは丁度お昼前。
あのKatsuki_Okiさんが迎えに来てくれました。そう、今回の旅はKatsuki_Okiさんと一緒に遊ぶ旅なのです(Okiさん本当にありがとうございました)!!
ダイビングの前に腹ごしらえということで、まずは鶏飯を食べに行きました。
この鶏飯、鶏がらスープとごはんが別々に運ばれてきます。そして、ご飯とスープはなぜか、3杯分以上あります。なので具の配分はしっかり考えなければなりません。
一杯目・・・海苔を入れ忘れました。
二杯目・・・おいしくいただきました。
三杯目・・・おなかいっぱい。
海が待っているというのに、ちょっと食べ過ぎてしまいました。
by diver813 | 2005-09-24 00:50 | Diving Log